menu
閉じる
  1. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  2. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  3. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  4. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  5. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  6. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  7. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  8. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  9. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  10. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが紙や絵本を破る!怒らない・叱らないで対処する方法は?

赤ちゃん 破る 紙 絵本

赤ちゃんは、手先が器用になってくると紙を破り始めます。

破って良いものと悪いものの区別がつかず、大切な書類や絵本まで手あたり次第に破りますし、何度注意しても笑顔で繰り返すので、困ってしまうお父さんお母さんが少なくありません。

また、紙や絵本を破るのは、赤ちゃんが正常な成長発達を遂げている証でもあるので、キツク叱りにくいこともあるでしょう。

このページでは、赤ちゃんが紙や絵本を破る時に、怒らない・叱らないで対処する方法について紹介します。

赤ちゃんが紙や絵本を破る時期と破り方

スポンサーリンク


赤ちゃんが紙や絵本を破るようになるのは生後1歳前後からです。

赤ちゃんは、月齢を経るにつれて手先が器用になり、物を掴む、引っ張る、めくる、投げる、つまむといった動作を一つひとつ獲得していく中で、「破る」という動作も覚えます。

赤ちゃんの動作の学習方法は、「繰り返して身につける」が基本なので、破る動作についても繰り返し繰り返し実践する中で上達していきます。

紙を破るには、①両手で紙を持ち、②左右の手首を別の方向にひねって、③左右の手を逆方向に動かすという連続した動作が必要です。

生後1歳前後だと、紙を持つことはできますが、左右の手首を別の方向にひねったり、逆方向に動かしたりするのはまだ難しく、破るというより引きちぎる動作になりがちです。

しかし、紙を引きちぎるのは大人の力でも難しく、赤ちゃんの力ではうまくいかないことがほとんどで、紙がグシャグシャになるだけのことも多いでしょう。

赤ちゃんが紙や絵本を破る理由

親からすると、赤ちゃんが紙や絵本を破るのは「いたずら」以外の何物でもありません。

しかし、赤ちゃんにとっては、手先を器用に使う「遊び=練習・学習」です。

将来、おやつのパッケージを開ける、封筒を開ける、いらない書類を破って捨てる、書類を切り離すなど、日常生活で破る動作を難なくこなせるようになるための練習をしているのです。

チラシでも絵本でも気にせず手あたり次第に破るので、親としてはつい注意してしまいますが、過剰な注意は赤ちゃんのやる気を失わせ、「破る」という新しい動作を覚えるのを遅らせることになってしまいます。

赤ちゃんが紙や絵本を破る時に怒らない・叱らないで対処する方法

そうはいっても、せっかく買ってあげた絵本や大切な書類などを破られてしまうわけにはいきません。

また、破って良いものと悪いものを区別させることは、大きくなった時にやって良いことと悪いことを区別させるための基礎になります。

そのため、赤ちゃんのうちからしっかり教えてあげることが大切です。

言葉で理由を説明する、頭ごなしに怒るは効果がない

保育園や幼稚園では、「子供をしつける時は、言葉で理由を説明しましょう。」と指導されることがあります。

しかし、赤ちゃんは、まだ言葉を覚えていないので、ただ言葉で理由を説明しても効果はありません。

では頭ごなしに怒るとどうでしょう。

怒られた赤ちゃんは、いつもは優しいお父さんお母さんが急に怖くなったことに驚き、強い不安や恐怖を抱きます。

しかし、すごい剣幕で怒鳴られていることは理解できても、怒られている内容は分からないので、結果的に不安や恐怖だけが焼き付き、行動の改善には至りません。

その場で、短い言葉で叱り、抱っこして言い聞かせる

乳児期の赤ちゃんをしつける時は、「その場で、短い言葉で」が基本です。

赤ちゃんが破ってはいけないものを破っているのを見つけたら、その場で、普段より強めの口調で短く注意しましょう。

「ダメ!」、「No!」など、赤ちゃんを注意するための短い単語を決めておくと、とっさの場合に便利ですし、同じ言葉を使うことで、赤ちゃんも「あ、ダメなことをしたんだ。」ということが分かるようになります。

短い言葉で注意したら、今度は赤ちゃんを膝の上に座らせて、どうして破ったらいけないのか言い聞かせてあげましょう。

もちろん、赤ちゃんは言葉を理解できないので、言い聞かせた内容は分かっていません。

しかし、抱っこしてもらうことで強い言葉を受けたショックを和らげることができますし、親が真剣な表情で話しかけるのを見て、何となくでも「悪いことだったんだな。」と理解できるようになっていきます。

破ってはいけない紙や絵本は、赤ちゃんの手の届かないところに置いておく

いくら適切な方法で叱っても、赤ちゃんがすぐ言うことを聞くようになるわけではないので、破ってはいけない紙は赤ちゃんの手の届かないところへ置いておきましょう。

また、絵本も、赤ちゃんが破って良いものと悪いものを理解するまでは、読み聞かせる時以外は高い場所に置いて管理すると良いでしょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの破る力を鍛える方法

赤ちゃんが紙や絵本を破る時の対処法を紹介しましたが、破る動作は、赤ちゃんの手先を器用にするために大切なものです。

そのため、チラシ、読み終えた新聞紙や雑誌など、破っても良い紙を渡してたくさん破らせてあげましょう。

赤ちゃんの破る力を鍛える方法は、次のとおりです。

  • やり方を教える
  • 成功体験を積ませる
  • 切れ目を入れたり、紙をクシャクシャにしたりする

赤ちゃんの破る力を鍛える方法:やり方を教える

まずは、親が紙を破るところを赤ちゃんに見せます。

そして、赤ちゃんが破る動作に興味を示したら、赤ちゃんの両手を持って破る時の動作を教えてあげましょう。

赤ちゃんの破る力を鍛える方法:成功体験を積ませる

赤ちゃんは、どんなことでも上手にできるとやる気になって繰り返します。

そのため、最初は破りやすい紙を渡して成功体験を積ませてあげましょう。

赤ちゃんの破る力を鍛える方法:切れ目を入れたり、紙をクシャクシャにしたりする

赤ちゃんがうまく破れず苦労していたら、切れ目を入れてあげましょう。

切れ目を入れると、硬めの紙でもすんなり破れるようになります。

また、紙をクシャクシャにして折れ目をつける方法も有効です。

この方法なら、赤ちゃんが自分で紙をクシャクシャにして、自分で破ることができるので、最初から最後まで自分でできたという自信をつけることもできます。

スポンサーリンク

まとめ

紙や絵本を破ることは、健常な発達を遂げている赤ちゃんのほとんどが通るものなので、神経質にならずに必要な対処をして様子を見るようにしましょう。

また、破って良いものは積極的に赤ちゃんに手渡し、存分に破らせてあげましょう。

ページ上部へ戻る