menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  6. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの体重が増えない原因は母乳とミルクの量?月齢(何ヶ月)で違う?

体重が増えない

子育ては常に心配や不安と隣り合わせです。

心配や不安の原因になりやすいものに、赤ちゃんの体重が増えないことがあります。

赤ちゃんの体重は、そのまま健康状態や発育・発達に影響してしまうため、体重が成長曲線の範囲を下回ったり、乳児健診で指摘されたりすると、居ても立ってもいられなくなるものです。

このページでは、まず、赤ちゃんの体重の目安について紹介し、その後、赤ちゃんの体重が増えない原因について月齢ごとに紹介します。

赤ちゃんの体重増加の目安

赤ちゃん 体重 目安

赤ちゃんの体重は、生後数日で生理的体重減少によって減少し、1~2週間で出生時の体重まで戻ります。

その後は一気に増加し、生後3ヶ月頃には出生時の約2倍になります。

生後4ヶ月頃から増加のペースは緩やかになりますが、生後1年頃には出生時の約3倍まで増加します。

標準的な赤ちゃんの体重増加のペースは、次のとおりです。

  • 生後0ヶ月(生後2週間目~)~生後3ヶ月:25g~30g/日
  • 生後4ヶ月~生後6ヶ月:20g~25g/日
  • 生後7ヶ月~生後9ヶ月:10~20g/日
  • 生後10ヶ月~生後11ヶ月:6~10g/日

母乳のみ、ミルクのみ、混合の赤ちゃんの体重増加量は違う

赤ちゃん 体重が増えない 母乳 ミルク

標準的な体重増加については紹介しました。

しかし、母乳のみを飲んでいる赤ちゃん、ミルクのみの飲んでいる赤ちゃん、混合の赤ちゃんの体重増加量はそれぞれ違います。

例えば、生後0ヶ月から生後3ヶ月の体重増加量は、次のとおりです。

  • 母乳のみ:約20g/日
  • ミルクのみ:約30g/日
  • 母乳とミルクの混合:20g~30g/日(母乳とミルクの割合によって異なる)

母乳のみ、もしくは、ミルクのみを飲ませている場合は、増えるべき体重増加量と標準的な体重増加量が一致しない場合があるので注意してください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの体重が増えない原因は生理的体重減少、母乳、ミルク、離乳食

赤ちゃん 体重 増えない

赤ちゃんの体重が増えない原因は、月齢によって異なります。

  • 生後0ヶ月(新生児期):母乳やミルクの不足、生理的体重減少
  • 生後1ヶ月~生後4ヶ月:母乳やミルクの不足
  • 生後5ヶ月以降(離乳食開始の時期による):離乳食の不足、母乳やミルクの不足

生後0ヶ月(新生児期)

赤ちゃん 体重が増えない 新生児

赤ちゃんは、生後数日頃になると、生理的体重減少で出生時よりも体重が少なくなるものです。

生理的体重減少は、母乳やミルクの量に関係なく、健康な赤ちゃんならみんな起こる現象なので心配はいりません。

生理的体重減少が起こってから1~2週間で出生時の体重まで戻り、その後は1日25g~30gのペースで体重が増えていきます。

関連ページ

生後1ヶ月~生後4ヶ月

赤ちゃん 体重が増えない 3ヶ月

多くの赤ちゃんが、母乳やミルクだけを飲んで生活する時期です。

首がすわり、寝返りを始める赤ちゃんもいますが、運動量はそれほど多くはありません。

この時期に体重が増えない場合、母乳やミルクの不足が考えられます。

母乳やミルクが不足する主な原因には、①授乳回数が少ない、授乳間隔が長い、②母乳の分泌量が少ない、③上手に飲めていないことがあります。

授乳回数が少ない、授乳間隔が長い

赤ちゃんの睡眠を優先してしまう

母乳のみを飲ませている場合、新生児期から生後3ヶ月頃までは1~3時間ごとに授乳するのが理想的と言われています。

しかし、この時期の赤ちゃんは、ずっと寝ていることが多いので、「寝ているから、そっとしておいてあげよう。」、「欲しくなったら泣くだろう。」と考えがちです。

その結果、授乳の回数が減ってしまいます。

赤ちゃんが自発的に起きなくても、親の方で授乳の回数や間隔を調整しましょう。

ミルクと同じ回数や間隔で授乳してしまう(母乳のみの場合)

母乳のみを飲ませている場合、ミルクと同じ回数や間隔で授乳してしまい、赤ちゃんの体重が増えないことがあります。

ミルクは、週齢や月齢ごとに授乳回数や間隔が細かく決められています。

しかし、母乳とミルクでは消化時間に差がありますし、母乳の質や量はお母さんの心身の健康状態によって日々変化するので、ミルクと同じ回数や間隔では栄養が十分にとれないことがあります。

母乳のみを飲ませている場合は、欲しがるだけ飲ませてあげるのが原則です。

赤ちゃんにたくさん母乳を飲ませることは、赤ちゃんの体重増加につながるだけでなく、母乳の分泌を促すことにもなります。

赤ちゃんが自発的に欲しがる回数が少ない場合は、新生児期から1~2時間ごとの授乳を心がけてください。

母乳の分泌量が少ない

授乳回数や間隔に問題がなくても、母乳の分泌量が少ないと、十分な栄養は得られません。

産後すぐは母乳の分泌量が少ないですし、その後も、お母さんの健康状態によって分泌量は変化します。

母乳で不足した分はミルクを飲ませましょう。

母乳の分泌量は、搾乳の際に、母乳が複数の入管から出ているかどうかを見ることで確認できます。

5本以上の入管から母乳が出ているのが理想的と言われています。

ミルクを飲ませることをためらわないことが大切

大切なのは、母乳かミルクかではなく、赤ちゃんに十分な栄養をあげることです。

母乳育児という言葉がはやっているので、「赤ちゃんは母乳で育てる方が良い」、「母乳で育てないといけない」と考えているかもしれませんが、ミルクが赤ちゃんの成長に悪影響を与えることはほぼありません。

母乳の分泌量が悪い場合は、すぐにミルクを飲ませてあげましょう。

ミルクを飲ませる場合は、まず母乳を飲ませて、足りない分をミルクで補うようにします。

午後から夕方は母乳の分泌量が減りやすく、授乳の間隔が狭くなりやすい時間帯なので、こうした時間帯だけミルクを飲ませても良いでしょう。

スポンサーリンク

上手に飲めていない

赤ちゃんは、哺乳反射という母乳やミルクを飲むための原始反射を持って生まれてきますが、低月齢のうちは上手く飲めずにたくさんこぼしてしまうものです。

赤ちゃんが、乳首だけではなく乳輪からおっぱいをくわえられているかを確認し、くわえられていない場合は、赤ちゃんの頭を乳房に軽く押し付けてあげましょう。

また、お母さんの姿勢や抱っこの仕方が問題で、うまく飲めないこともあります。

前かがみで抱っこしたり、乳首を引っ張って授乳させたりすると、赤ちゃんは乳首をうまく吸えませんし、母乳も出にくくなってしまいます。

赤ちゃんと太ももの下にクッションや座布団をはさみ、背筋をピンと伸ばして授乳するようにしましょう。

関連ページ

次のページでは、離乳食が始まった後の体重が増えない原因について紹介しています。

ページ:

1

2
ページ上部へ戻る