menu
閉じる
  1. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  4. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  9. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  10. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの歯ぎしりは何ヶ月から?原因はストレス?受け口になる?

赤ちゃん 歯ぎしり

主な原因はストレスと言われる歯ぎしり。

「ギシギシ」という独特の不快な音に加え、歯や顎へのダメージ、頭痛や肩こりにも繋がるため、歯ぎしりに悩む人は少なくありません。

実は歯ぎしりは、大人だけではなく、乳児期の赤ちゃんにも見られることがあります。

「赤ちゃんなのにストレス?」と思うかもしれませんが、乳児期の歯ぎしりの原因は大人のものとは違うことが分かっています。

このページでは、乳児期の赤ちゃんの歯ぎしりの原因、歯ぎしりを始める時期、歯ぎしりに関する不安・疑問と病院へ行く目安について紹介しています。

赤ちゃんが歯ぎしりする原因

赤ちゃんが歯ぎしりする主な原因は、次の3つです。

  • 生えてきた歯で嚙み合わせを確認している
  • 歯がかゆい
  • あごの筋肉を鍛え、噛む力を付けている

生えてきた歯で噛み合わせを確認している(噛み合わせの練習)

「何でも初めてだらけ」の赤ちゃんにとっては、歯が生えるのももちろん「初めて」のことです。

そのため、歯に慣れるまでは、無意識に歯を舌で触ってみたり、噛み合わせを試してみたり、歯の形・硬さ・動きなどを自分なりに確認・観察しようとします。

実は、歯ぎしりもこの確認作業の一つとして行うことがあります。

歯がかゆい

「赤ちゃんがオモチャなどを噛むのは、歯が生え始めて口の中がむずがゆいから。」と言われることがあります。

特に、歯の生え始める時期はむずがゆさが強まることが多く、赤ちゃんは、むずがゆさを解消するために歯ぎしりすることがあります。

この場合の歯ぎしりは、いわゆる「歯ぐずり」の一緒と考えて良いでしょう。

関連ページ

あごの筋肉を鍛え、噛む力を付けようとしている

赤ちゃんの歯ぎしりは、噛み合わせの練習という意味合いもあります。

赤ちゃんは、歯ぎしりを繰り返すことであごの筋肉を鍛え、噛む力をつけようとしているのです。

赤ちゃんの歯ぎしりはいつから?歯の生え方との関係

通常、赤ちゃんは、上下の乳歯が生え始めた頃から歯ぎしりを始めます。

ここでは、赤ちゃんの歯が生え始める時期と生え方、歯ぎしりの関係について確認します。

なお、赤ちゃんの歯の生える時期には個人差があり、生後3ヶ月頃に前歯が生え出す赤ちゃんもいれば、最初の1本が生え始めたのが1歳を過ぎてからという赤ちゃんもいます。

歯ぎしりの時期も、歯が生える時期や生え方によって変わってくるものなので、あくまで目安と考えてください。

生後6ヶ月頃~

下の前歯2本が先に生え始めます。

この頃から歯ぎしりを始める赤ちゃんもいます。

生後9ヶ月頃~

上の前歯2本が生え始め、上下合わせて4本の歯になります。

多くの赤ちゃんが歯ぎしりを始めるのはこの時期です。

赤ちゃんは、上下の噛み合わせに興味を持ち、歯ぎしりで音を出したり、手で歯を触ったりします。

お父さんお母さんが、「もしかして受け口になっているのでは。」と気になり出すのもこの頃が多いでしょう。

生後11ヶ月頃~1歳

上下の前歯が2本ずつ生えて、上下4本ずつ、合計8本の歯が生える頃です。

歯ぎしりの音も大きくなり、赤ちゃん自身がその音や感触に興味津々。

昼夜関係なく頻繁に歯ぎしりをすることもあります。

関連ページ

赤ちゃんの歯ぎしりは、いつまで続くの?

赤ちゃんの歯ぎしりは、歯の生え始めに起きることが多く、乳歯の本数が増えるにつれて少なくなっていく傾向があります。

歯ぎしりがどれくらい続いたら病院に行くべき?

生後1歳半~2歳頃が一つの目安になります。

この時期は、乳歯が生えそろい、あごの力も向上するので、歯がすり減るリスクも出てくるからです。

定期的に小児歯科へ行って歯の検診を受けておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

歯ぎしりに対する心配

赤ちゃんが歯ぎしりすると、親としては心配になってしまうものです。

そこで、よくある心配に対する答えをまとめました。

せっかく生え始めた歯が擦り減らない?

乳児期の赤ちゃんは、あごの力が未熟で、生えてくる歯の本数も少ないため、歯ぎしりによって歯が擦り減ったり、歯並びに影響が出たりすることはほとんどないと考えられています。

「赤ちゃんの歯がすり減っているかもしれない。」と心配になった場合は、小児歯科に相談してみましょう。

受け口にならない?

赤ちゃんが歯ぎしりすると、親としては気になって口の中を頻繁に見てしまいがちです。

そして、前歯の上下の噛み合わせが悪く、いわゆる「受け口」になっているように感じてしまうことも少なくありません。

しかし、一時的に受け口のようになっていても、奥歯まで生えそろう頃にはキレイな噛み合わせになっていることが多いものです。

あせらず、生えそろうのを見守ってあげましょう。

3歳前後からの歯ぎしりはストレスが原因?

歯が生え揃った後の歯ぎしりは、大人の場合と同じようにストレスが原因になっている可能性があります。

例えば、幼稚園や保育園への入園、引っ越し、下の子が生まれた時など、環境の変化がストレスになり歯ぎしりが始まったという子も少なくありません。

子供のストレスの多くは、親子関係や環境の変化によるものなので、親がスキンシップやコミュニケーションを積極的に取り、子供の様子を注意深く観察して対応してあげましょう。

スポンサーリンク

歯ぎしりを軽減させるには?

歯ぎしりが成長段階での生理現象だと頭では分かっていても、どうしても気になってしまうこともあるでしょう。

歯ぎしりを無理に止める必要はありませんが、気になる場合は、次の方法を試してみましょう。

  • 歯がためを与えてみる
  • 他のことに興味を示すよう誘導してみる
  • 一度小児歯科で相談してみる

歯がためには、硬さや形などの異なる商品が多数あるので、赤ちゃんに合うものを探してみましょう。

いくつかの歯固めを購入し、飽きさせないように使いまわすのもおすすめです。

また、歯ぎしりを心配しすぎてストレスになるようなら、早めに小児歯科の受診や地域の保健婦などに相談してみましょう。

関連ページ


スポンサーリンク

まとめ

子どもの成長に個人差や個性はつきものです。

後になって振り返ると、「心配するほどのことではなかった。」と、笑い話になることがたくさんあります。

あまり神経質にならずに、赤ちゃんの成長を楽しみながらゆっくり見守っていけるようにしましょう。

ページ上部へ戻る