menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  2. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  3. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  4. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  9. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?

予防接種

予防接種とは

赤ちゃんは、お母さんから病気に対する免疫(抵抗力)をもらって生まれてきます。

しかし、免疫は、百日せきは生後3ヶ月頃までに、はしか(麻疹)では生後12ヶ月頃までに失われます。

また、月齢を経るにつれて、外出して外気や人に触れる機会も増えてくるため、感染症にかかってしまう危険性も高まります。

そのため、赤ちゃんは、免疫を作って病気を予防する必要にせまられますが、すべての病気について自力で免疫を作ることはできません。

予防接種とは、感染症の原因(ウィルス、細菌、菌など)の毒素を弱くして作ったワクチンを、注射などの方法で赤ちゃんに接種させ、病気に対する免疫(抵抗力)を作る方法です。

予防接種は、病気を予防するためにとても有効な方法です。

しかし、現代の技術では、感染症すべてについてワクチンが作れるわけではありませんし、接種した赤ちゃんの体調や体質によっては免疫(抵抗力)ができないこともあります。

また、不活化ワクチンの場合は、時間が経過すると免疫が減少していくため、継続的に接種する必要があります。

予防接種によって免疫ができたかどうか確認するには、血中の抗体をチェックする必要があります。

関連ページ

定期接種と任意接種

予防接種には、予防接種法に定められた定期接種(市区町村の責任で行われる、予防接種の対象となる病気、対象者、摂取期間が定められた予防接種)と、任意接種の2つと定められています。

定期接種の対象となるのは、国や市区町村が接種を勧めているワクチンで、全国ほぼ全ての地域で無料で受けることができます。

任意接種のワクチンは、摂取するかどうかを保護者が決めることになります。

しかし、例えば、ロタウィルス胃腸炎は、重症化すると激しい下痢や嘔吐を繰り返し、脱水症状を起こしかねない病気ですし、任意だからといって重要性が低いわけでは決してありません。

辛いのは、任意接種のワクチンの接種は自己負担、しかも、健康保険は適用されないため「全額」自己負担になることです(任意接種の助成制度を設けている市区町村もあるので確認してください。)。

重症化した場合の危険性や費用負担を踏まえ、小児科の医師と相談した上で、接種させるかどうか決めるようにしてください。

スポンサーリンク

定期接種の種類、対象者、接種方法

定期接種は、病気によって対象者と摂取方法が予防接種法で定められています

主な定期接種と、接種に適した期間は以下のとおりです。

ヒブワクチン(インフルエンザ菌b型)

対象者

生後2ヶ月以上~5歳未満

(初回接種が生後2ヶ月~生後7ヶ月未満が標準)

標準的な接種方法

開始が生後2ヶ月~7ヶ月未満
  • 初回:3回(27日~56日間隔で1歳までに3回)接種
  • 追加:1回接種
開始が生後7ヶ月~1歳未満
  • 初回:2回(27日~56日間隔で1歳までに2回)接種
  • 追加:1回接種
開始が1歳~5歳未満の場合
  • 1回接種

小児用肺炎球菌ワクチン

対象者

生後2ヶ月以上~5歳未満

(初回接種が生後2ヶ月~7ヶ月未満が標準)

標準的な接種方法

開始が生後2ヶ月~生後7ヶ月未満の場合
  • 初回:3回(初回は27日以上間隔をあけて1歳までに3回)接種
  • 追加:1回(初回接種後、60日以上間隔をあけて、1歳~1歳3ヶ月までに1回)接種
開始が生後7ヶ月~1歳未満の場合
  • 初回:2回(初回は27日以上間隔をあけて1歳までに2回)接種
  • 追加:1回(初回接種後、60日以上間隔をあけて1歳以上に達してから1回)接種
開始が1歳~2歳未満の場合
  • 60日以上間隔をあけて2回接種
開始が2歳~5歳未満の場合
  • 1回接種

4種混合(ジフテリア(D)、百日せき(P)、破傷風(T)、ポリオ(IPV))

対象者

生後3ヶ月以上~7歳6月未満

(初回接種が生後3ヶ月~1歳未満が標準)

標準的な接種方法

  • 初回:20日~56日間隔で3回接種
  • 追加:初回接種後、12ヶ月~18ヶ月の間に1回接種

BCG

対象者

1歳未満

(初回接種が生後5ヶ月~8ヶ月未満が標準)

標準的な接種方法

  • 1回接種

風しん、麻しん(麻疹/はしか)

対象者

1期:1歳以上2歳未満

2期:5歳以上7歳未満で次年度に小学生になる子供

標準的な接種方法

  • 1期も2期も1回接種

水痘

対象者

1歳以上~3歳未満

標準的な接種方法

  • 1回目:1歳~1歳3ヶ月までの間に1回接種
  • 2回目:1回目接種後、3ヶ月~12ヶ月間隔をあけて1回接種(6ヶ月以上が標準)

日本脳炎

対象者

1期:生後6ヶ月以上~7歳6月未満(初回接種は3歳~4歳が標準)

2期:9歳~13歳未満(初回接種は9歳~10歳が標準)

日本脳炎には特例接種があります。特例接種の対象となるのは、平成7年4月2日~平成19年4月1日に生まれた子供です。

標準的な接種方法

  • 初回:6日~28日の間隔で2回接種
  • 追加:初回接種後、6ヶ月~13ヶ月後に1回接種(11ヶ月以上が標準)
  • 2期:1回接種
  • 特例接種:4回接種のうち不足している分を接種

2種混合(ジフテリア、破傷風)

対象者

11歳以上~13歳未満(11歳~12歳が標準)

標準的な接種方法

  • 1回接種

なお、標準的な接種の間隔を超えてしまったり、重病などで予防接種を受けられないまま対象年齢を過ぎてしまったりした場合でも、定期接種として接種できることがあります。

まずは、市区町村に問い合せてください。

スポンサーリンク

予防接種のスケジュールを立てる

予防接種は、赤ちゃんを重病から守る大切なものですが、それぞれ対象者や接種時期が細かく決まっているので、ついつい忘れてしまいがちです。

そのため、事前に予防接種のスケジュールを立てて、適切な時期に必要な接種を受けられるようにすることが大切です。

ここでは、予防接種のスケジュールを立てる上で気をつける内容をいくつかご紹介します。

集団接種を活用する

予防接種には、個別接種と集団接種の2種類があります。

  • 個別接種:自分で小児科に予約して予防接種を受ける方法
  • 集団接種:あらかじめ決められた日時に予防接種を受ける方法

定期接種については、市区町村から集団接種の日時が書かれた通知が郵送されてくるので予定をあけておき、予定があけられなかった場合や、任意接種を受ける場合に、個別接種を活用すると効率的です。

市区町村からの通知

接種が推奨されている予防接種(ポリオ、4種混合(ジフテリア(D)、百日せき(P)、破傷風(T)、ポリオ(IPV))、BCG、風しん・麻しん)については、法律で定められた摂取時期の1,2ヶ月前になると、予防接種を受ける日時や場所が書かれた通知が届きます。

通知が来ない場合は、市区町村に問合わせてください。

接種回数の多いもの、リスクが高いものを優先する

4種混合やBCGは、接種回数が多いので、接種できる時期になったら早めに受けさせましょう。

定期接種の中では、麻しん(麻疹/はしか)は、他の病気に比べて死亡するリスクが高い病気なので、接種が可能になる1歳になったら、他の予防接種より優先して受けさせることをおすすめします。

任意接種では、ロタウィルスやB型肝炎が重症化しやすいため、費用はかかりますが接種させておくと安心です。

予防接種の間隔を把握する

ある予防接種を受けた後は、一定の間隔をあける必要があり、すぐに他の予防接種を受けることはできません。

  • 1週間以上間隔をあける必要があるもの:4種混合、インフルエンザ
  • 4週間以上間隔をあける必要があるもの:BCG、風しん・麻しん、水痘、おたふくかぜの予防接種

集団生活を始める時期を考える

託児所、幼稚園、保育園など子供がたくさん集まる集団生活の場は、一人の子供が病気になると、周りの子供に次々うつってしまうものです。

また、全ての子供が必要な予防接種を受けているとも限らず、気がついたら重病をもらっていたというケースも少なくありません。

そのため、集団生活を始める前には、受けられる予防接種はすべて受けておくことをおすすめします。

予防接種より赤ちゃんの体調が大切

赤ちゃんの体調は天気のようにころころ変わるので、予防接種の当日に体調を崩すことだってよくあることです。

赤ちゃんが体調を崩したら、迷わず赤ちゃんの体調を優先して予防接種の日をずらしましょう。

予防接種は赤ちゃんを病気から守り、元気に過ごせるようにするためのものですから、赤ちゃんの体調を無視して受けさせるというのは本末転倒です。

とはいえ、赤ちゃんは、体調が悪くて泣いているのか、ただぐずっているのかよくわからないがよくあるものなので、予防接種を受けさせるかどうかの目安を挙げておきます。

  • 明らかに普段と様子が違うとき(いつまでもぐずっている、頻繁に咳をする、元気がない、食欲がないなど)
  • 体温が37.5度以上あるとき(風邪のひきはじめの症状があるときも含みます。)
  • 小児科の医師から予防接種の延期を勧められたとき

また、予防接種を受ける前に医師に相談した方が良い場合もあります。

  • 予防接種で発熱やじんましんなどがでたことがある
  • 薬でアレルギーを起こしたことがある
  • けいれんを起こしたことがある
  • 病気で入院、通院、服薬を続けている
  • 大きな病気にかかったことがある
  • 発育に問題がある

関連ページ

うちの場合

定期接種は、接種可能な時期になったものからすべて接種させました。

任意接種についても、海外に出かけることが多いため、できるだけ接種させるようにしています。

接種の間隔が細かく決まっているので、最初はかなり混乱しましたが、各予防接種の標準的な接種期間をまとめた一覧表を自力で作って冷蔵庫に貼り付けた結果、スケジュールをうまく組むことができました。

赤ちゃんの体調不良で2度、定期接種の集団接種に行けませんでしたが、事情を説明して別期日を指定してもらいました。

余談ですが、生後2ヶ月には、定期接種でヒブと小児用肺炎球菌、任意接種でB型肝炎とロタウィルスを接種させました。

赤ちゃんは、左右にブスブス注射を刺されて大泣きし、帰宅後も、何度か注射の痛みを思い出して大泣きしていましたし、私もいたたまれない気持ちになりました。

一緒に接種できるというのでまとめて受けさせましたが、せめて日は変えてあげればよかったなと思います。

予防接種に戻る:予防接種

ページ上部へ戻る