menu
閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  3. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  4. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  5. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  6. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんのやきもちはいつから?赤ちゃんの嫉妬の対処法は?

赤ちゃん やきもち いつから

お父さんとお母さんが仲良く話していると、赤ちゃんが泣きながらお母さんに抱っこを求めてきたり、お母さんが他人の赤ちゃんを抱っこすると、赤ちゃんがぐずって泣きだしたりした経験はありませんか?

こうした赤ちゃんの行動は、やきもち(嫉妬心)だと考えられています。

人は誰でも多かれ少なかれやきもちをやきますが、実は、赤ちゃんもやきもちをやくことがあるのです。

このページでは、赤ちゃんがやきもちをやく理由と時期、赤ちゃんのやきもちに対処する方法について紹介します。

赤ちゃんのやきもちとは

大人は、ずば抜けて頭の良い人や外見の良い人など、自分よりも優れていたり、良い境遇にいたりする人に対してやきもちをやく(嫉妬心を抱く)ことが多いものです。

一方で、赤ちゃんは、お母さん(お母さんがいない場合は、主な養育者)と良い関係を持っている自分以外の人に対してやきもちをやきます。

赤ちゃんにとって、24時間ずっと傍にいて、おなかが空いたら母乳やおっぱいをくれ、おしっこやうんちをしたらおむつを替えてくれて、寂しくなったら抱きしめてくれるお母さんは絶対的な存在で、お母さんとの関係性歯、世界との関わりそのものです。

生まれたての赤ちゃんは、自分と他人の区別ができておらず、お母さんとの一体感を持って安心して過ごしていますが、月齢を経るにつれて、自分とお母さんが別々の存在であることに気づき始めます。

そして、「いつもお母さんと一緒にいたい。」、「お母さんには自分のことだけ見ていてほしい。」という強い欲求を抱くようになります。

ところが、現実には、お母さんは家事や仕事で赤ちゃんのそばを離れますし、お父さんとも会話します。

友人と外出もしますし、友人に子供がいれば挨拶したり抱っこしたりもするでしょう。

そんな、大人からすると当たり前の行動でも、赤ちゃんにとっては世界が揺らぐくらいの大きな出来事です。

赤ちゃんにとってはお母さんとの関係が世界のすべてなので、そのお母さんが自分以外の人に関わることは、「お母さんがいなくなる。」、「お母さんが取られてしまう。」という強い不安や恐怖につながります。

その結果、冒頭で紹介したように、「お父さんとお母さんが仲良く話していると、赤ちゃんが泣きながらお母さんに抱っこを求めてくる。」、「お母さんが他人の赤ちゃんを抱っこすると、赤ちゃんがぐずって泣きだしたりする。」といった行動に出て、お母さんの関心を自分に向けようとするのです。

「どうして赤ちゃんのうちからやきもちをやくのだろう?」と不安や心配を口にするお父さんお母さんと話す機会が良くありますが、むしろ、「赤ちゃんだからこそやきもちをやく」のです。

赤ちゃんのやきもちはいつから

赤ちゃんのやきもちは、赤ちゃんが自分と他人を区別できるようになった頃から始まります。

個人差が大きいので一概には言えませんが、一般的には生後6ヶ月~生後1歳前後です。

人見知りや後追いが始まるのもこの時期で、いずれも自分と他人、お母さんなど身近な人とそうでない人の区別がついているからこその行動です。

関連ページ

赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?


スポンサーリンク

赤ちゃんのやきもちの対処法

赤ちゃんのやきもちは、お母さんへの愛情の現れであり、お母さんとの愛着関係が正常に形成されていることの証です。

そのため、心配したり、むげにあしらったりせず、赤ちゃんの気持ちを尊重しながら慎重に対応する必要があります。

  • たくさんスキンシップする
  • 話しかける
  • お母さん以外の人と過ごす機会を増やす

赤ちゃんのやきもちの対処法:たくさんスキンシップする

お母さんとのスキンシップは、何よりも赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる効果があります。

赤ちゃんがやきもちをやいたら、まずはしっかり抱きしめてあげ、しばらくは膝の上に座らせたり、抱っこしたりして過ごしましょう。

頭を優しくなでたり、背中を軽くタッピングしたりするのも効果的です。

赤ちゃんのやきもちの対処法:話しかける

赤ちゃんを抱っこしながら、「寂しかったんだね~」「心配だったんだね~」などと話しかけると、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせることができます。

赤ちゃんは、お母さんの言葉の意味は分かりませんが、声色や話し方などからお母さんの優しい気持ちを感じ取ります。

赤ちゃんのやきもちの対処法:お母さん以外の人と過ごす機会を増やす

赤ちゃんとお母さんの間に愛着関係が形成された後は、お母さん以外の人と過ごす機会を増やしてみましょう。

例えば、同年代の赤ちゃんのいる友人と出かけたり、地域のママベビクラブに参加したりすると良いでしょう。

赤ちゃんは、最初は、お母さんが他の大人と話したり、他の赤ちゃんを抱っこしたりするのを見てやきもちをやきますが、少しずつそうした環境に慣れていきます。

家の中でも同じで、お父さんお母さんが常に仲良くしていれば、赤ちゃんは、その状態が普通なのだと理解し、やきもちをやかず、お父さんにもお母さんにも甘えるようになっていきます。

関連ページ

愛着障害とは?赤ちゃん・子供の症状とチェック方法、対応・治療は?


スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんのやきもちは、大人のやきもちとは異なり、より純粋で、より強いものです。

親としては、急に赤ちゃんがやきもちを焼き始めるとビックリして心配になるものですが、赤ちゃんの心が正常に発達している証なので、温かく見守ってあげましょう。

ページ上部へ戻る