menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  8. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  9. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  10. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが耳をさわる、かく、こする、引っ張る原因は病気(中耳炎)?

赤ちゃん 耳 触る かく こする

赤ちゃんの動きやしぐさはとてもかわいいものですが、中には心配になってしまうものもあります。

特に、耳に関するしぐさについては、気になっているお父さんお母さんが少なくありません。

赤ちゃんは、よく手で耳を触りますが、ただ触るだけではなくて、かく、こする、引っ張る、かきむしるなど、気になる触り方をすることも多いものです。

時々なら「かわいいね!」で済みますが、頻繁に触っていたり、止めても親の手を振り払って触り続けたりすると、「病気なんじゃないか。」、「障害があるのではないか。」と不安になってしまうこともあるでしょう。

このページでは、赤ちゃんが耳を触る(かく、かきむしる、こする、引っ張るなど)原因と、対処法について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが耳を触る原因と対処法:自分の身体の一部だと確認・認識している

生まれたての赤ちゃんは、自分の手足や身体が「自分の一部」だということを認識していません。

日齢・月齢を経るにつれて手や腕を自由に動かせるようになると、身体中をペタペタ触ったり、グイグイ引っ張ったりしながら、頭、髪の毛、おなか、手足など、身体の部位を一つひとつ確認し、「自分の一部」だと認識していきます。

その過程で耳も触り、耳たぶに触れたり、耳の穴に指を突っ込んだり、耳全体をグシャッと掴んだりしながら、耳が自分の一部であることを認識します。

自分の身体の一部だと確認・認識している時の対処法

自分の身体を触って確認・認識することは、赤ちゃんの成長発達に欠かせないことなので、自由に、思う存分させてあげましょう。

力任せに耳を引っ張ったり、握りつぶしたりする赤ちゃんもおり、初めて見た時はショックを受けるかもしれませんが、自分の身体だと認識した後は自然に落ち着いていくものなので、見守ってあげてください。

赤ちゃんが耳を触る原因:クセになっている

赤ちゃんは、向きグセ、髪を引っ張るクセ、足を口の中に入れるクセなど、たくさんクセを持っています。

耳を触るのも、こうしたクセの一種の可能性があります。

例えば、偶然、指が耳の中に入った時の感触が気に入った、耳全体を手で覆った時の聞こえ方が新鮮だった、耳たぶの触り心地が良かったなどの理由で、同じ動作を何度も繰り返すうちにクセになるのです。

クセになっている時の対処法

赤ちゃんのクセは、短期間のうちに自然に解消するものが多いので、まずは見守ってあげましょう。

血が出るくらいかきむしる、赤くなるくらい引っ張る、耳の中を指でほじくるなどケガのリスクがある場合は、早めに小児科や耳鼻科に相談しましょう。

関連ページ

赤ちゃんが髪の毛を引っ張る、むしる原因は愛情不足やストレス?対処法は?

赤ちゃんが耳を触る原因:耳あかがたまっている

耳あかは、耳の中の古くなった細胞がはがれおち、ホコリやゴミと一緒になって大きくなってできます。

赤ちゃんは、大人よりも新陳代謝が活発な上、横になっている時間が長いので耳にホコリやゴミが入り込みやすいため、すぐに耳あかが溜まります。

しかも、赤ちゃんの耳の穴は大人より小さいので、耳掃除をしようとしても奥の方に溜まった耳あかは見えにくく、見えたとしても家庭ではうまく取り除くことが難しいものです。

耳あかが溜まると、耳の中がかゆくなったり、耳の聞こえが悪くなったりして不快さを感じ、赤ちゃんは耳を触ったり、こすったり、かきむしったりします。

しかし、自力で耳あかを取り除くことはできないので、不機嫌そうに何度も耳を触り続けます。

お風呂上りや寝起きなど体温が高くなっている時を中心に耳を触っている場合は、耳あかが原因の可能性が高いでしょう。

耳あかが溜まっている時の対処法

赤ちゃんの耳あかは、見えにくいところに溜まりやすく、無理に取り除こうとすると耳の中の粘膜を傷つけるリスクがあるので、耳鼻科で専門の器具を使って掃除してもらいましょう。

耳鼻科では、看護師が赤ちゃんの手や身体をしっかり押さえている間に、医師が赤ちゃん用の器具で耳掃除をしてくれます。

嫌がって泣き出す赤ちゃんもいますが、ごく短時間で終わるので負担は少なくて済みます。

スポンサーリンク

赤ちゃんが耳を触る原因:耳掃除をし過ぎている

「お風呂上りには綿棒で耳掃除をしてあげる」というのは、育児の定番になっています。

まじめなお父さんお母さんほど、耳あかや水分をしっかり取り除こうとして、念入りに綿棒で耳の中を掃除してあげるものです。

しかし、赤ちゃんにとって、耳の中を刺激されることはとても新鮮で、違和感を覚えるものなので、耳掃除の後に気になって耳を触ることがあります。

また、赤ちゃんの耳の中はとてもデリケートなので、綿棒による耳掃除でも傷ができることがあり、耳の中に痛みや気持ち悪さを感じて触る赤ちゃんもいます。

耳掃除をし過ぎている時の対処法

耳掃除の後に赤ちゃんが耳を気にするしぐさを見せたら、念のため、耳鼻科を受診させて耳の中を確認してもらいましょう。

また、普段の耳掃除はお風呂上りに水気を取る程度にして、無理をして耳の中まで綿棒を差し入れたり、念入りに耳あかを取ったりするのは控え、耳垢がたまったら耳鼻科で耳掃除してもらうようにすることをおすすめします。

赤ちゃんが耳を触る原因:病気(急性中耳炎、外耳炎など)

赤ちゃんは、耳の中に痛みなどの不快さを感じた時にも耳を触ります。

耳の不快感を引き起こす原因には、耳あかが溜まっている他に急性中耳炎や外耳炎といった病気があります。

病気が原因の場合、耳を触るだけでなく、痛みを感じて激しく泣いたり、頭をブンブン振ったりして不快感を表現するので、比較的見分けはつきやすいでしょう。

  • 急性中耳炎:生後6ヶ月以降の赤ちゃんに起こりやすい、鼓膜の内側にある空間(中耳)に細菌などが感染して炎症を起こした状態
  • 外耳炎:黄色い膿(耳だれ)を主症状とする、外耳道という部位に細菌などが感染して炎症を起こした状態

関連ページ

赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?

病気が原因の時の対処法

すぐに耳鼻科を受診させてください。

放置すると、難聴などの後遺症が残るリスクがあります。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんが耳を触る原因の多くは、身体の確認やクセなど問題のないものですが、中には病気や耳あかの溜まり過ぎなど対処が必要なものもあります。

「耳を触るくらい、どうってことない。」と軽く考えず、赤ちゃんが継続的に耳を触っているようなら、一度、小児科や耳鼻科に相談してみましょう。

ページ上部へ戻る