menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  9. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんと目が合わない、赤ちゃんが目をそらす原因は自閉症や発達障害?

赤ちゃん 目が合わない 目をそらす 目を合わせない 目が合いにくい 発達障害 自閉症

赤ちゃんと目が合わない、赤ちゃんが目をそらす

  • 赤ちゃんの目を見るとフッと目をそらす
  • 離れているときはずっとこちらを見ていたのに、抱っこしたとたんキョロキョロして目を合わせなくなる
  • 赤ちゃんの顔をジッと見つめても全然目が合わない

こうした、赤ちゃんと目が合わない、赤ちゃんが目をそらす・目を合わせないという経験があるお父さんお母さんは少なくありません。

また、自閉症や発達障害の症状に「目をそらす、目を合わせない」というものがあるので、赤ちゃんがあまりに目を合わせてくれないと、心配になってしまうものです。

そこで、このページでは、赤ちゃんと目が合いにくくなる時期、目が合わない原因、自閉症や発達障害との関係について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんと目が合いにくくなる時期

通常、新生児期から生後4ヶ月~5ヶ月頃までは、赤ちゃんの目を見つめるとジッと見つめ返してくれます。

しかし、生後6ヶ月頃を境に赤ちゃんと目が合いにくくなり、目が合うとそらす赤ちゃんが増える傾向があります。

赤ちゃんの視力と見る力

赤ちゃんの視力は月齢とともに良くなり、3歳頃に大人と同じ視力になります。

  • 新生児期:0.02
  • 生後3ヶ月頃:0.04~0.08
  • 生後6ヶ月:0.1~0.2
  • 生後1歳:0.3

また、色を認識する、両目の焦点を合わせる、動くものを追う、奥行きを認識するなど、見る力も、月齢とともにグングン向上していきます。

赤ちゃんは、生後6ヶ月頃に視力が0.1~0.2になり、近くの人の顔を区別したり、物を見分けたりできるようになります。

ただし、まだ遠くの人や物ははっきりとは見えていません。

生後1歳頃になると、視力が0.3くらいになり、ボタンや紙くずなど小さい物パンくずなど小さい物まで見えるようになりますし、空間を立体的に把握できるようになります。

少し遠くの人や物でも区別がつくようになります。

赤ちゃんと目が合わない、赤ちゃんが目をそらす原因

周りに目移りしている

既に紹介したように、赤ちゃんは、月齢とともに視力や見る力が向上し、人や物をはっきりと見ることができるようになります。

生後6ヶ月頃にはお座りできるようになって視界も広がるので、周りの何もかもを新鮮に感じます。

そのため、お父さんお母さんが近くにいても、目に入ったものについつい目移りし、目をそらすのです。

不安を感じている

赤ちゃんは、生後6ヶ月頃になると、顔で人の区別ができるようになります。

見慣れない人にジッと見つめられると緊張して不安を感じ、目をそらしてしまいます。

また、赤ちゃんは、人の顔だけでなく表情もしっかり観察しており、相手の気持ちを敏感に察知します。

見つめているのがお父さんお母さんでも、表情が曇っていたり不機嫌そうだったりすると不安を感じ、目を合わせなくなることがあります。

怒っている、すねている

「寂しくて泣いているのに、すぐ来てくれなかった。」、「お腹がすいているのに、なかなかご飯をくれなかった。」など、思い通りにならないことがあると、怒ったりすねたりして目をそらすことがあります。

赤ちゃんの性格

赤ちゃんの性格は、遺伝や過ごす環境によって一人一人違います。

物怖じせず見つめられると喜ぶ赤ちゃんもいれば、引っ込み思案で見つめられると不安を感じる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんと目が合わない原因は自閉症や発達障害?

自閉症や発達障害と診断された人が、乳児期に「目が合わない、目をそらす」という特徴を示していたというケースは少なくありません。

しかし、自閉症や発達障害は、たくさんの特徴・症状・兆候があり、それらが複数見られる場合に診断されるものです。

「目が合わない、目をそらす」という特徴だけでは診断されることはありまません。

自閉症や発達障害のある赤ちゃんの特徴には、次のようなものがあります。

  • 人見知りしない
  • 後追いしない
  • 一人を嫌がらない
  • 抱っこを嫌がる
  • 名前を呼んでも振り向かない
  • あやしても反応がない
  • 真似をしない
  • 指さししない

「目が合わない、目をそらす」以外に複数の特徴が見られる場合は、小児科に相談してみてもいいでしょう。

ただし、自閉症や発達障害と診断されるのは生後3歳以降で、治療(療育)も診断されてから始めるのが一般的なので、慌てて受診させる必要はありません。

関連ページ

うちの場合

うちの赤ちゃんは、生後7ヶ月頃から突然目を合わせてくれなくなりました。

ベビーサークルにいるときは抱っこして欲しそうにコッチを見ていて、近づくと歓声を上げたり手足をバタバタさせたりして喜ぶのに、抱っこしたとたん顔をそらしました。

私でも妻でも関係なく、抱っこされると落ち着きなくキョロキョロと周囲を見ていました。

当初は、発達障害ではないかと不安になりましたし、嫌われたのではないかと心配にもなりましたが、2ヶ月くらいすると、再び目を合わせてくれるようになったので安心しました。

思い返すと、赤ちゃんが目をそらすのは立って抱っこしているときばかりだったので、高いところからの風景が珍しくて、妻や私より周囲の景色に目を奪われていたように思えます。

ページ上部へ戻る