menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  2. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  3. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  4. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  5. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
閉じる

乳児期の子育て

新生児の体温は高め?上手に体温を測るには?どんな発熱が危険?

赤ちゃんの体温

新生児の体温は高い、でも調節はできない

赤ちゃんの平均的な体温は36~37.5℃で、大人よりも高めです。

しかし、生まれて間もない赤ちゃんは、自分で体温調節する力が未熟で、周囲の温度などで体温がころころ変化しますし、身体を動かして体温を温めたり、服を脱いで身体を冷やしたりすることもできません。

そのため、エアコンや窓の開け閉め、服を着せたり脱がしたりなど、お父さんお母さんがこまめに赤ちゃんの体温を調節してあげないと、すぐに体調を崩して高熱を出してしまいます。

赤ちゃんは、「暑い」「寒い」と言葉で伝えることができないので、こまめに体温をチェックして平熱を把握し、いつもと体温が違ったらすぐに対応してあげましょう。

関連ページ

新生児の体温を測る時間帯

1日4回、次の時間帯に赤ちゃんの体温を測ります。

  • 朝、赤ちゃんが起きたとき
  • 昼、母乳やミルクを飲む前(母乳やミルクを飲んだ後は体温が上がります)
  • 夕方、母乳やミルクを飲む前(お出かけした場合、帰宅直後は体温が上がっているので、帰宅して30分くらい時間を空けて測ります。)
  • 夜、赤ちゃんが寝る前(布団に入った後は体温が上がります)

朝、昼、夕方、夜と1日4回赤ちゃんの体温を測り、1週間くらい記録しておくと、赤ちゃんの平均的な体温が把握できます。

赤ちゃんの平熱を把握すること、毎日決まった時間に体温を測ることは、赤ちゃんの体調管理の基本になるので、特に、体調の変化が大きい新生児期にはしっかり実践することをおすすめします。

関連ページ

新生児の体温の測り方

赤ちゃん用の体温計には、わきで測るタイプと耳で測るタイプがあります。

わきで測る方法

わきの下で測るタイプの体温計には電子体温計と水銀体温計があります。

時間はかかりますが、赤ちゃんの体温を正確に測ることができます。

体温が測れるまでに、水銀体温計の場合は10分前後、電子体温計の場合は1分くらいかかります。

なお、電子体温計は、水銀体温計よりも若干ですが誤差が大きくなります。

測り方

  1. わきの下の汗を拭く
  2. 体温計をわきの下に挟んで腕をおさえ、体温計がずれないようにする

耳で測る方法

耳で測るタイプの体温計は電子体温計のみです。

1秒で体温が測れるのが大きなメリットです。

一方で、慣れないと正しい体温が測れないこと、わきで測るタイプに比べて誤差が大きいのがデメリットです。

測り方

  1. 耳の中をきれいに掃除する
  2. 体温計を耳の中に入れる

口に入れて測る体温計は使わない

口に入れて測る体温計は、正確に体温を測れるというメリットがありますが、体温計にウィルスや細菌が付着していることがあるため、赤ちゃんに使用するのは控えることをおすすめします。

スポンサーリンク

新生児の体温を測るコツ

睡眠中や安静時に測る

母乳やミルクを飲んだ後、遊んだ後、夏場の暑い時期に外出したときなどは、赤ちゃんの体温も上がっているので、睡眠中や安静にしているときに測るようにします。

赤ちゃんの関心をそらす

赤ちゃんによっては、体温計の感触が嫌いだったり、腕を押さえつけられるのに不安を感じたりして泣き出すこともあります。

赤ちゃんの機嫌が良いときに、赤ちゃんのお気に入りの場所で測るようにしましょう。

赤ちゃんの好きなタオルやおもちゃを持たせるのも効果的ですし、お母さんが抱っこして、お父さんが体温計を持っておくのも良いでしょう。

また、お父さんやお母さんが絶えず話しかけて赤ちゃんの関心を引いておくと、落ち着いて検温することができます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの発熱

赤ちゃんの場合、体温が37.5℃以上になったら発熱だと判断します。

平均体温が大人より高めなので、発熱の基準も高めになります。

赤ちゃんは、高熱が出てもぐったりした様子もなく元気にしていることがあり、お父さんお母さんは発熱に気づきにくいものです。

そのため、毎日決まった時間に赤ちゃんの体温を測ることや、こまめに赤ちゃんの顔色やご機嫌、食欲、便の状態などを確認しておくことが大切です。

危ない発熱をチェック

赤ちゃんの発熱には、すぐに小児科を受診させる必要がある急を要する発熱と、様子をみてもよい発熱があります。

赤ちゃんが熱を出すと、お父さんお母さんは心配でたまらなくなると思いますが、赤ちゃんの様子を慎重にチェックして、受診させるかどうかを判断してください。

  • 赤ちゃんの機嫌が悪く泣き続けている
  • 寝ない、もしくは、すぐに起きてぐずり泣きする
  • 赤ちゃんがぐったりしている
  • 食欲がない(普段より授乳量が少ない)
  • 呼吸が苦しそう
  • 嘔吐や下痢が続く
  • 5日以上発熱が続く
  • 赤ちゃんの顔色が悪い
  • 手足が冷たい
  • 意識障害がある

様子をみる発熱

  • 赤ちゃんの機嫌が良い
  • 赤ちゃんが元気(食欲がある、よく寝る、よく遊ぶ、顔色が良いなど、普段の様子と変化がない。)

ただし、発熱がある場合、熱が完全に引くまでは外出を控え、家の中で安静に過ごさせるようにします。

また、発熱が5日以上続く場合は、小児科の受診を検討してください。

関連ページ

ページ上部へ戻る