menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  5. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  6. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  7. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
閉じる

乳児期の子育て

大泉門の位置と閉鎖時期は?閉じない、陥没、膨隆の原因は?

大泉門 新生児 閉鎖

大泉門とは

赤ちゃん 大泉門

ひたいの上あたりにある、骨と骨の継ぎ目を大泉門といいます。

赤ちゃんのおでこの真ん中を指でなぞっていくと、髪の生え際より少し上の位置に、ぷくっと膨らみ、ペコペコした感触のひし形の場所があります。

ここが大泉門です。

大きさは個人差がありますが、数cmくらいです。

ヒトの頭蓋骨は、いくつかの骨に分かれており、成長するにつれてそれぞれの骨が重なり合っていくのですが、赤ちゃんのころはまだ骨の継ぎ目にすきま(大泉門)が残っています。

「頭蓋骨で覆われているはずなのにペコペコする。」とビックリするかもしれませんが、大泉門は健康な赤ちゃんならみんなあるので、心配する必要はありません。

大泉門をじっと見ていると、どくんどくんと動く(拍動)のが見えます。

なお、後頭部にも三角形の隙間があり、こちらは小泉門といいます。

スポンサーリンク

頭蓋骨がいくつかの骨に分かれている理由

赤ちゃん 大泉門 頭 凹み

頭蓋骨がいくつかの骨に分かれているのには、2つの理由があります。

産道を通り抜けやすくする

1つめは、分娩時に産道を通り抜けやすくするためです。

経膣分娩の場合に赤ちゃんが通る産道は、とても狭く、赤ちゃんの頭でもそのままでは通り抜けることができません。

そのため、分娩時には、頭蓋骨の骨を重ね合わせて頭のサイズを小さくし、産道を通り抜けます。

脳と一緒に大きくなるため

もう1つは、赤ちゃんの脳が発達して大きくなる余地を残しておくためです。

赤ちゃんの脳は、赤ちゃんの成長に伴って大きくなるので、頭蓋骨も脳と一緒に大きくなれるように、頭蓋骨は一枚ではなくいくつかの骨が合わさっているのです。

もしも、頭蓋骨が1枚の骨だったら、赤ちゃんの脳は頭蓋骨の中に押し込められ、大きくなることができません。

スポンサーリンク

大泉門はいつ閉じる(閉鎖の時期)

赤ちゃん 大泉門 閉鎖 時期

大泉門は、新生児のころから徐々に増大していきます。

「大泉門がいつまでも閉じない」、「それどころか増大していく」と不安になるお父さんお母さんは少なくありませんが、増大していくのが通常です。

大泉門は、生後10ヶ月前後から縮小しはじめ、生後10ヶ月~1歳2,3ヶ月ころになると、触れても分からなくなります。

個人差はありますが、2歳前後になると完全に閉鎖します。

なお、小泉門は、生後1ヶ月ころには閉鎖します。

新生児の大泉門に強い刺激は厳禁

新生児 大泉門 ぶつけた

大泉門や小泉門は骨と骨のすきまです。

そのため、頭の他の部分に比べて弱いことは間違いありません。

特に、新生児期から生後数ヶ月間の大泉門は柔らかく、外からの衝撃や打撃には十分気をつける必要があります。

頭に乳児脂肪冠ができている場合、ガーゼを挟んだブラシで髪をとくことがありますが、大泉門付近は触れないようにしておきましょう。

ただし、指で触ったり、沐浴の際にさすったりする程度であれば問題はないので、普段の生活で過度にかばう必要はありません。

関連ページ

大泉門をぶつけたら

赤ちゃん 大泉門 ぶつけた 凹み

大泉門やその付近をぶつけた場合は、まず、ぶつけたところの腫れの有無、熱を帯びているかどうかを確認します。

内出血している場合は大泉門が膨らむので、すぐに病院を受診してください。

すぐに症状が出ないこともあるので、ぶつけてから24時間は、お父さんお母さんが交代で赤ちゃんの様子を確認しましょう。

ぶつけた当日の入浴は控えます。

なお、ぶつけてすぐに大泣きした場合は、深刻な問題はないことがほとんどです。

一方で、ぶつけたときに赤ちゃんが泣かなかったり、気絶したりした場合は、要注意です。

すぐに小児科もしくは脳神経外科に連絡して対応を相談してください。

関連ページ

スポンサーリンク

大泉門の異常

赤ちゃん 大泉門 膨隆 膨らみ

大泉門が閉じない

2歳を過ぎても大泉門がはっきり残っている場合は、骨の病気(くる病など)、染色体の異常、甲状腺機能低下症などの可能性があります。

ただし、大泉門が閉じる時期は個人差が大きいので、定期健診で指摘されず、頭囲と体重・身長のバランスがとれている場合は心配いりません。

なお、アペール症候群の場合も、大泉門の閉じる時期が遅くなることがあります。

関連ページ

大泉門が閉じている

狭頭症や小頭症を抱えて生まれた赤ちゃんは、生まれたときから大泉門が閉じていたり、通常よりも早く大泉門が閉じたりします。

大泉門が閉じない場合と同様、定期健診で指摘されない場合は、心配する必要はありません。

関連ページ

大泉門が膨隆している(膨らみ)

大専門が膨隆している場合、発熱、頭蓋内圧の亢進、脳腫瘍、脳炎、髄膜炎、水頭症といった病気の可能性があります。

水頭症など脳の病気の場合、放置すると深刻な後遺症や障害が残ることがあるので、大泉門がふくらんでいると感じたら、早めに小児科を受診しましょう。

関連ページ

大泉門が陥没している(へこみ)

大泉門のへこんでいる場合、脱水や栄養状態の不良の疑いがあります。

脱水を起こしている場合、放置すると赤ちゃんが重篤な状態に陥る可能性があるため、早急に小児科を受診してください。

ページ上部へ戻る