menu
閉じる
  1. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  2. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  7. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  8. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  9. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  10. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
閉じる

乳児期の子育て

未熟児と低出生体重児は違う?原因とリスクは?障害は残る?

未熟児

未熟児と低出生体重児

身体の機能が成熟していない状態で生まれた赤ちゃんのことを、未熟児といいます。

以前は、出生時の体重が2500g未満の赤ちゃんを未熟児と呼んでいました。

しかし、出生時の体重が2500g以上でも、身体の機能が未熟な赤ちゃんや、2500g未満でも身体の機能が成熟している赤ちゃんも多いため、出生時の体重が少ないからといって「未熟」という言葉を用いるのは不適切だと考えられるようになりました。

現在は、出生時の体重、在胎週数(お母さんのおなかで過ごした期間)、妊娠期間に対する赤ちゃんの発育状況によって、早産児、過期産児、低出生体重児などと分類して呼ばれており、未熟児という言葉はあまり使われなくなりました。

スポンサーリンク

出生時の体重で分類する(低出生体重児、極低出生体重児、超低出生体重児)

出生時の体重が2500g未満の赤ちゃんを低出生体重児と呼びます。

低出生体重児の中でも、1500g未満の赤ちゃんを極低出生体重児、1000g未満の赤ちゃんを超低出生体重児と呼びます。

低出生体重児は、妊娠22週から妊娠37週未満で生まれた赤ちゃん(早産児)に多いものですが、お母さんの胎盤や臍帯の機能不全で酸素や栄養が十分にもらえなかったり、赤ちゃん自身に異常があったりして、妊娠期間は十分なのに体重が少ないまま生まれてくる赤ちゃんもいます。

低出生体重児は増えている

日本においては、低出生体重児の数は毎年増加しており、低出生体重児が赤ちゃんの出生数に占める割合は約10%で、5%前後を推移していた30年前と比べると約2倍、ほかの国と比較しても高くなっています。

低出生体重時の割合が増加した背景には、新生児医療が進歩し、以前は救うことが難しかった極低出生体重児や超低出生体重児を救える確率が上がったことや、不妊治療によって双子などの出生率が増えたことがあります。

なお、日本で生まれた超低出生体重児の中で、出生時の体重が最も少なかったのは、2006年に妊娠25週、265gで生まれた女の子です。

分類のまとめ

  • 出生時の体重が2500g未満の赤ちゃん:低出生体重児
  • 出生時の体重が1500g未満の赤ちゃん:極低出生体重児
  • 出生時の体重が1000g未満の赤ちゃん:超低出生体重児

低出生体重児のリスク

低出生体重児は、体の機能が未熟なことが多く、合併症を起こしやすいものです。

生後数日の間は、新生児仮死、低血糖、呼吸窮迫症候群、動脈管開存症など、生後数週間の間は、黄疸、貧血、無呼吸発作、肺疾患などが起こることがあります。

また、お母さんからもらった免疫も弱いことが多く、感染症にかかって重症化しやすくなります。

こうした症状は、特に、極低出生体重児、超低出生体重児に多く見られます。

関連ページ

スポンサーリンク

在胎週数で分類する(正期産児、過期産児、早産児)

赤ちゃんは、お母さんのおなかの中で40週前後の期間を過ごし、外の世界で生きていくために必要な身体の機能を獲得します。

そして、通常は、在胎週数37~42週未満に出生します。

在胎週数による分類では、この期間に出生した赤ちゃんのことを正期産児と呼びます。

一方で、在胎週数22週~37週未満で出生した赤ちゃんのことを早産児(在胎週数28週未満で生まれた赤ちゃんは、超早産児)、在胎週数42週以降に生まれた赤ちゃんのことを過期産児といいます。

早産児は、正期産児に比べると、体重が軽く、体の機能が未熟な場合が多くなります。

過期産児は、胎盤から十分な酸素や栄養をもらえなくなることで、低血糖や呼吸困難に陥る場合があります。

日本においては、早産児の出生数に占める割合は増加する傾向にありますが、明確な原因は特定されていないのが現状です。

分類のまとめ

  • 在胎週数37週~42週未満で生まれた赤ちゃん:正期産児
  • 在胎週数22週~37週未満で生まれた赤ちゃん:早産児
  • 在体臭数42週以降に生まれた赤ちゃん:過期産児

早産児、過期産児のリスク

早産児のリスク

在胎週数30週未満で生まれた赤ちゃんは、体重が軽く、体の機能も未熟なことが多いため、放っておくと健全な成長ができなかったり、病気になるリスクが高くなったりします。

そのため、体重や体の機能が外の世界で生活できる水準に達するまでは、新生児集中治療施設(NICU)に入り、治療や養育を受けることになります。

日本の新生児医療の発達は目覚しく、超早産児で生まれた赤ちゃんであっても、死亡したり、重度の障害が残る確率は低くなっていますし、軽度の運動障害や発達の遅れが残る確率も改善されてきています。

在胎週数35週以降に生まれた赤ちゃんは、機能も体重も正期産児と同程度の体重や体の機能を備えていることが多いので、特段の問題がない場合には、新生児集中治療施設(NICU)には入らずに経過観察となります。

過期産児のリスク

分娩予定日を過ぎた胎児にとって一番のリスクは、胎盤機能の低下です。

妊娠満期終盤になると、胎盤は縮みだし、胎児に酸素や栄養を十分供給できなくなります。

その結果、胎児は、体に蓄えていた糖質と脂肪を消費して栄養を確保するようになるため、成長が遅くなったり、体重が減ったりします。

体に蓄えていた糖質と脂肪が少なくなることで、生まれた後に低血糖になることもあります。

胎盤の縮みが進むと、胎児に十分な量の酸素を供給できなくなります。

特に、分娩中は酸素の供給が不十分になりやすいため、胎児が切迫仮死状態になり、脳や臓器の損傷を起こす場合があります。

胎児切迫仮死になると、胎児が胎便を排泄し、羊水ごと胎便を吸い込んでしまい、出生後に呼吸困難を起こすリスクもあります。

関連ページ

ページ上部へ戻る