menu
閉じる
  1. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの呼吸が荒い原因は?息が苦しそう、変、ゼーゼーいう時の対処法は?

赤ちゃん 呼吸が荒い 息苦しそう

赤ちゃんは、「僕、今しんどいよ。」などと言葉で自分の体調を表現することができません。

体調が悪い時でも、寂しい時でも、はたまたおなかが空いた時でも、赤ちゃんは「泣くこと」で表現するので、親は赤ちゃんの赤ちゃんの様子を慎重に観察して、赤ちゃんの体調や欲求を見極める必要があります。

赤ちゃんの呼吸や息は、健康状態を見極める上で大切な要素の一つで、呼吸の荒さや、息苦しそうな様子から、病気や異常に気づくことも珍しくありません。

このページでは、赤ちゃんの呼吸が荒くなる原因と、注意したい症状(息苦しそう、ゼーゼー言うなど)について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの呼吸数

赤ちゃんは、月齢を経るにつれて呼吸数が変化していきます。

新生児期の赤ちゃんの呼吸数は、1分間に40~50回です。

新生児期は代謝が高く、たくさんの酸素を体内に取り入れる必要があります。

しかし、赤ちゃんは、鼻や口が小さい上に胸筋や肺も未熟なので、1度の呼吸で取り入れられる空気の量が限られているため、呼吸数を増やすことで必要な酸素量を確保しているのです。

呼吸数は、乳児期の赤ちゃんは1分間に30~40回、幼児期の子供は20~30回というように、月齢を経て呼吸に関わる器官が発達するにつれて少なくなります。

なお、大人の1分間の呼吸数は18~20回程度です。

赤ちゃんの呼吸が荒いと言える回数は?

赤ちゃんの1分間の呼吸数は大人の約2.5倍で、何も問題がなくても荒いように思えることがあります。

赤ちゃんの呼吸が荒いと言えるのは、新生児期なら1分間の呼吸数が60回を超える場合、乳児期(生後1ヶ月~11ヶ月)なら1分間に50~55回を超える場合と考えるのが一般的です。

なお、泣いた後や授乳後、身体を動かした後、鼻が詰まっている時などは呼吸が荒くなり、一方で睡眠中は呼吸数が減りますが、一時的なものなので心配する必要はありません。

赤ちゃんの呼吸が荒い、赤ちゃんが息苦しそうにする原因

赤ちゃんは、大人に比べるとうまく呼吸ができず、口と鼻の両方で呼吸して何とか必要な空気を取り入れています。

そのため、例えば、風邪をひいて少し鼻が詰まるだけでも呼吸が荒くなり、息苦しそうにします。

子供や大人に比べると体力が少ないので、少し体を動かしただけでもすぐ息が上がってしまいます。

低月齢の頃なら、少し手足を動かしただけでも呼吸数が急激に上がってグッタリするものです。

また、興奮した時、おなかが空いてご機嫌斜めになった時、授乳中、泣いた後なども、呼吸が荒くなる傾向があります。

このように、赤ちゃんの呼吸が荒くなるのは珍しいことではなく、他に目立った症状がなければ心配する必要はありません。

注意したい呼吸の荒さ(息苦しそう、呼吸の方法がいつもと違って変、ゼーゼーいう)

赤ちゃんの呼吸が荒いだけでなく、次のような症状が見られる場合は、病気や呼吸障害のリスクがあります。

  • 呼吸する度に肋骨の下が凹む
  • チアノーゼ(唇や手足の先が紫に変色する)
  • ずっと息苦しそうにしている
  • 激しくせきこむ
  • 息がゼーゼー鳴る
  • 呼吸の方法がいつもと違う

いずれの症状も、放置すると赤ちゃんの命に関わる重い症状を引き起こすリスクが高いので、気が付いたらすぐ小児科を受診させましょう。

また、赤ちゃんが意識障害やけいれんを起こしている場合は、すぐ119してください。

呼吸する度に肋骨の下が凹む

呼吸する度に肋骨の下が凹むというのは、呼吸器異常の代表的な症状の一つです。

特に、肋骨の下が凹む症状に加えて、何もしていない時や寝ている時も呼吸が荒い場合や、乳児期の赤ちゃんの1分間の呼吸数が50~55回(新生児の場合は60回)を超えている場合は、高確率で呼吸器異常が潜んでいます。

チアノーゼ(唇や手足の先が紫に変色する)

赤ちゃんの呼吸が荒く、唇や手足にチアノーゼが見られる場合は、呼吸によって十分な酸素が取り入れられずに酸素不足に陥っていると考えられます。

唇や手足以外にチアノーゼが出た場合はとても危険な状態である可能性が高いので、すぐに119番しましょう。

冬場だと、手袋や靴下で手足が隠れているので気づきにくいものですが、こまめに確認することが大切です。

ずっと息苦しそうにしている

息苦しさが一時的なものであれば心配はいりません。

しかし、ずっと続く場合は何らかの異常生じているリスクがあるので、念のため受診させてあげましょう。

特に、寝ている時も息苦しそうにしていたり、タンが喉に詰まって起きたりする場合は、呼吸困難に陥るリスクがあるので、すぐに病院へ連れていくことをおすすめします。

激しくせきこむ

赤ちゃんの呼吸が荒く、前触れなく激しくせきこむことがある場合は、誤飲とタンが喉に詰まっている可能性が考えられます。

いずれの場合も、誤飲した物やタンが喉や気管を塞ぎ、息苦しくなって激しくせきこみます。

うまく吐き出すことができれば問題ないのですが、喉や気管を塞ぎ続けている場合は、医師に取り除いてもらう必要があります。

息がゼーゼー鳴る

赤ちゃんが息をする度にゼーゼー鳴る場合、小児喘息にかかっている可能性があります。

小児喘息は幼児期以降の病気だと思っている親は少なくありませんが、新生児期~乳児期の赤ちゃんでも発症しますし、身体の成長発達が未熟な分、重症化しやすい傾向があります。

夜間に呼吸の荒さや息苦しそうな様子が見られ、息がゼーゼー鳴るようであれば、小児喘息の可能性が高いと言えます。

呼吸の方法がいつも違う

呼吸が荒い以外に目立った症状はなくても、お父さんお母さんが違和感を感じたら、念のため受診させることをおすすめします。

通常、赤ちゃんにもっとも接している親が感じた違和感は、目に見える症状よりも赤ちゃんの状態を正しくとらえている可能性があるからです。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの呼吸が荒い原因、注意が必要な呼吸の荒さについて紹介しました。

呼吸が荒いだけなら、通常は家庭で様子を見ることで足りるでしょう。

しかし、息苦しそうにしている、息をする度にゼーゼー鳴る、激しくせきこむなどの症状を伴う場合は、病気や異常が潜んでいるリスクがあるため、すぐに受診させてあげましょう。

また、目立った症状は見当たらなくても、親として赤ちゃんの様子に違和感を感じた時は、「気のせい」だと思わず、自身の感覚を信じて念のため受診させることをおすすめします。

ページ上部へ戻る