menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  3. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  4. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  9. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  10. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの手足バタバタはいつまで?激しい、泣く、寝ない時の対処法は?

手足をバタバタする赤ちゃん

手足をバタバタさせる赤ちゃん

  • 赤ちゃんが手足をバタバタさせる
  • 赤ちゃんが手のひらで床をバンバン叩く
  • 機嫌良く足をバタバタさせていたのに、だんだんぐずりだして足の動きも神経質になる
  • 激しく泣きながら手足をバタバタさせる
  • 手足をバタバタさせてぐずり、寝ない

赤ちゃんを育てていればよく目にする光景ですが、「何かの異常だろうか」と不安を感じてしまうお父さんお母さんは少なくありません。

赤ちゃんがご機嫌ならともかく、機嫌が悪くなってくると、親として心配になるのは自然なことだと思います。

はっきりした原因が書かれた書籍やホームページが少ないことも、不安の一因になっているようです。

しかし、赤ちゃんが手足をバタバタさせるのは、健康に成長している証拠であって異常ではありません。

心配しすぎずに赤ちゃんの様子を落ち着いて確認し、必要な対応をしてあげましょう。

このページでは、赤ちゃんが手足をバタバタさせる原因と対処方法について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが手足を激しくバタバタさせる原因

トレーニングをしている

赤ちゃんは、運動能力をつかさどる中枢神経が未発達です。

そのため、手足を活発に動かすことで中枢神経を活性化させて、体を自由に動かせるようトレーニングしています。

もちろん、赤ちゃん本人は、「今日は腹筋と上腕筋を鍛えるぜ!」なんて意識的にトレーニングしてはいませんが、運動機能の健全な発達を目指して頑張っているのです。

手足をバタバタさせるうちに手足の運動機能が向上し、拍手やバイバイなど手足を器用に動かすための素地が整っていきます。

関連ページ

腕の動き、物の感触、音を楽しんでいる

首、腕、肩、腰、足の筋肉が発達して自分の意思で動かせるようになると、動いている自分の手足に興味を持ち、動かして遊ぶようになります。

手足をバタバタさせたときの風を切る感じ、触れた物の感触、物に触れたときに出る音など、あらゆる刺激が赤ちゃんにとっては新鮮で、興味の向くままに手足をバタバタさせます。

中には、動く手足をジッと見つめたり、足を手でつかんだりして遊ぶ赤ちゃんもいます。

関連ページ

ボディランゲージ(泣く意外の意思表示)

例えば、赤ちゃんが手足をバタバタさせたときに、お父さんお母さんが何らかの対応をすると、赤ちゃんは、「手足をバタバタさせると、お父さんお母さんが興味を持ってくれるぞ。」と学習します。

これを繰り返すことで、赤ちゃんは、泣く以外の方法で自分の意思や要求を周囲に伝える手段として、手足をバタバタさせるようになります。

かまって欲しいときにバタバタ、おなかが空いたときにバタバタ、暑いときにバタバタ。

泣くのと一緒で、手足バタバタに込められた意味合いは赤ちゃん一人ひとり違いますし、同じ赤ちゃんでも気分や環境によって変化します。

お父さんお母さんは、赤ちゃんの手足バタバタを見たら、赤ちゃんが何をして欲しがっているのか考えて対応してあげましょう。

関連ページ

赤ちゃんが手足をバタバタさせて寝ない、泣くときの対処方法

抱っこして落ち着かせる

赤ちゃんは、自分の体力の限界を知らないので、興味関心の向くままに全力で手足を動かし続けて、だんだんと疲れてきます。

疲れてくると気分が悪くなりますが、じっとすれば疲れなくなることが分からないので、ぐずったり泣いたりしながら手足を動かし続け、さらに疲れて気分を悪くしてしまいます。

赤ちゃんがぐずりながら手足をバタバタさせていたら、とにかく一度、抱き上げてあやしてあげましょう。

赤ちゃんは、抱っこしてもらうことで気持ちをリセットでき、少しずつ落ち着いていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの欲求に応える

赤ちゃんが手足をバタバタさせて自己主張している場合は、赤ちゃんの様子をしっかり観察し、何を求めているのかを探りながら欲求を満たしてあげましょう。

赤ちゃんは、次のような場合に手足をバタバタさせることが多いものです。

  • 寂しい(そばにいて欲しい)
  • 抱っこして欲しい
  • 暑い・寒い
  • おなかが空いている
  • 食べ過ぎでおなかが苦しい
  • おむつが気持ち悪い
  • 眠たい
  • おもちゃがない

忙しいときは、まず声をかける

どうしても時間がなくて、すぐ赤ちゃんのそばに行ってあげられないときは、「ここにいるよ。ちょっと待ってね。」「すぐ行くからね。」などと声をかけてあげましょう。

赤ちゃんは、言葉の意味は理解できませんし、より激しく泣くこともありますが、お父さんお母さんがそばにいて、自分に関心を持っていてくれることは分かるので、何も反応がないまま放置されるよりは安心できるものです。

声かけを続けることで、赤ちゃんは少しずつ「あ、お父さんお母さんがいない。でも声が聞こえたから、すぐ来てくれるんだ。」ということを理解できるようになり、「待つ」ことを覚えていきます。

こう書くと、「赤ちゃんがぐずってもすぐ駆けつけない方が良いのか。」思う人がいるかもしれません。

しかし、少なくとも乳児期のうちは、「待つ」ことを覚えさせるよりも、親子間でたくさん触れ合い、愛情をたっぷり注いであげることの方が大切です。

忙しいとき以外はできるだけ早く赤ちゃんのそばに行って安心させてあげましょう。

ページ上部へ戻る