menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  4. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  5. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  8. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  9. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  10. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
閉じる

乳児期の子育て

巨大児とは?巨大児の原因・定義と障害のリスクは?その後の病気は?

生理的体重減少 巨大児

巨大児を知っていますか?

巨大児と聞くと、「バラエティ番組で見かけるような何十kgもあるような巨大な子」をイメージする人が多いものですが、実は、通常の赤ちゃんと見分けがつかないことも珍しくありません。

また、誰にでも巨大児を出産する可能性があります。

一方で、巨大児として生まれた赤ちゃんは、通常の赤ちゃんと比べると健康面などにリスクを抱えていることがあるため、慎重な対応が必要になります。

このページでは、巨大児の概要、巨大児が生まれる原因、巨大児のリスク、巨大児の予防について紹介します。

巨大児とは(巨大児の定義)

巨大児とは、生まれたときの体重が4000g以上の赤ちゃんのことです。

出産予定日前後でも、巨大児で生まれる赤ちゃんは珍しくありません。

一見すると大きくて元気そうな赤ちゃんですが、低血糖や呼吸障害などのリスクを抱えていることがあります。

巨大児のうちの約2割が、糖尿病を抱えているお母さんから生まれています。

スポンサーリンク

巨大児が生まれる原因

巨大児が生まれる原因には、遺伝によるものと、子宮内環境によるものの2つがあります。

遺伝による巨大児(対称性巨大児)

遺伝による巨大児を対称性巨大児といいます。

対称性巨大児は、体重が通常の赤ちゃんより重いだけで、身体的にも発達的にも問題はありません。

対称性巨大児が問題になるのは、分娩時に肩甲難産(赤ちゃんの肩がひっかかって、体が産道を抜けられない状態。)になりやすいことです。

また、生まれた直後は低血糖になったり、一過性の多呼吸になったりする可能性があります。

子宮内環境による巨大児(非対称性巨大児)

子宮内環境による巨大児を非対称性巨大児といいます。

お母さんが糖尿病を抱えていて、血糖値のコントロール不全が見られる場合に、赤ちゃんが非対称性巨大児になりやすいと言われています。

心臓、肺、肝臓といった臓器が腫れ上がったり、呼吸不全になったりすることが多く、慎重な対応が必要になります。

スポンサーリンク

巨大児のリスク

巨大児の赤ちゃんは、そうでない赤ちゃんに比べると、分娩時や出生後のリスクが高くなります。

また、そのリスクは、体重が重ければ重いほど高くなる傾向があります。

  • 分娩時のリスク:難産、膣内や会陰の裂傷による大量出血、赤ちゃんのケガ
  • 出産後のリスク:低血糖、呼吸障害、黄疸、心不全など

分娩時の巨大児のリスク:難産

巨大児は、体重が重くて大きいため、産道を通るのに時間がかかり、分娩時間が長くなる傾向があります。

分娩が長引いて赤ちゃんやお母さんの消耗が激しい場合には、医師の判断で通常分娩から帝王切開に切り替えられます。

なお、分娩前から巨大児の可能性がある場合は、分娩前に医師から帝王切開を勧められることがあります。

分娩時の巨大児のリスク:膣内や会陰による大量出血

通常の分娩においても、お母さんの膣内や会陰が裂けて出血しますが、巨大児の分娩では、膣内や会陰が大きく裂けてしまい、お母さんの体調悪化に直結する量の出血を伴うリスクがあります。

また、お母さんの体調悪化は分娩や赤ちゃんにも影響を与えてしまうことがあります。

分娩時の巨大児のリスク:赤ちゃんのけが

巨大児の場合、赤ちゃんの肩甲骨が産道や恥骨に引っかかりやすく、腕の神経叢を損傷したり、鎖骨を骨折したりするリスクが高くなります。

また、産道内で身体の一部が強く圧迫されるなどして、腕や脚の一部にうっ血した痕が残ることもあります。

巨大児で生まれる赤ちゃんのうち、約半数が何らかのけがをしてしまうと言われています。

関連ページ

出産後に病気や障害が生じるリスク

遺伝が原因で巨大児として生まれた赤ちゃんの場合、深刻な病気や障害が生じるリスクは、通常の体重で生まれた赤ちゃんと変わりません。

ただし、分娩時のトラブルでケガをして治療が必要になることや、低血糖や呼吸障害といった一過性の症状が出て入院措置となることは珍しくありません。

一方で、子宮内環境が原因で巨大児として生まれた赤ちゃんの場合、通常の体重で生まれた赤ちゃんに比べて、低血糖、低カルシウム、高ビリルビン血症(新生児黄疸)、呼吸障害、多血症、心不全などのリスクが高くなります。

巨大児のリスクの多くは目に見えないため、生まれた後は入院措置となり、いろいろな検査を受けることになります。

関連ページ

スポンサーリンク

巨大児の予防にはお母さんの体調管理が大切

子宮内環境が原因の巨大児を予防するには、お母さんの妊娠糖尿病を予防する必要があります。

具体的な予防方法は、次のとおりです。

  • 栄養バランスの良い食事をとる
  • カロリーのコントロールに気をつける
  • 適度に運動し、体重の急激な増加を防ぐ
  • こまめに主治医と相談しながら対応を考える

妊婦健診で巨大児の可能性が指摘されたからといって、必ず巨大児になるわけではありません。

栄養バランスの良い食事と適度な運動で血糖値をコントロールすれば、通常の体重で生まれてくることも珍しくありませんし、巨大児で生まれたとしても病気や障害がないこともあります。

まとめ

巨大児について紹介しました。

子宮内環境による巨大児は、お母さんの妊娠中の生活次第で予防できるものなので、健康的な生活習慣を維持するよう心がけましょう。

もちろん、妊娠中はホルモンバランスや体調不良などストレスや負担がかかりやすい時期なので、お母さん自身だけでなく、お父さんや周りの人のサポートが不可欠です。

また、どんなに注意していても、赤ちゃんが巨大児として出産する確率は0ではありません。

しかし、適切に対処すれば、赤ちゃんに障害や病気が残らずに済むことがほとんどなので、自分を責めたり落ち込んだりせず、目の前の可愛い赤ちゃんを大切に育ててあげましょう。

ページ上部へ戻る