閉じる
  1. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

臍帯過捻転とは?原因、前兆と症状、治療は?予防法と無事出産できる確率は?

臍帯過捻転 赤ちゃん 無事出産

妊娠中や分娩時のトラブルはたくさんありますが、中でも多いのが臍帯(へその緒)に関するトラブルです。

臍帯過捻転も臍帯異常の一つで、比較的高い確率で起こるものです。

また、検査機器の性能向上によって簡単に発見できるようになったため、診断されるケースは増えています。

このページでは、臍帯過捻転の概要、原因、症状、治療、予防法、無事出産できる確率について紹介します。

スポンサーリンク

臍帯過捻転とは

臍帯過捻転とは、臍帯(へその緒)が異常にねじれ過ぎている状態のことです。

臍帯は、赤ちゃんと胎盤をつなぐ管状の組織で、母体から赤ちゃんの身体へ酸素や栄養を送り、赤ちゃんの身体から母体へ老廃物や二酸化炭素を送り出す役割を担っています。

お母さんのおなかで過ごす赤ちゃんの「生命線」で、臍帯の異常は赤ちゃんの成長や発達に大きな影響を与えます。

通常、臍帯は、狭い子宮の中で自在に伸び縮みできるように、グルグルねじれた「らせん状」になっていますが、何らかの原因でねじれ過ぎて血流を低下させることがあります。

これが臍帯過捻転です。

関連ページ

臍帯過捻転の確率

公式統計は見当たりませんが、全分娩の1%前後と考えられています。

同じ臍帯異常である臍帯巻絡(臍帯が首などに巻き付く状態)の20%と比べると、低い確率であることが分かります。

また、臍帯過捻転になると、「赤ちゃんの成長発達に遅れや障害が残る。」、「無事出産できない。」と考えられがちですが、健康な赤ちゃんを無事出産できることも少なくありません。

スポンサーリンク

臍帯過捻転の原因

赤ちゃんの激しい胎動が原因になるという指摘がありますが、はっきりした原因は特定されていません。

お母さんの体質や高齢出産が臍帯異常(臍帯過捻転)のリスク要因ではないかという指摘もありますが、やはり関連性は明らかになっていません。

臍帯過捻転の症状

臍帯がねじれ過ぎて圧迫され、血流が悪くなって酸素や栄養が赤ちゃんに十分行き届かなくなります。

その結果、発育不全や低酸素状態など様々な症状を引き起こし、新生児仮死や死産の原因になることがあります。

ただし、赤ちゃんに起こっている問題が、過捻転のみによると判断されることはほぼありません。

なお、母体への悪影響はなく、それゆえに気づきにくいものです。

臍帯過捻転はいつ起こる?

一般的には、妊娠中期(妊娠20週前後)から臨月までに起こることが多くなっています。

前兆はある?

何の前触れもなく起こることが多く、「前回の妊婦健診では異常なしだったのに、今月は臍帯過捻転が見つかった。」ということは決して珍しくありません。

お母さんが自力で過捻転に気づくポイントとしては、胎動の弱まりがあります。

しかし、胎動が弱まる原因はたくさんあるので、過捻転だと断定することは困難です。

臍帯過捻転の診断

定期健診で実施するエコー検査(超音波検査)で見つかることがほとんどです。

なお、お母さんが胎動の弱さを気にして産婦人科に相談し、過捻転が発見された例もあります。

臍帯過捻転の治療

臍帯過捻転の治療法は確立されていません。

妊娠中期に発見された場合は、経過観察となります。

胎動の有無や強さをこまめに確認し、胎動がなくなったもしくは弱くなった場合は、念のため産婦人科に相談してみましょう。

妊娠後期の場合も経過観察が中心ですが、過捻転により赤ちゃんに深刻な影響を与えている場合には帝王切開による早期出産が選択される場合があります。

ただし、あくまで出産を早めるだけで、過捻転の治療ではありません。

臍帯過捻転の予防

原因が特定されていないため、予防法も見つかっていません。

激しい胎動が原因という考え方に立てば、赤ちゃんの動きを止めるのが予防ということになりますが、具体的な方法はありません。

医師によっては、お母さんに運動や外出制限を勧めることもありますが、過捻転との因果関係は明らかになっておらず、有効性は不明です。

スポンサーリンク

まとめ

臍帯過捻転は、他の臍帯異常と同じように、治療法も予防法も見つかっていない症状です。

エコー検査の精度向上によって簡単に発見できるようになりましたが、お父さんお母さんはかえって余計な心配を抱えてしまいがちです。

しかし、臍帯過捻転が起きていても大きな問題なく生まれる赤ちゃんもいますし、心配しすぎて心身の調子を崩してしまうと赤ちゃんが生まれた後に困るので、医師の指示に従いながら経過観察に努めましょう。

ページ上部へ戻る