赤ちゃんの痰が絡む時の取り方は?咳が絡んだ咳や窒息、呼吸困難の対処は?

赤ちゃん 痰 取り方 呼吸困難

赤ちゃんは、痰が絡んでも自力で吐き出すことができません。

そのため、息苦しさや不快さを感じて不機嫌になり、食欲をなくしたり、体調を崩したりします。

痰が絡む激しい咳や息苦しさが続き、寝つきが悪くなって生活リズムが乱れることも珍しくありません。

親としては、赤ちゃんが痰の絡む咳などで苦しんでいる姿を見て何とかしたいと思いつつ、適切な取り方が分からず手をこまねいている人は多いものです。

また、気管支炎や喘息で気道が狭まっている状態で痰が絡むと、呼吸困難や窒息などの深刻な症状を引き起こすリスクがあり、症状の程度によっては治療が必要になります。

この記事では、赤ちゃんの痰が絡む原因、痰の取り方(タッピングや吸引など)、病院の受診を検討する目安について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの痰(たん)が絡む原因

痰(たん)とは、気管などから分泌される粘り気のある分泌液です。

分泌液に、細菌やホコリなどが付着した状態のものを「痰」と呼ぶこともあります。

痰は、健康な時にも一定量が分泌されていて、体内に侵入した細菌、ウィルスやホコリなどの異物を体外に排出する働きがあります。

しかし、風邪などの病気や周辺環境の変化などによって分泌量が増えたり、粘り気が増したりして喉に絡むと、違和感や不快感を抱くようになります。

また、風邪をひくと、細菌やウィルスを体外へ排出するために鼻水がたくさん出て鼻づまりを起こし、鼻水が鼻の奥から喉まで流れ込んで痰と混って、痰の粘り気が増すこともあります。

特に、赤ちゃんは、大人に比べて喉や気道が狭く細いので、すぐに痰が絡んでせきこんでしまいます。

また、咳をして痰が喉元まで来ても、大人のように痰を吐き出すことができずに飲み込んでしまうため、いつまでも痰が喉に留まって息苦しさや気持ち悪さを感じつづけることになります。

たかが風邪と思って放っておくと、痰がひどくなったり気管支炎を引き起こしたりして症状が悪化することがあるので、早めに小児科を受診させましょう。

赤ちゃんが痰を飲み込む理由とリスク

乳児期の赤ちゃんは、自力で痰を吐き出すことができません。

激しい咳をして痰が喉の上の方まで出てくることはありますが、赤ちゃんは、とっさにつばと一緒に飲み込んでしまいます。

理由としては、口の中の違和感を最も手軽な方法で取り除こうとしている、喉の奥に入った物を吐き出す方法を知らない、意識せずに飲み込んでいるといった指摘がありますが、見解は分かれています。

また、親としては、赤ちゃんが細菌やウィルスの混じった痰を飲み込むと、「病気が悪化するのではないか。」という不安を抱きますが、痰は胃の中で消化されてしまうので、症状が悪化する心配はほとんどありません。

赤ちゃんの痰の取り方

赤ちゃんは自力で痰を取れないので、お父さんお母さんがとってあげることになります。

主な赤ちゃんの痰の取り方は、次のとおりです。

  • 水分補給
  • 室内の湿度を高めに設定する
  • タッピングする
  • 赤ちゃんの姿勢を変える
  • 鼻水を吸引する

赤ちゃんの痰の取り方:水分補給

喉に絡むような痰は乾燥していて粘り気が強く、そのままではなかなか取りにくいものです。

まずは、赤ちゃんに水分を摂らせて口や喉を潤わせ、痰の粘り気を弱めることが大切です。

常温の水やお茶、温かめの白湯、母乳などがおすすめです。

冷たい飲み物は、赤ちゃんの気管を収縮させるため、かえって痰が喉に絡みやすくなってしまいます。

また、熱すぎる飲み物はやけどの原因になるので控えましょう。

ちなみに、痰が絡んでいる時の赤ちゃんは、水分を摂りたがらないことがあります。

そんな時は、低月齢の頃はスポイトで、離乳食を始めてからは赤ちゃん用スプーンで、少量ずつ飲ませてあげましょう。

それでも嫌がる時は、哺乳瓶に水や白湯を入れると飲んでくれることが多いものです。

赤ちゃんの痰の取り方:室内の湿度を高めに設定する

乾燥した環境で過ごすと喉が乾燥し、痰の粘り気が増すことが分かっています。

加湿器や濡れタオルを活用して、室内の湿度を60%前後に保つことで、痰の粘り気が弱まって取りやすくなります。

特に冬場の室内はとても乾燥しているので、こまめに湿度をチェックして調節してあげましょう。

外出中は湿度を調節することが困難ですが、こまめに水分補給して喉を潤してあげましょう。

赤ちゃんの痰の取り方:タッピング

赤ちゃんは、咳をして痰が喉の上まで上がってきても、うまく吐き出すことができずに飲み込んでしまいます。

そこで、赤ちゃんが咳をするのと同時に、背中を軽くタッピングしてあげる(トントンと軽く叩く)と、痰が口から出やすくなります。

赤ちゃんが咳をした後にタッピングしてもなかなか痰は出ないので、赤ちゃんが咳をしそうになったら縦抱っこし、咳が出るのに合わせてトントンと叩いてあげましょう。

赤ちゃんがうつぶせや横向けに寝ている時は背中を、あおむけに寝ている時は胸の辺りをタッピングします。

タッピングする時は、手をおわん状(洗面器の水をすくう時の手の形)にして叩くと、振動が伝わりやすくなるので効果的です。

強く叩きすぎると食べた物を吐き戻してしまうことがあるので、気をつけてください。

赤ちゃんの痰の取り方:赤ちゃんの姿勢を変える

痰が絡むと、寝つきも悪くなります。

そんな時は、赤ちゃんの寝る姿勢を変えてみましょう。

あお向けに寝ている場合、咳が出やすく、一緒に出てきた痰が喉に詰まってむせやすいので、腰から背中にベビークッションやベビーピロー、タオルなどを敷いて傾斜をつけてあげます。

首がすわった後なら、横向きで寝かせてあげると呼吸がしやすくなりますし、咳が出にくく、痰も詰まりにくくなります。

赤ちゃんの痰の取り方:鼻水を吸引する

鼻水が喉まで流れて痰に混じり、痰の粘り気が強まっている場合は、鼻水を吸引することで痰がとりやすくなります。

まずは、市販の鼻水吸引機で吸い取り、症状が治まらない場合には病院で医療用の吸引機を使わせてもらいましょう。

痰が絡んでいる時に、病院を受診させた方が良い場合

次のような症状がある場合には、病院を受診させましょう。

  • 赤ちゃんの痰の取り方で紹介した方法を実践しても症状が改善しない
  • 呼吸する度にゼーゼーという音がする
  • 赤ちゃんが息苦しそうにしている
  • チアノーゼが出ている
  • 激しい咳や嘔吐を繰り返している

小児科では、専門の機械で痰を取り除いてもらうことができますし、痰切り用の薬も処方してもらうことができます。

しかし、薬に即効性はなく、痰を吸引しても、しばらくは粘り気の強い痰が出続けるため、完治させるには何度も病院へ通う必要があり、他の病気をもらってくるリスクもあります。

スポンサーリンク

痰の色でわかること

健康な時に分泌される痰は無色透明です。

一方で、何らかの細菌やウィルスに感染すると黄色、緑、赤などの色に変化します。

  • 黄色、黄土色、クリーム色:風邪の原因となる菌やウィルスに感染している(それらと戦った白血球の死骸が含まれている)
  • 緑色、黄緑色:蓄膿症、緑濃菌に感染している
  • 赤色:胃腸の病気や喉の粘膜からの出血

緑色、黄緑色、赤色の痰が出た場合は、すぐに小児科を受診させ、必要な検査と治療を受けさせる必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

「痰くらいなら大丈夫だろう。」と思う親は少なくありません。

しかし、赤ちゃんは、自力で痰を吐き出すことができず、放っておくと症状が悪化したり、寝つきが悪くなったりするリスクが高くなりますし、最悪の場合は呼吸困難や窒息を引き起こすこともあります。

そのため、赤ちゃんが痰の絡む咳をするようになったら、なるべく早く小児科を受診させてあげましょう。

受診してみたらただの風邪だったということもあるかもしれませんが、何かあった時のことを考えて早め早めに行動することが大切です。

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症
  2. 赤ちゃん 夜泣き いつから いつまで 対処
  3. 赤ちゃん 鼻水 黄色 透明 病院受診
  4. 赤ちゃん 自閉症 症状 兆候
  5. 赤ちゃん シャフリングベビー 特徴
  6. 発達障害 図 自閉症
  7. 赤ちゃん 発達障害 自閉症スペクトラム障害
  8. 赤ちゃん 首 頭 振る 筋性斜頸
  9. 赤ちゃん 頭 ぶつけた ぶつける 打った 対応
  10. ロタウィルス

facebookページ

ページ上部へ戻る