menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  9. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  10. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
閉じる

乳児期の子育て

新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?

生理的体重減少 巨大児

新生児の生理的体重減少とは

新生児期の赤ちゃんは、生後3日ころになると、体重が出生時よりも減少します。

新生児期の赤ちゃんの体重が出生時よりも減少することを、新生児生理的体重減少といいます。

通常、生理的体重減少のピークは生後3~5日です。

生後1週間から10日くらい(病院から退院する前後)で出生時の体重に戻り、その後は、1日に20~30gずつ体重が増加していきます。

生理的体重減少が起こる原因、理由

生理的体重減少が起こるのは、新生児期の赤ちゃんが飲む母乳やミルクの量よりも、尿、胎便、不感蒸泄(汗以外で皮膚や呼気から水分を失うことです。)など、赤ちゃんの体から出ていくものの量の方が多いためです。

そのため、出生後、日数が経つにつれて赤ちゃんが飲む母乳やミルクの量が増え、体から出ていくものの量を上回るようになると、体重は増えていくことになります。

初産の場合、生まれたての赤ちゃんの体重が減ると、親としてはとても不安になりますが、生理的体重減少は健康な赤ちゃんに起こる正常な現象ですから、過度に心配する必要はありません。

むしろ、お母さんが心配しすぎると母乳の出に影響し、体重が増えない一因になってしまうので、気持ちに余裕を持っておくことが大切です。

スポンサーリンク

新生児生理的体重減少の計算式

生理的体重減少による体重減少率は、つぎの計算式で求めることができます。

  • (出生時の体重-測定時の体重)÷出生時の体重×100=体重減少率(%)
  1. 出生時の体重から測定時の体重を引く
  2. 1の数値を出生時の体重で割る
  3. 2の数値に100をかける

体重減少率が5~7%が標準、10%以上の場合は異常と考えます。

生理的体重減少に異常があるときの症状

新生児の体重が、生理的体重減少により出生時から10%以上減少

新生児期の赤ちゃんの体重が、出生時よりも10%以上減少した場合は、赤ちゃんの健康状態に何らかの異常が生じている可能性があります。

赤ちゃんは大人に比べるととても軽いので、赤ちゃんの体重が10%以上減るというのは、大人の体重が10%減るのよりはるかに危険なことです。

放っておくと、命に関わる深刻な事態になりかねないので、すぐ小児科に相談してください。

体重の急激な減少で考えられる異常としては、脱水、新生児黄疸、低血糖などがあります。

病気でなかったとしても、赤ちゃんが母乳やミルクを上手に飲めていない、母乳が出ていない可能性もあります。

関連ページ

生理的体重減少がない

出生後、赤ちゃんの体重が減少しない場合も、赤ちゃんの健康状態に何らかの異常が生じている可能性があるので、産婦人科に相談してください。

尿や便の回数や少ないといった問題が考えられ、腸など内蔵の病気が隠れている可能性があります。

関連ページ

体重が元に戻らない

生理的体重減少によって減った赤ちゃんの体重が、いつまで経っても出生時の体重に戻らない場合も注意が必要です。

出生後7日経っても体重が減り続ける場合、もしくは、出生後14日経っても出生時の体重に戻っていない場合は、小児科に相談してください。

体重が急激に減少した場合と同じく、病気が隠れている可能性がありますし、赤ちゃんが母乳やミルクを上手に飲めていない、母乳が出ていないといった可能性も考えられます。

生理的体重減少後も体重が増えない

生理的体重減少で減った体重が戻った後も、体重が増えないことがあります。

特に、赤ちゃんに母乳のみを飲ませている場合によく起こります。

授乳回数が少ない、母乳やミルクの飲み方が下手、乳首の問題、深刻な病気にかかっているなど理由はさまざまですが、放っておくと赤ちゃんの成長に深刻な影響が出てしまいます。

関連ページ

スポンサーリンク

未熟児や巨大児の生理的体重減少

未熟児(早産児、過期産児、低出生体重児)や巨大児にも、生理的体重減少は起こります。

しかし、未熟児(低出生体重児)の場合、ただでさえ少ない体重が、生理的体重減少によってさらに減少することになり、お父さんお母さんの不安は尽きないでしょう。

スポンサーリンク


医学的に見ても、通常の体重で生まれた赤ちゃんに比べると、体重の推移を慎重に経過を見守る必要があり、病院側は細かく赤ちゃんの体重をチェックしています。

不安に耐え切れない場合は、赤ちゃんの体重を毎日聞くのも一つですが、「まだ体重が増えないのか」と余計心配になってしまうこともあるので、医師や看護師とよく話し合って決めてください。

なお、未熟児については、最近、未熟児という言葉が使われなくなりつつあり、また、定義も「出生時の体重が少ない赤ちゃん」ではなくなっているので、注意してください。

関連ページ

ページ上部へ戻る