menu
閉じる
  1. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  5. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  6. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  7. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  8. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  9. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い時の寝冷え対策は?春夏秋冬で違う?

赤ちゃん 布団 蹴る 寝相 寝冷え

寝冷えしないようにかけ布団をかけているのに、赤ちゃんが布団を蹴って足を出すことはありませんか?

赤ちゃんが腕を布団から出したり、寝返りして布団からはみ出したりすることはどうですか?

親としては、赤ちゃんが寝冷えして風邪をひいたりおなかを壊したりしないよう気を使います。

特に、夜の冷え込みが厳しい冬には、他の季節以上に赤ちゃんの寝冷えに気を使っているのではないでしょうか。

しかし、いくら布団をかけてあげても、赤ちゃんは、足で布団を蹴ったり、寝返りをうって布団からはみ出たりします。

中には、布団をかけるとぐずり出し、泣きながら布団を蹴り飛ばす赤ちゃんもいますし、そういう赤ちゃんほど寝冷えで体調を崩しやすいので、親としては対応に困ってしまうでしょう。

そこで、このページでは、赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い原因と、赤ちゃんの寝冷え対策について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い原因

まず、赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い原因を見ていきましょう。

  • レム睡眠の割合が多く、周期が早い
  • 暑い
  • 苦しい

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い原因:レム睡眠の割合が多く、周期が早い

赤ちゃんが布団を蹴ったり寝返りを繰り返したりと寝相が悪いのは、赤ちゃんの睡眠と関係があります。

人の眠りは、レム睡眠とノンレム睡眠の2つが繰り返されることで成り立っています。

レム睡眠とは

レム睡眠とは、「身体は寝ていて、脳(大脳皮質)は起きている」、浅い眠りの状態です。

レム睡眠中は、骨格筋が緩んで筋肉疲労が回復するので、身体を休ませる睡眠とも言われています。

一方で、脳(大脳皮質)は機能しており、赤ちゃんが起きている時に得た経験や情報を整理し、記憶として固定させています。

赤ちゃんが寝返り、布団を足で蹴る、夜泣き、寝言、手足バタバタを繰り返したり、ちょっとした物音で目を覚ましたりするのもレム睡眠中です。

ノンレム睡眠とは

ノンレム睡眠とは、「身体も脳も寝ている(大脳皮質の活動が低下している)」状態で、深い眠りの状態です。

ノンレム睡眠中は、脳(大脳皮質)の活動が低下しているため、脳を休ませる睡眠とも言われています。

成長ホルモンをはじめ、赤ちゃんの成長に不可欠なホルモンが分泌されていますし、ストレスも解消されているという指摘もあります。

レム睡眠の割合が多く、周期が早い

大人の場合は、一度の睡眠全体に占めるレム睡眠の割合は20%前後、レム睡眠とノンレム睡眠が約90分間隔で繰り返されます。

一方で、生まれたての赤ちゃんの場合は、一度の睡眠全体に占めるレム睡眠の割合は50%前後、レム睡眠とノンレム睡眠が約40~60分間隔で繰り返されます。

つまり、赤ちゃんは、大人に比べて、睡眠全体に占めるレム睡眠の割合が多い上に、レム睡眠とノンレム睡眠がコロコロ入れ替わるため、寝相が悪くなるのです。

なお、睡眠の周期は、月齢を経るにつれて大人に近づいていくことが分かっており、大まかな目安は次のとおりです。

  • 新生児~生後2歳:40~60分
  • 生後2~5歳:60~80分(2歳頃には、脳波でレム睡眠とノンレム睡眠がはっきり区別できる)
  • 生後5~10歳:90分

関連ページ

赤ちゃんの寝相がひどい!ばんざい、えびぞり、うつ伏せの対策は必要?

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い原因:暑い

赤ちゃんは、大人や子供に比べて体温が高く、汗もたくさんかきます。

特に、眠る時は、深部体温を下げるために体の表面に熱を放出し、手足を中心に表面の体温が上昇します。

その結果、赤ちゃんは身体の暑さを感じ、布団を足で蹴ったり、寝返りを繰り返したりして身体の表面の熱を放出し、体温調節を試みるのです。

深部体温を下げる理由は、2つあります。

  • 脳の温度を下げて、脳を休ませる
  • 成長ホルモンの分泌を促す

脳の温度を下げて、脳を休ませる

深部体温が下がると、脳温も下がって脳の活動が低下し、脳の活動が低下するとぐっすり眠ることができます。

成長ホルモンの分泌を促す

成長ホルモンとは、脳下垂体前葉から分泌されるホルモンの一種で、赤ちゃんの成長を促す大切なホルモンです。

成長ホルモンは、身体の深部体温が低いほど分泌量が増え、起床時より就寝時の方が分泌量が多いという特徴があります。

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い原因:苦しい

大人にとっては何てことない重さのかけ布団でも、身体が小さい赤ちゃんにとっては負担になり、重苦しさを感じることがあります。

また、かけ布団によって動きが制限されることで不安を感じることもあります。

その結果、身体を思い通りに動かそうと手足をバタバタさせたり、神経質に寝返りをうったりします。

スポンサーリンク

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い時の寝冷え対策

赤ちゃんが布団を蹴ったり、寝相が悪かったりするのは、睡眠の質によるものや、体温調節をしているためです。

そのため、布団を蹴る、寝相が悪いこと自体への対策は必要なく、むしろ自由に動き回らせてあげましょう。

ただし、寝冷えをして体調を崩すといけないので、寝冷えしないための対策はきちんとしておく必要があります。

  • 服を着せすぎない
  • 通気性・吸汗性の高い衣類と寝具を使う
  • 手袋、靴下、帽子は使わない
  • 布団をかけすぎない
  • 寝室の室温・湿度を管理する
  • 入浴から就寝まで時間を空ける

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い時の寝冷え対策:服を着せすぎない

赤ちゃんが暑がりなのは分かっていても、寝冷えが心配でつい多めに服を着せていませんか?

心配になる気持ちは分かりますが、赤ちゃんに着せる服の枚数は、「大人が着ている枚数-1枚」が基本です。

寝ている赤ちゃんの頬が赤くなっている、首筋や背中に汗をかいているといった場合は、1枚脱がせてあげましょう。

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い時の寝冷え対策:通気性・吸汗性の高い衣類と寝具を使う

赤ちゃんのパジャマや下着は、通気性と吸汗性を重視して選びましょう。

冬場だと、つい暖かい素材(通気性の良くない素材)のパジャマや下着を選んでしまいがちですが、寝ているうちにかいた汗が冷えて寝冷えの原因になってしまいます。

寝具も同様です。

冬場だと、大人用の毛布やボアシーツを使いたくなりますが、身体が蒸れて気持ち悪さを感じやすいものです。

まずは、通気性・吸汗性に優れたタオルケットをかぶせ、赤ちゃんが寒そうにしていたら、タオルケットの上に毛布などをかけてあげましょう。

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い時の寝冷え対策:手袋、靴下、帽子は使わない

赤ちゃんは、手や足から熱を放出することで体温を調節し、ぐっすり眠りやすい身体の環境を整えています。

「赤ちゃんが布団から手足を出していて寒そうだ。」と心配になり、手袋や靴下を準備するお父さんお母さんはとても多いものですが、赤ちゃんの体温調節を妨げることになりますし、汗で手足が蒸れる気持ち悪さを感じて起きてしまうこともあるので、止めておきましょう。

また、紙が薄い赤ちゃんの場合、「頭が寒そう」という理由で帽子をかぶせる親もいますが、これも手袋や靴下と同じ理由で好ましくありません。

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い時の寝冷え対策:布団をかけすぎない

布団をかけすぎると、たくさん汗をかいて寝冷えの原因になることがあります。

赤ちゃんの頬が赤くなっていたり、首筋や背中に汗をかいたりしていたら、薄めのかけ布団に変えてあげましょう。

赤ちゃんが手足をかけ布団から出しているのは体温調節のためなので、むりに布団の中に戻さないようにしてください。

ただし、おなかが丸出しになっていると寝冷えしてしまうので、おなかにはきちんと布団をかぶせてあげます。

また、大人用のかけ布団をかぶっている赤ちゃんが寝苦しそうにしていたら、重さや厚さが負担になっている可能性があるので、赤ちゃん用のかけ布団か、タオルケットなど軽くて薄いものに変えてみましょう。

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い時の寝冷え対策:寝室の室温・湿度を管理する

赤ちゃんが過ごしやすい室温・湿度は、次のとおりです。

  • 夏場:室温は25~27℃、湿度は50~60%
  • 冬場:室温は22~25℃、湿度は60~70%

服と同じで、つい室温を高めに設定しがちなので注意しましょう。

部屋が暖か過ぎると寝つきが悪くなりますし、たくさん汗をかいて寝冷えのリスクも高くなってしまいます。

赤ちゃんの寝室は、プレイルーム(赤ちゃんが日中に遊んでいる部屋)よりも1~2℃低く設定すると良いでしょう。

冷房や暖房を使用する場合は、赤ちゃんが寝室に入るまでにしておき、赤ちゃんを寝かしつける時や就寝中は切っておきましょう。

赤ちゃんが布団を蹴る、寝相が悪い時の寝冷え対策:入浴から就寝まで時間を空ける

寝かしつける直前に赤ちゃんをお風呂に入れると、体温が高くなるのでなかなか寝付いてくれなくなりますし、いつもより汗をたくさんかいて寝冷えのリスクも高まります。

入浴から就寝までは1~2時間程度は空けるようにし、寝かしつけまでに髪の毛は乾かしておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの寝相の悪さは親の心配の種ですが、寝相の悪さ自体は健康に成長している証なので過度に心配する必要はありません。

一方で、寝相の悪さから寝冷えして体調を崩すリスクはあるので、寝冷え対策をキチンとしておくことはとても大切です。

ページ上部へ戻る