menu
閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  3. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  4. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  7. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  8. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが反る原因は?抱っこ中の背中の反り返りは自閉症か脳性麻痺?

赤ちゃん 反る 原因 自閉症

赤ちゃんは、布団の上で仰向けになっているときや、抱っこされているときなどに、背中をグググッと反り返らせることがあります。

通常、反り返りはほとんどの赤ちゃんにも見られる自然な動作ですが、赤ちゃんが抱っこの度に反り返ったり、常に反り返ったりしていると、親としては「どこか異常があるのではないか。」、「私とのスキンシップを嫌がっているのではないか。」などと、不安になってしまうこともあるでしょう。

また、自然な反り返りに比べると少ないものの、病気(脳性麻痺など)や障害(自閉症など)が原因で赤ちゃんが反り返っていることもあります。

このページでは、赤ちゃんが背中を反る原因と、反り返りを引き起こす病気や障害について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが背中を反る原因

赤ちゃん 反り返り 原因

赤ちゃんは、色々な場面で反り返りますが、その原因は一つではありません。

  • 力の入れ加減がうまくいかない
  • 背中が気持ち悪い
  • 抱っこから抜け出したい

反り返りの原因:力の入れ加減がうまくいかない

赤ちゃんの反り返りの多くは、力の入れ加減がうまくいかないことが原因で起こります。

赤ちゃんは、お母さんのおなかの中で身体を丸めて過ごし、生まれた後は姿勢をまっすぐ保とうとするようになります。

しかし、身体の動かし方に慣れていないうちは、身体をまっすぐ保つために身体のどの部位にどのくらい力を入れれば良いか分かりません。

そのため、必要以上に力んでしまい、身体を思いっきり反り返らせてしまうことがあるのです。

典型的なのが、抱っこされた時です。

寝ている時と違って身体がグラグラするので不安を感じ、身体のバランスをとろうとして全身に力を入れた結果、思いっきり反り返ります。

また、赤ちゃんは、あお向けで寝ている時にも反り返ることがあります。

これは、周囲を気にしたり、気になる物を見つけたりして態勢を変えようとした時に、身体に力を入れすぎてしまうためと考えられています。

反り返りの原因:背中が気持ち悪い

あお向けに寝ている時の反り返りは、暑い、寒いなど、赤ちゃんが背中に気持ち悪さを感じている場合にも見られることがあります。

背中に気持ち悪さを感じている時の反り返りは、とにかく不機嫌そうな様子で神経質に身体を反り返らせているので、比較的気づきやすいでしょう。

まずは抱っこして、赤ちゃんが反り返った原因を探って対処してあげましょう。

対処方法としては、タオルやシーツを取り替える、毛布を敷いたり除けたりするといったことが考えられます。

なお、眠たくて機嫌が悪い時や、浅い眠りのうちに布団に寝かせた時にも、泣きながら背中を反らせることがあります。

いわゆる背中スイッチがオンになった状態なので、抱っこして寝かしつけたり、添い乳を活用したりして対応してあげましょう。

関連ページ

反り返りの原因:抱っこから抜け出したい

赤ちゃんは、かんしゃくを起こしている時や遊んでいる途中で抱っこされると、背中をそらして抱っこから抜け出そうとすることがあります。

これは、力加減や気持ち悪さというよりは、行動を制限されたことへの怒りや不満からくる行動で、「僕(私)にかまわないで!」、「もっと遊びたいの!離して!!」という全身を使った意思表示です。

背中をそらしても抱っこから抜け出せない時は、腕を上に挙げてもぞもぞしたり、身体をねじったりすることもあります。

赤ちゃんが自分の意思をしっかり表現できている証なので、心配する必要はありません。

赤ちゃんの気持ちに共感しつつ、気持ちを落ち着かせてあげることで、反り返りも治まっていきます。

関連ページ

赤ちゃんの反り返りの時期はいつからいつまで

赤ちゃん 反り返り なぜいけない

赤ちゃんは、生まれてすぐに反り返ることはできませんし、いつまでも反り返りを続けるわけでもありません。

赤ちゃんが反り返りを始める時期

赤ちゃんが反り返りを始める時期は、個人差はあるものの、概ね生後2ヶ月から生後3ヶ月頃です。

早い場合は、生後1ヶ月頃から反り返りを始める赤ちゃんもいます。

生後4ヶ月頃に首がすわった後は、それまでよりも身体を自由に動かせるようになるため、反り返りが激しくなる傾向があります。

赤ちゃんの反り返りはいつまで続く

力加減が分からないことによる反り返りは、個人差はありますが、生後6ヶ月から生後1歳くらいの間に少しずつ減っていき、1歳を過ぎるとほとんど見られなくなります。

背中が気持ち悪い時の反り返りは、寝返りやお座り、ズリバイなどを覚えて身体を自由に動かせるようになると自然に消失していきます。

一方で、意思表示としての反り返りは、月齢を経るごとに増えていき、生後1歳を過ぎても続きます。

また、反り返る癖がついてしまい、年齢に関係なく反りかえりを続ける赤ちゃんもたくさんいます。

関連ページ

異常な反り返りの見分け方

赤ちゃん 反り返り 自閉症 脳性麻痺

反り返りの多くは、ほとんどの赤ちゃんが発達の過程で経験するものですが、中には、脳性麻痺などの病気や、自閉症などの発達障害が原因で反りかえりをする赤ちゃんもいます。

脳性麻痺が原因と考えられる反り返り

次のような反り返りが見られる場合は、脳性麻痺が原因となっている可能性があります。

  • 熟睡しているときも反り返りがある
  • 反り返ったときに、首、肩、腰が不自然にねじれて不安定になっている

ポイントは、赤ちゃんが自分の意思で反り返っているかどうかです。

赤ちゃんの意思とは無関係に反り返りが起こる場合は、脳性麻痺を疑います。

あくまで可能性であり、反り返りだけで脳性麻痺と判断できるわけではないので、過剰に心配する必要はありませんが、万が一のことを考えて、早めに小児科を受診させましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

自閉症の赤ちゃんも反り返りが見られる

次のような反り返りが見られる場合は、自閉症が原因となっている可能性があります。

  • 普段は反り返らないのに、抱っこすると反り返って嫌がる
  • 不自然に激しい反り返りが見られる

自閉症の赤ちゃんは、感覚が過敏で抱っこを嫌がり、お父さんお母さんの腕から逃れようとして身体を反る傾向があります。

また、反り返りの動きにこだわり、何度も何度も体を反る動作を繰り返す赤ちゃんもいます。

あくまで自閉症の症状の一つに反り返りがあるということで、「反り返りがある=自閉症」ではありませんが、早めに小児科に相談しておくと安心です。

関連ページ

寝ている時に反り返る赤ちゃんもいる

赤ちゃんが反り返るのは起きている時だけではありません。

寝ている時に、えびぞりしてお父さんお母さんを驚かせる赤ちゃんは意外と多いものです。

赤ちゃんが寝ている時に反り返る原因としては、①起きている時と同じで背中が気持ち悪い、②寝相が悪い、③脳性麻痺の一症状の3つが考えられます。

①の場合は、気持ち悪さが我慢できなくなって背中スイッチが発動したり、反り返りや態勢を変えることを繰り返して背中の不快感を和らげようと頑張ったりします。

②と③の場合は、不快感を感じているわけではないので、眠りから覚めることはあまりありません。

関連ページ

スポンサーリンク

うちの場合

赤ちゃんは、生後2ヶ月~生後3ヶ月くらいから、抱っこしたときに反り返るようになりました。

特に、私が横抱っこすると反り返りながら大泣きするので、一時期は抱っこするのが嫌になったこともありますが、生後6ヶ月くらいから少しずつ反り返りがましになり、気がついたらなくなっていました。

ただし、背中スイッチはかなりの頻度でオンになり、眠気に襲われている赤ちゃんを布団に寝かせたときの反り返りは今でも続いています。

ページ上部へ戻る