menu
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  4. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  5. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  6. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  9. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  10. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの舌が白い原因は?黒い、緑色、黄色、茶色は病気?対処法は?

赤ちゃん 舌の色 白い

舌の色は、表情や動き、体温などと同じく、赤ちゃんの健康状態を知るための大切な指標です。

舌には血管がたくさん通っていて、体調の変化ですぐ色が変わるので、赤ちゃんの健康状態を簡単にチェックすることができます。

母乳やミルク、離乳食が付着しているだけのこともありますが、中には深刻な病気のせいで舌の色が変化している場合もあるので、こまめにチェックしておくことが大切です。

このページでは、健康な赤ちゃんの舌の色、舌の色が白い、黒い、黄色、緑、茶色になる原因と対処方法について紹介しています。

健康な赤ちゃんの舌の色

赤ちゃん 舌の色

健康な赤ちゃんの舌の色は、「ピンク色」です。

生まれたての赤ちゃんの舌は、みんなきれいなピンク色ですが、これが健康な状態の舌の色です。

食べたものによって、ピンク色と赤色の中間のような色になることもありますが、少し赤みが買っているくらいなら健康状態に問題はありません。

一方で、舌の色が、白い、黒い、黄色、緑色、茶色の場合は、病気が原因になっている可能性があります。

赤ちゃんの舌の色が白い原因と対処法

赤ちゃん 舌 白い

赤ちゃんの舌の色が白い原因は、次のとおりです。

  • 母乳やミルクが舌の上に残っている
  • 鵞口瘡(がこうそう)・口腔カンジダ症
  • 溶連菌感染症

母乳やミルクが舌の上に残っている

赤ちゃん 舌 白い

赤ちゃんの舌の色が白いと、ギョッとしてしまいますが、実は母乳やミルクがついていただけという場合が意外と多いものです。

赤ちゃんは、一日に何度も母乳やミルクを飲むので、舌の色が白いままになることがあります。

放っておくと、授乳の度に母乳やミルクがどんどん付着して舌が真っ白になってしまいます。

対処法

こまめにふき取ってあげましょう。

赤ちゃんの舌はとてもデリケートなので、濡らしたガーゼで優しくふき取ります。

タオルや歯磨き、乾いたガーゼなどで拭き取ると、舌の表面を傷つけて出血する可能性がありますし、傷口に母乳やミルクがたまったり、傷口からウィルスや細菌が入り込んでしまうリスクがあるので、控えましょう。

ゴシゴシ強くこすりすぎるのも、舌を傷つける原因になります。

鵞口瘡・口腔カンジダ症が原因で、赤ちゃんの舌の色が白い

赤ちゃん 舌 白い

鵞口瘡(口腔カンジダ症)とは、カンジダというカビが口内感染することで、口内に白い斑点ができる病気です。

「がこうそう」と読みます。

白い斑点は、見た目は母乳やミルクの残りかすに似ていますが、拭き取ろうとしてもなかなか取れません。

鵞口瘡は、新生児期・乳児期に多い病気で、幼児期以降に発症することはあまりありません。

感染源は、お母さんの産道や、おっぱい・哺乳瓶の乳首など赤ちゃんが口に入れる物です。

生まれて間もない新生児が鵞口瘡を発症した場合、お母さんがカンジダに感染していて、赤ちゃんがお母さんの産道から出てくるときに感染したと考えられます。

新生児期以降の赤ちゃんが鵞口瘡を発症した場合、産道感染だけでなく、おっぱいや哺乳瓶など赤ちゃんの口が触れるところにカンジダが付着していた可能性があります。

対処法

妊娠中は、免疫力が低下していてカンジダに感染しやすいものです。

ボロボロしたおりものが出るようになったら、カンジダ感染を疑って診察を受け、感染している場合は出産前に治療を済ませましょう。

母乳を飲ませている場合、赤ちゃんに母乳を飲ませる前後におっぱいを拭き、清潔にすることが大切です。

ミルクを飲ませている場合、①ミルクを飲ませた後は、毎回、哺乳瓶を煮沸洗浄して殺菌すること、②ミルクの作り置きはしないことを徹底しましょう。

鵞口瘡は、濡らしたガーゼで拭き取ると、白い部分がボロボロ剥がれ落ちますが、無理にふき取ってしまうと舌が傷つくことがあり、傷が炎症を起こしたり、細菌やウィルスが感染したりするリスクがあります。

炎症や二次感染がない場合は、赤ちゃんが触れるものを清潔に保ち、経過観察するのが一般的です。

炎症や二次感染がある場合、舌の白い範囲が広がって心配な場合は、小児科を受診しましょう。

こまめに赤ちゃんの口内を洗浄し、処方されるシロップを1日3回程度塗ると、2,3日で症状がなくなります。

ただし、不衛生な環境で生活しているとすぐ再発してしまうので、注意が必要です。

関連ページ

溶連菌感染症が原因で、赤ちゃんの舌の色が白い

赤ちゃん 舌 白い

溶連菌感染症とは、溶血性連鎖球菌という細菌に感染することで起こる病気です。

保育園や幼稚園で集団生活している場合や、公共施設の赤ちゃんコーナーによく行く場合などに感染しやすいもので、春から夏と冬に流行する傾向があります。

主な症状は、39度以上の発熱、のどの腫れと痛み、赤い発疹、白い舌苔、いちご舌などですが、乳児期の赤ちゃんの場合、発疹やいちご舌の症状はあまり見られません。

症状の一つである舌苔(ぜったい)とは、舌の表面にできるコケ状に見えるもので、白や黄色いものが多くなっています。

溶連菌感染症の発症初期には、白い舌苔が見られます。

対処法

溶連菌感染症が自然に治ることはないので、2日以上、発熱やのどの腫れが続く場合は小児科を受診します。

処方された薬を飲ませることで、熱は2、3日で下がりますし、発疹が出ている場合も1週間程度で消失します。

受診させず放置すると、急性糸球体腎炎やリウマチ熱といった深刻な合併症を引き起こすリスクがあります。

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんの舌の色が黒い、緑色の原因と対処法

赤ちゃん 舌 黒い 緑色

赤ちゃんの舌の色が黒い、緑色の原因は、次のとおりです。

  • 黒毛舌
  • 抗生剤やお母さんの薬

黒毛舌が原因で、赤ちゃんの舌が黒い、緑色になる

赤ちゃん 舌 黒い 緑色

黒毛舌とは、舌の表面の糸状乳頭という細かい突起が過剰に伸びて、黒くなった状態のことです。

毛舌は、カンジダ菌などに感染することで発症します。

黒くなるのは、色素を出す菌が舌で増殖するためです。

対処法

カンジダ菌の治療とともに、口の中を清潔に保つことが大切です。

授乳や離乳食の後は、毎回、濡らしたガーゼで口の中を拭き取り、白湯を飲ませてあげましょう。

赤ちゃんの口が清潔でも、おっぱいや哺乳瓶、食器などに菌が付着している場合もあります。

おっぱいは、授乳や離乳食の前後に優しく拭き、哺乳瓶や食器は煮沸洗浄を徹底しましょう。

抗生剤やお母さんの薬が原因で、赤ちゃんの舌が黒い、緑色になる

赤ちゃん 舌 黒い 緑

赤ちゃんが病気の治療で抗生剤を飲んでいる場合、抗生剤の副反応で赤ちゃんの舌の色が黒色や緑色になることがあります。

また、母乳を飲ませている場合、お母さんが飲んでいる薬の影響を受けることがあります。

対処法

服薬を止めれば舌の色は元に戻ります。

ただし、病気の治療のために服薬しているはずなので、独断で中断せず、まずは小児科を受診して相談しましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの舌の色が黄色、茶色になる原因と対処法

赤ちゃん 舌 黄色 茶色

赤ちゃんの舌の色が黄色、茶色になる原因は、次のとおりです。

  • 舌苔
  • 鵞口瘡(がこうそう)・口腔カンジダ症
  • 溶連菌感染症

舌苔が原因で、赤ちゃんの舌の色が黄色、茶色になる

赤ちゃん 舌 黄色 茶色

舌苔(ぜったい)とは、舌の表面にできるコケ状に見えるもので、白や黄色いものが多くなっています。

溶連菌感染症などが原因で舌苔になることもありますが、古い粘膜がはがれて舌の上にたまっていることも多いものです。

対処法

口の中を清潔に保ちましょう。

授乳や離乳食の後は、毎回、濡らしたガーゼで口の中を拭き取ります。

仕上げに白湯を飲ませてあげると、より効果的です。

鵞口瘡や溶連菌感染症で赤ちゃんの舌の色が黄色、茶色になる

赤ちゃん 舌 黄色 茶色

「赤ちゃんの舌の色が白い原因と対処法」で紹介した鵞口瘡や溶連菌感染症ですが、赤ちゃんの舌の色が黄色、茶色になる原因になる場合もあります。

関連ページ

ページ上部へ戻る