menu
閉じる
  1. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  2. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  7. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  8. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  9. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  10. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの追視はいつから(何ヶ月)?練習法は?しないと自閉症や脳梗塞?

赤ちゃん 追視しない 自閉症 脳梗塞

赤ちゃんは、動く物を見ると目で追おうとします。

これが追視です。

追視は、赤ちゃんの成長過程で必ず見られる行動の一つで、追視しない場合は何らかの異常が潜んでいる可能性があります。

このページでは、追視の概要、追視を始める時期、追視の効果と練習法、追視しない原因と対応について紹介します。

赤ちゃんの追視とは

赤ちゃん 追視 いつから

追視とは、動いている人や物を目で追うことです。

実は、赤ちゃんは、生まれた時から追視する能力を持っています。

しかし、生まれたばかりの頃は、視力が低い上に視界も狭く、目から30cm前後の狭い範囲にしか焦点が合わない状態です。

具体的に言うと、視力は約0.01で、視力検査票の一番上の記号もはっきり見えません。

そのため、追視能力をうまく活用することができません。

生後1ヶ月~2ヶ月頃になると、まだまだ頭や首を左右に振ることはできませんが、視力や視界が向上してくるため、目から30cmくらいの位置で物をゆっくり動かすと、目で追えるようになります。

物ではなく、親が顔をや手をゆっくり動かしてみても、同じように追視します。

スポンサーリンク

追視を始める時期

赤ちゃん 追視 何ヶ月

すでに紹介したとおり、赤ちゃんは追視能力を生まれ持っていますが、生まれたての頃はうまく活用できていません。

通常、赤ちゃんが追視を始め、それを大人が確認できるようになるのは、生後1ヶ月~2ヶ月頃です。

遅くても生後3ヶ月頃には確認できます。

1ヶ月健診や3ヶ月健診で医師から追視の有無を確認されるのは、統計上、多くの赤ちゃんに追視が確認できる時期だからです。

首すわりが完成して頭や首を上下左右に動かせるようになると、頭の動きと目の動きを連動させて物を見れるようになり、生後4ヶ月頃には左右の追視が、生後6ヶ月頃には上下の追視ができるようになります。

その後は、少しずつ近くの物や遠くの物、より速く動く物を追視できるようになっていきます。

関連ページ

追視の効果

赤ちゃん 追視 効果

追視は、脳に刺激(情報)を送り、脳の神経回路を発達させます。

また、目から得た情報は、大脳で耳から得た情報と統合されて、運動機能や言語機能の発達にも影響を及ぼします。

関連ページ


スポンサーリンク

赤ちゃんの追視の練習法

赤ちゃん 追視 練習

追視能力は、繰り返し経験を積むほど向上していくものなので、積極的に練習させてあげましょう。

首がすわるまでは、授乳時にお母さんが頭をゆっくり揺らしたり、寝転んでいる赤ちゃんの目の前でおもちゃをゆっくり動かしたりします。

いずれも、赤ちゃんが追視できているかどうかを確認しながら実行し、追視していない場合は距離や速度を調節します。

首すわりが完成すると、赤ちゃんと対面して頭を揺らしたり、ひざの上に乗せておもちゃを動かしたりしてあげましょう。

電車や自動車に注意を向けてあげるのも効果的です。

追視しない原因

赤ちゃん 追視しない 自閉症 脳梗塞

赤ちゃんが追視をしない原因はたくさんあり、中には病気や障害が潜んでいることもあるので注意が必要です。

目から物までの距離が近すぎる、遠すぎる

低月齢の赤ちゃんは、視力が低い上に、ごく限定的な距離や範囲にしか目の焦点を合わせられません。

そのため、目から物までの距離が近すぎる、もしくは遠すぎる場合、うまく追視ができません。

対応法

動かす物の位置を調節してみましょう。

調節しても追視しない場合は、目に異常がある可能性を考え、早めに小児科を受診させましょう。

物の動きが速すぎる

赤ちゃんの目の機能は、大人と同じ状態になるまでに何年もかかります。

乳児期のうちは、ゆっくり動く物をしっかり目で追うのが精一杯で、早すぎると見失ってしまいます。

対応法

物を動かす速度を下げてみましょう。

速度を下げても追視しない場合は、目に異常がある可能性を考え、早めに小児科を受診させましょう。

目の病気や異常

先天性白内障などの病気が原因で目の機能が障害されていて、追視できないこともあります。

病気や目の異常がある場合、追視できないだけでなく、視線が合わない、親の顔を見ない、おもちゃに興味を示さない、音のする方を向かない、斜視があるといった症状が見られることが多いものです。

対応法

放置すると、失明や弱視など日常生活に支障をきたすリスクが残る可能性が高いので、すぐ小児科を受診しましょう。

発達障害や自閉症

発達障害や自閉症の症状の一つに、「目線が合わない」というものがあります。

実際に、自閉症や発達障害のある子供の生活史を振り返ると、赤ちゃんの頃に目線が合わなかったというケースはたくさんあります。

ただし、追視しないからといって自閉症や発達障害と決めつけることはできません。

自閉症や発達障害の場合、人見知り、後追い、指差しをしないといった他の症状が見られるはずです。

対応法

自閉症や発達障害と診断されるのは3歳以降なので、病院を受診させても有効な対応は得にくいでしょう。

小児科に相談しながら、赤ちゃんの特性に応じた関わり方を工夫するようにしましょう。

関連ページ

脳梗塞

脳梗塞を発症して脳の眼球運動を司るエリアが損傷されると、追視ができなくなります。

対応法

乳児期の赤ちゃんの場合、損傷の程度にもよりますが、損傷されていない脳の神経細胞が損傷された機能を補ってくれる可能性があります。

医師の指示に従い、できるだけ早くリハビリを開始して継続することが最善の方法です。

ページ上部へ戻る