閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  8. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  9. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

揺さぶられっ子症候群とは?症状はいつまで(何歳)?後遺症と予防法は?

揺さぶられっ子症候群

「揺さぶられっ子症候群」という概念が登場し、赤ちゃんを揺さぶる行為が、赤ちゃんに悪影響を与える可能性があることが知られるようになりました。

しかし、揺さぶられっ子症候群を引き起こす要因や具体的な症状はあまり広まっておらず、「赤ちゃんを揺さぶるのはダメ」というイメージだけが一人歩きしているところがあります。

そのため、「あやす時も揺さぶるのは一切ダメ。」、「バウンサーや抱っこ紐もダメ。」「車に乗せるなんてもってのほか!」などと考えて、ちょっとした揺れにも神経質になってしまう人が少なくありません。

そこで、このページでは、揺さぶられっ子症候群とはどんな症状なのか、原因、症状、後遺症、起こりやすい時期、どのくらいの揺さぶりで起こるのか、予防法について紹介します。

揺さぶられっ子症候群とは

揺さぶられっ子症候群とは

揺さぶられっ子症候群とは、新生児や乳児期の赤ちゃんの身体を強く長く揺さぶることで起こる、脳内出血などの症状のことです。

脳に深刻な障害や後遺症が残り、最悪の場合は命を落とすリスクもあります。

英語表記の「shaken baby syndrome」を略してSBSと呼ばれる他、揺さぶられ症候群、乳幼児揺さぶり症候群と呼ばれることもあります。

新生児や乳児期の赤ちゃんを過度に揺さぶる行為が児童虐待(身体的虐待)と認定されるケースも増えてきています。

関連ページ

揺さぶられっ子症候群の原因

揺さぶられっ子症候群 原因

揺さぶられっ子症候群の原因は、赤ちゃんを揺さぶることで脳が揺れて損傷したり、血管が傷んだりすることです。

赤ちゃんの脳や血管が揺さぶりに弱い理由は、次のとおりです。

  • 身体全体に対して頭が大きく重い(揺さぶられると、大きく重い頭が激しく頭が揺れてしまう)
  • 血管の発達が未熟(ちょっとした揺れでも切れて出血しやすい)
  • 頭を支える首周りの筋肉の発達が未熟(頭をしっかり支えられず、ちょっとした揺れで頭がガクガク揺れてしまう)
  • 脳と頭蓋骨の間の隙間が大人より大きく開いている(大人にも隙間はあるが、赤ちゃんの場合、脳が発達して大きくなった時のスペースを確保するために大人より大きく開いている。そのため、揺さぶられた時の脳の振れ幅が大きくなる)

スポンサーリンク

揺さぶられっ子症候群の症状(障害、後遺症)

揺さぶられっ子症候群 症状

揺さぶられっ子症候群の主な症状は頭蓋内出血、脳挫傷、脳性麻痺、眼底出血などです。

こうした症状は、知的障害、運動障害、視覚障害、難聴など様々な障害や後遺症を生じさせます。

複数の症状が同時に出ることも多く、重度の運動障害や脳性麻痺が表れた場合などは、寝たきりになることもあります。

関連ページ

症状の見分け方

揺さぶられっ子症候群 症状

揺さぶられっ子症候群を見分けるポイントは、次のとおりです。

  • 元気がない(顔色が悪い、動きが緩慢、異常な態勢のまま動かなくなるなど)
  • 食欲がない
  • 母乳、ミルク、離乳食を繰り返し吐く
  • 急に激しく泣きだし、何をしても泣き止まない
  • ひきつけ(痙攣)を起こす
  • 目の焦点が合わなくなる

いかに早く適切な治療を受けさせられるかによって、その後の障害や後遺症の程度が大きく変わります。

しかし、風邪などの病気にも共通する症状が多く、数か月経ってから症状が表れることもあるので、見過ごされやすいものです。

揺さぶられっ子症候群の原因となる行動をとっていないか振り返ることや、普段から赤ちゃんの様子をこまめに観察し、いつもと違うと感じたらすぐ小児科を受診させることが、早期発見、早期治療につながります。

関連ページ

揺さぶられっこ症候群はいつからいつまで

揺さぶられっ子症候群 いつ いつまで

揺さぶられっこ症候群の危険が最も高いのは、新生児期から生後6ヶ月頃までです。

しかし、脳内の隙間が小さくなる1歳6ヶ月くらいまでは、揺さぶられっこ症候群のリスクがあると考えられています。

また、3歳前後まで注意が必要だという説もあります。

どのくらいの揺さぶりで揺さぶられっ子症候群になるか

揺さぶられっ子症候群 どのくらい 症状

揺さぶられっ子症候群に関して一番多い誤解は、「どんな揺さぶりでも揺さぶられっ子症候群になる」というものです。

この誤解により、赤ちゃんを揺れから遠ざけようと神経をすり減らしている親は少なくありません。

しかし、実際は、抱っこ、授乳、おむつ交換など普段のお世話をする時の揺れくらいでは、揺さぶられっ子症候群になる心配はほぼありません。

揺すぶられっ子症候群を起こすリスクのある揺さぶり方は、次のとおりです。

  • 赤ちゃんの首が前後左右に激しく揺れるくらい揺さぶる
  • 10分以上赤ちゃんの身体を揺さぶり続ける
  • 赤ちゃんを空中に放り投げて受け止めることを繰り返す
  • 赤ちゃんをベビーカーやバウンサーに寝かせ、赤ちゃんの頭が左右にぶつかるくらい激しく揺さぶる
  • 抱っこ紐で抱っこした状態で走る
  • 車や自転車、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて未舗装の道を走る
  • 赤ちゃんを抱えて激しく回転する
  • 赤ちゃんの足をつかんで激しく回転する
  • 赤ちゃんの肩をつかみ、身体を前後に激しく揺さぶる

バウンサーで揺さぶられっ子症候群になるか

揺さぶられっ子症候群 バウンサー

揺さぶられっこ症候群の原因は、頭の揺れに合わせて脳が激しく揺れることです。

バウンサーは、赤ちゃんの身体全体が揺れるようになっているので、頭や脳が激しく揺さぶられることはないので、揺さぶられっこ症候群の心配はありません。

車・バス・自転車・電車・飛行機で揺さぶられっ子症候群になるか

揺さぶられっ子症候群 車 自転車

赤ちゃんの首すわりが完成した後は、車、バス、自転車、電車に乗せても問題ありません。

ただし、未舗装の道を走ることと、長距離移動は控えましょう。

車移動の場合は、月齢に合ったチャイルドシートに座らせてあげます。

赤ちゃんの飛行機移動については、慎重な意見もありますが、基本的には首すわりが完成していれば問題はないと言われています。

関連ページ

ベビーカーで揺さぶられっ子症候群になるか

揺さぶられっ子症候群 ベビーカー

月齢に合ったベビーカーに乗せていれば、過度に心配する必要はありませんが、未舗装の道は避けましょう。

なお、生後7ヶ月以降は、B型ベビーカーを使用できるようになります。

B型ベビーカーは、軽くて使いやすいのが特徴ですが、安全面を考えるとA型もしくはAB型ベビーカーの方が優れているので、住んでいる環境に応じて選択しましょう。

関連ページ

抱っこ紐で揺さぶられっ子症候群になるか

揺さぶられっ子症候群 抱っこ紐

最近の抱っこ紐は、揺すぶられっ子症候群のことを考えて設計されているので、正しく使用すれば心配はいりません。

ただし、抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしたまま走るなど、激しい動きは控えてください。

また、祖父母世代が使用していた抱っこ紐を譲り受ける家庭もあると思いますが、赤ちゃんの首周りをしっかりカバーできているか、赤ちゃんの身体の揺れが大きすぎないかを確認しましょう。

スポンサーリンク

揺さぶられっ子症候群を予防する方法

揺さぶられっ子症候群 予防

揺さぶられっ子症候群を予防する方法は、次のとおりです。

  • 赤ちゃんの首を支えてあげる
  • 赤ちゃんが寝なかったり、ぐずったりしても、強く揺さぶらない
  • 背中を強く叩かない
  • 高い高いなどの身体を使った遊びは赤ちゃんの首すわりが完成してからにし、長時間続けない

普通に赤ちゃんのお世話をしていれば、揺さぶられっ子症候群を心配する必要はありません。

気を付けたいのは、疲れて余裕がない時や忙しい時に、つい赤ちゃんのお世話が手荒になってしまうことです。

「低月齢の赤ちゃんがげっぷしないので、心配になって何度も背中を叩いた。」、「泣き止まないのでイライラし、赤ちゃんを激しく揺さぶった。」など、余裕がない時の育児が原因で揺さぶられっ子症候群が起こるケースは後を絶ちません。

しんどい時は無理をせず、迷わず周囲に助けを求めましょう。

ページ上部へ戻る