閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  3. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  6. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  7. 赤ちゃんの発達障害の特徴と兆候、診断時期は?知的障害との違いは?
  8. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
閉じる

乳児期の子育て

ロンパースとは?いつからいつまで赤ちゃんに?肌着、カバーオールと違う?

ロンパース いつから いつまで 赤ちゃん 肌着

「ロンパースって何?」と聞かれたら、どう答えますか?

ベビーウェアは、ロンパース、カバーオール、ツーウェイオールなど聞き慣れない名前の服がたくさんあり、どれを選んでよいのか戸惑ってしまいがちです。

「お隣さんの赤ちゃんが着ている服がかわいくて使い勝手がよさそうだけど、名前が分からない。」、「あの、つなぎみたいな、上下がくっついた服って何ていう名前なの?」といった悩みを抱えている人は少なくありません。

ロンパースは、「着ている赤ちゃんをよく見かけるし、自分の赤ちゃんに着せたいけれど、名前が分からないベビーウェアNO1」だと言われています。

このページでは、ロンパースの概要、赤ちゃんに着せることができる時期、肌着やカバーオールとの違いについて紹介します。

ロンパースとは

ロンパースとは、つなぎのように服(トップス)とズボン(ボトムス)が一体になったベビーウェアです。

ボディースーツ、ベビースーツと呼ばれることもあります。

ロンパースは、上下が一体になっているため、抱っこやおんぶをしてもはだけることがなく、お腹や背中が丸出しになって冷える心配がありません。

伸縮性のある素材で作られていることが多く、赤ちゃんが激しく動いても着くずれしません。

また、ロンパースの股の部分は、ボタンやスナップボタン(凹凸2つのボタンを押し合わせて留めるボタン)で留めてあるので、着替えやおむつ交換が簡単ですし、暑い時期にはボタンをはずして体温調節もできます。

ロンパースとカバーオールの違い

ロンパースと混同しやすいベビーウェアに、カバーオールとツーウェイオールがあります。

いずれも形状が似ていて、「これがロンパースだ!」という定義ははっきりしていませんが、少しずつ機能や用途が違います。

ロンパース

  • 肌着として使用することが多い
  • トップスとボトムスが一体
  • 着せ方によってかぶるタイプ、前開きタイプがある
  • 股下はボタン、スナップボタン
  • トップス部分はノースリーブ(袖なし)、半袖、長袖がある
  • ボトムス部分はブルマ(短いパンツ)状の商品が多い

ロンパースは、外出時に着せることもできますが、基本的には肌着として使われることが多いものです。

また、夏場はロンパースを1枚だけ着て過ごし、冬場はロンパースの上に暖かいベビーウェアを着せるなど、季節によって使い分けることができます。

ボトムス部分はブルマになっており、ズボンも履かせやすくなっています。

カバーオール

カバーオールとは、トップスとボトムスが一体になった、主に洋服として使用するベビーウェアです。

  • 洋服として使用することが多い
  • トップスとボトムスが一体
  • 着せ方によってかぶるタイプ、前開きタイプがある
  • 股下はボタン、スナップボタン
  • トップス部分はノースリーブ、半袖、長袖がある
  • ボトムス部分は半ズボン、長ズボンの商品が多い

つなぎになっていること、着せ方、股下部分、トップス部分はロンパースと似ていますが、洋服として使用することが多いことと、ボトムス部分の形状が違います。

子育てをしていると、冬場の寒い日には、ロンパースの上にカバーオールを着せて外出させることもあります。

ツーウェイオール

ツーウェイオールとは、ドレスオール(ワンピース)とカバーオール(つなぎ)という二通りの使い方ができるベビーウェアです。

  • 新生児期~低月齢の時期に使用することが多い
  • トップスとボトムスが一体
  • 着せ方によってかぶるタイプ、前開きタイプがある
  • 股下はボタン、スナップボタン
  • トップス部分はノースリーブ、半袖、長袖がある
  • ボトムス部分のボタンの留め方により、ドレスオールとカバーオールに使い分けることができる

つなぎになっていること、着せ方、トップス部分はロンパースと似ていますが、低月齢の時期に使用することが多いことと、ボタンの留め方によってドレスオールとカバーオールに使い分けることができるところが違います。

一日に何度もおしっこやうんちをする低月齢のうちは、おむつを交換がしやすいようにドレスオールとして使用し、赤ちゃんが手足をバタバタ動かし始めたらカバーオールに変えるのが一般的な使い方です。

スポンサーリンク

ロンパースはいつから、いつまで、赤ちゃんに着せる?

ロンパースを着せることができる時期は、生後2、3ヶ月~生後2歳頃までです。

ロンパースはいつから赤ちゃんに着せる?

かぶるタイプのロンパースは、赤ちゃんの首すわりが完成するまではリスクが高いものですが、前開きタイプなら首すわり前でも着せることができます。

新生児期から生後6ヶ月頃までの赤ちゃんの成長はとにかく早く、「ついこの間までブカブカだったのに、もうキツキツになった。」ということが珍しくありません。

赤ちゃんの成長をこまめに観察しながら、早め早めに大きめのサイズを買いそろえてあげましょう。

標準的な身長・体重で出生した赤ちゃんの場合、ロンパースのサイズの目安は、次のとおりです。

  • 生後3ヶ月~:60~70cm
  • 生後6ヶ月~:70~80cm
  • 生後1歳~:80~100cm

ロンパースはいつまで赤ちゃんに着せる?

ロンパースをいつまで着せるかについては、子育ての専門家の間でも意見が分かれています。

保育士に聞いてみても、「ハイハイや一人歩きを始めるまで」、「2歳まで」、「トイレットトレーニングを始めるまで」などとバラバラです。

一般的には、赤ちゃんがハイハイや一人歩きを始めて活発に動き始めた頃に、ロンパースからセパレートタイプのベビーウェアに切り替えることが多いものです。

特に、一人歩きを始めた後の赤ちゃん(もしくは幼児)は、ロンパースを着せる間もジッとしているのを嫌がるので、手早く着替えさせることができるセパレートタイプの人気が高まっていきます。

スポンサーリンク

ロンパースの春・夏・秋・冬のコーディネート

ロンパースは、季節に応じて使い分けることができるベビーウェアです。

ここでは、春夏秋冬のコーディネートの一例を紹介します。

春のロンパース

春は、長袖のロンパースを基本にして、夏が近づいて来たら半袖やノースリーブに切り替えていきます。

ただし、急に気温が下がることもあるため、上着や肌かけなどでこまめに調節してあげましょう。

夏のロンパース

夏場は、ノースリーブか半袖のロンパースを着せます。

真夏の暑い日は、吸汗性が高い薄手の綿のロンパースだけを着せておくと良いでしょう。

赤ちゃんは汗っかきなので、外遊びやお昼寝の後など、1日に3,4回は着替えさせることを想定し、多めに購入しておきましょう。

朝方や夕方、夏場でも気温の低い日などは、ロンパースの下に肌着を着せたり、肌かけをかぶせたりして対応します。

秋のロンパース

秋は、長袖のロンパースを基本にします。

秋から冬への季節の変わり目は、赤ちゃんが体調を崩しやすい時期なので、上着や肌かけなどでこまめに調節することが大切です。

冬が近づいてきたら、冬用の暖かい素材のロンパースを買っておくと安心です。

冬のロンパース

冬場は、長袖のロンパースを着せます。

赤ちゃんは、重ね着して身体が動かしにくくなるのを嫌うので、少ない枚数でも暖かく過ごせるよう、フリース、ニット、ベロアなど暖かい素材のロンパースを着せてあげましょう。

暖かい素材は吸汗性が低いので、夏用のロンパースを肌着として使用してください。

ロンパースだけでは足がむき出しなので、家出は暖房などで室温を調節し、外出時はズボンや靴下を履かせます。

スポンサーリンク

まとめ

ロンパース、カバーオール、ツーウェイオールなどは、ママ友や保育士との会話の中でよく登場する単語なので、用途や違いなどを覚えておくと役に立ちます。

ベビーウェアは、「こう着せなければならない」という厳格な決まりはありませんが、季節や気温、赤ちゃんの体調などを考えながら、赤ちゃんが過ごしやすい服装を心がけてあげましょう。

ページ上部へ戻る