menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  2. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  3. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  6. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  10. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?

赤ちゃん 後追い いつから いつまで 酷い しない 自閉症

「赤ちゃんが四六時中ついて来るので家事ができない。」、「危なくて目が離せない。」と悩むお父さんお母さんは多いものです。

いわゆる後追いと言われる行動です。

余裕がある時はかわいいものですが、忙しい時はつい感情的に怒ってしまったり、放っておいて赤ちゃんが怪我をしてしまったりすることも珍しくありません。

原因が分からず、病気や心の異常を疑って不安になってしまうお父さんお母さんもいます。

そこで、このページでは、赤ちゃんの後追いの原因、後追いがいつから始まっていつ終わるか、後追いが酷い時の対処法、後追いがない時の原因について紹介します。

赤ちゃんの後追いとは

赤ちゃん 後追いとは

赤ちゃんの後追いとは、ハイハイや徒歩で、お父さんお母さん(いつも身近にいてお世話している人)の後をついて回ることです。

お父さんお母さんがそばを離れたり姿が見えなくなったりすると、赤ちゃんは、大きな声で泣きながらどこまでも後を追いかけ、それでも見つからないとパニックや癇癪を起こしてしまいます。

抱っこしてあげると落ち着きますが、一人にするとまた後追いするので、お父さんお母さんとしては家事や自分のことができず、イライラしてしまいやすいものです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの後追いの原因

赤ちゃん 後追い 原因

後追いには、親との分離不安や愛着形成が深く影響しています。

父子・母子分離不安

赤ちゃん 後追い 原因

赤ちゃんは、月齢を重ねるにつれて、いつもそばにいるお父さんお母さんのことを大切な存在だと認識します。

そして、お父さんお母さんに対して、「いつも一緒にいてくれる。」、「困ったときはすぐ駆けつけて助けてくれる。」という信頼感や安心感を抱くようになります。

しかし、乳児期の赤ちゃんが安心感を抱いていられるのは、基本的には「お父さんお母さんがそばにいるときだけ」です。

大人であれば、大切な人と離れていても「また会える」ことが分かっているので、さほど不安は感じませんが、赤ちゃんは、「また会える」ことが理解できません。

そのため、お父さんお母さんの姿が見えなくなると、「ずっと会えなくなってしまうのではないか。」という大きな不安を感じてしまいます。

「ちょっと待って。」「すぐ戻るから。」と声をかけても理解できず、大好きなお父さんお母さんとはぐれてしまわないよう必死で後を追いかけるのです。

後追いは親への愛着や運動機能が順調に育まれている証

赤ちゃん 後追い 原因

通常、赤ちゃんが後追いするのは、お父さんお母さんなどいつもそばにいてくれる人だけです。

つまり、後追いは、赤ちゃんが大切な人とそれ以外の人を区別できており、大切な人との愛着が育まれている証と言えます。

また、後追いするにはズリバイ、ハイハイ、歩きを習得している必要があるので、運動機能が順調に発達している証でもあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんが後追いする時期はいつからいつまで(生後○ヶ月)

赤ちゃん 後追い 時期

赤ちゃんは、生まれてすぐ後追いするわけではありません。

親子でたくさん一緒に過ごし、親からたくさん面倒を見てもらう中で、親への信頼感や愛着が芽生えて初めて、後追いをするものです。

後追いの時期はいつから

赤ちゃん 後追い いつから

赤ちゃんが後追いするには、①大切な人とそれ以外の人の区別がつき(人見知り)、②後を追いかけるだけの運動機能が発達している(ズリバイやハイハイなど)必要があります。

人見知りが始まるのは生後6ヶ月~生後7ヶ月頃

赤ちゃんが人見知りを始めるのは、個人差はありますが、生後6ヶ月~生後7ヶ月頃が一般的です。

視力が向上して顔で人を区別できるようになり、見知らぬ人に好奇心と怖さを感じて葛藤することで人見知りを始めるのです。

同時に、お父さんお母さんがそばにいないことにも強い不安を感じるようになり、後追いの素地ができあがります。

関連ページ

ズリバイやハイハイが始まるのは生後7ヶ月~生後8ヶ月

赤ちゃんがズリバイやハイハイを始めるのは、個人差はありますが、生後7ヶ月~生後8ヶ月が一般的です。

ズリバイやハイハイを始めると、お父さんお母さんのそばにいようと必死に後追いするようになります。

関連ページ

後追いの時期はいつまで

赤ちゃん 後追い いつまで

後追いが最も多くて激しいのは、生後9ヶ月から生後1歳頃までです。

その後は、「お父さんお母さんは、そばにいなくても自分のことを大切に思ってくれている。」「すぐ戻ってきてくれる。」ということを少しずつ理解できるようになり、個人差はありますが、1歳半頃には後追いが落ち着いていきます。

次のページでは、後追いがひどいときの対策と、後追いしない原因について紹介しています。

赤ちゃんの後追いの対策

赤ちゃん 後追い 対策

赤ちゃんが後を追ってくるのはとても可愛いものですが、四六時中後追いされると家事に支障が出ますし、危ない行動をしてケガをするリスクも高くなります。

そこで、赤ちゃんの後追い対策についても触れておきます。

赤ちゃんから見える範囲にいる

赤ちゃん 後追い 対策

赤ちゃんは、お父さんお母さんがそばにいなくても、姿が見えれば落ち着いくことがあります。

ドアやふすまを開けておき、なるべく赤ちゃんの視界の範囲内にいてあげましょう。

洗濯機の操作、部屋や風呂の掃除など、どうしても赤ちゃんから見えない場所に行く必要がある場合は、赤ちゃんが寝ている時や機嫌が良い時、何かに夢中になっている時を見計らいます。

赤ちゃんに声をかける

赤ちゃん 後追い 対策

赤ちゃんに声をかけることも効果的です。

そばを離れる前に「ちょっと待ってね。」「すぐ戻るからね。」と声をかけ、離れている時も「もうちょっとだよ」「良い子だねえ」と声をかけてあげましょう。

赤ちゃんは、声かけの意味は理解できませんが、「お父さんお母さんの声がする。姿は見えないけど近くにいるんだ!」と思い、少しの間なら待ってくれることがあります。

離れる前の声掛けを続けていると、赤ちゃんは「あ、またいなくなるんだな。でもすぐ帰ってくるし大丈夫だ。」ということを学習し、少しずつ一人で待っていられるようになります。

おもちゃを活用する

赤ちゃん 後追い 対策

赤ちゃんが好きなおもちゃを渡しておくと、少しの間ならおもちゃに夢中になっていてくれます。

最近は、スマホをおもちゃがわりに渡す家庭が増えています。

しかし、スマホをおもちゃがわりにすると、赤ちゃんがスマホに依存する、言葉や情緒の発達が遅れる、視力が低下する、電磁波の影響を受けるなどたくさんの悪影響が出るので、おすすめはできません。

関連ページ

後追いが酷いときは抱っこひもを活用する

赤ちゃん 後追い 対策

後追いが酷い時期の赤ちゃんは、少しでもそばを離れると断末魔のような声をあげて泣きますし、泣き叫びながら後をついてきます。

気になって家事が手につかないことや、イライラすることも多いでしょう。

そんなときは、抱っこひもで赤ちゃんをおんぶしてあげましょう。

赤ちゃんは、お父さんお母さんと一緒にいられることで落ち着きますし、お父さんお母さんも、少し体はきついですが、落ち着いて家事や用事に取り組めます。

赤ちゃんが後追いしない場合

後追いしない 赤ちゃん

赤ちゃんは、程度の差はあっても、大切な人を後追いするのが一般的です。

後追いをまったくしない場合は、赤ちゃん自身か家庭環境に問題がある可能性があります。

自閉症や発達障害の可能性

赤ちゃん 後追いしない

後追いをしないだけでなく、次のような症状が見られる場合は、自閉症や発達障害の可能性があります。

  • 人見知りをしない
  • 周囲の人に関心を示さない
  • 発語が遅い(オウム返しが続く)
  • 目線が合わない
  • 指差しをしない
  • 一人遊びが多い
  • 人のまねをしない
  • 逆転バイバイ(手のひらを自分の方に向けてバイバイする)
  • 名前を呼んでも振り向かない
  • 表情が乏しい
  • 落ち着きがない(常にせわしなく動いていて、よく怪我をする)
  • 睡眠時間が短い
  • かんしゃくを起こす
  • こだわり行動(くるくる回る、手のひらを目の前でひらひらさせるといった反復行動、特定の記号や印に注目して突っ込んでいくといった興味の限局、道順や配置にこだわる順序固執など)

複数の症状があれば100%自閉症というわけではありませんが、可能性は念頭に置いておき、早めに小児科を受診して相談しておきましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

家庭環境の問題

赤ちゃん 後追いしない

夫婦仲が悪く家庭内が殺伐としている、ネグレクト(育児放棄)や身体的な虐待を受けているなど、家庭環境に問題があると、赤ちゃんは家庭で安心感を抱くことができず、親子の愛着関係や信頼感も育まれません。

危害を加えられているような場合には、後追いしないだけでなく、お父さんお母さんを避けることもあります。

関連ページ

親以外に後追いする

赤ちゃん 後追いしない

大家族の中で親族から可愛がられていたり、おじいちゃんおばあちゃんに育てられたりする場合は、お父さんお母さん以外を後追いすることがあります。

赤ちゃんが後追いするのは、「愛着の対象となっている大切な人」なので、それがお父さんお母さん以外でも問題はありません。

ただし、今後、お父さんお母さんが赤ちゃんを育てる見込みの場合は、早いうちから赤ちゃんとの時間をたくさん持ち、後追いされるくらいの愛着関係を築いておかないと、その後の親子関係に深刻な影響を及ぼすことになります。

ページ上部へ戻る