menu
閉じる
  1. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  2. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  5. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  6. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  7. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  8. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  9. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
閉じる

乳児期の子育て

生理的微笑・新生児微笑・自発的微笑とは?いつからいつまで?社会的微笑とは

生理的微笑、新生児微笑

新生児期の赤ちゃんが、ふとした拍子にニコッと微笑むのを見たことがありませんか。

この新生児期特有の赤ちゃんの微笑みを、生理的微笑(新生児微笑、自発的微笑)といいます。

子供や大人の「笑う」、「微笑む」という動作は、模倣などの学習によって獲得されるものですが、生理的微笑はそうした笑いとは異なるものです。

このページでは、生理的微笑(新生児微笑、自発的微笑)の概要、見られる時期(いつから、いつまで)、起こる理由、

生理的微笑、新生児微笑、自発的微笑とは

生理的微笑とは、本能によって無意識のうちに起こる微笑みです。

生まれた時から身につけており、赤ちゃんの気分や感情とは関係なく起こるもので、模倣などによって学習した微笑みとは区別されます。

また、生まれたての頃には片方の唇だけを上げることが多く、日齢の経過にともなって、両方の唇を上げるようになることが分かっています。

新生児期を中心に見られることから新生児微笑と呼ばれたり、無意識のうちに自発的に起こることから自発的微笑と呼ばれたりすることもあります。

赤ちゃんの微笑みの可愛さは万国共通で、世界では生理的微笑のことを「天使の微笑み」と呼ぶ地域もあるようです。

自発的微笑は二ホンザルにも見られる(28.8.3追記)

自発的微笑は、人とチンパンジーの赤ちゃんにのみ見られる現象だと考えられていました。

しかし、平成28年8月3日、京都大学霊長類研究所が、自発的微笑はニホンザルの赤ちゃんにも見られるという研究結果を発表しました。

研究発表の中では、人の自発的微笑は、親への愛嬌(親の関心を引いて育ててもらうためのもの)だとと考えられる一方で、ニホンザルの自発的微笑は、頬の筋肉の発達を促す動きの可能性があると指摘されています。

スポンサーリンク

生理的微笑、新生児微笑、自発的微笑はいつからいつまで

いつから

生理的微笑は、生後まもなくから見ることができます。

すやすや眠っている時によく見られるものですが、ミルクを飲み終わった時、抱っこしている時など、ふとした瞬間にニコッと笑ってくれることもあります。

実は、生理的微笑は、生まれる前にお母さんのおなかにいる頃から起きているのではないかと考えられています。

現時点では、確認する方法は確立されていませんが、超音波検査などの進化により、お母さんのおなかの中でほほ笑む赤ちゃんを見られる日が来るかもしれません。

いつまで

個人差はありますが、多くの赤ちゃんは新生児期(生後0ヶ月)を中心に生理的微笑が見られ、生後1ヶ月頃から少なくなっていきます。

そして、生後2ヶ月~生後3ヶ月頃には社会的微笑に変化していきます。

スポンサーリンク

生理的微笑、新生児微笑、自発的微笑が起こる理由

生理的微笑は、赤ちゃんがお父さんお母さんに関心を持ってもらってきちんと育ててもらうために、本能の働きによって無意識(自発的)に起こります。

寝ている時が多いものですが、母乳をあげた時、あやしてあげた時、お父さんお母さんが赤ちゃんのお世話をしている時などにも起こることがあるので、赤ちゃんが喜んで笑顔を見せているように思えるのですが、赤ちゃんの意思とは関係がありません。

生理的微笑を見たお父さんお母さんが微笑みを返し、たくさん関わってあげることで、赤ちゃんは、「私が笑うと、お父さんお母さんが笑顔になって、優しくしてくれる。」ということを学習していきます。

そして、楽しい時や嬉しい時に、自分の意思で笑顔を見せてくれるようになります。

スポンサーリンク

生理的微笑から社会的微笑へ

あやしたり、抱っこしたりした時に、赤ちゃんが見せる微笑みを社会的微笑といいます。

お父さんお母さんなど親しい相手を見た時に微笑むのも社会的微笑です。

抱っこなど何かの刺激に対する反応として微笑むところが、無意識に起こる生理的微笑とは異なるところです。

赤ちゃんは、生後2ヶ月を過ぎた頃から生理的微笑がだんだん見られなくなり、代わりに社会的微笑を見せるようになります。

赤ちゃんが、自分の気持ちや感情をはっきり自覚して、微笑もうと思って微笑んでいるわけではありませんが、周囲の刺激に対して反応するということは、赤ちゃんの中に社会性が芽生えていることの確かな証です。

赤ちゃんが喜ぶことをたくさんしてあげると、赤ちゃんはたくさん微笑み、次第に自分の意志で満面の笑みを浮かべてくれるようになります。

新生児微笑(生理的微笑)と新生児模倣

新生児模倣とは、新生児(生後0ヶ月の赤ちゃん)が、他人の顔などの動きを真似ることです。

例えば、舌を出したり、口を開け閉めしたりするものです。

新生児微笑と名前が似ていることから混同したり、新生児微笑は新生児模倣の一つなのではないかと誤解したりする人がいます。

しかし、新生児微笑は、新生児模倣はまったく別の現象ですし、新生児模倣の一つでもありません。

関連ページ

ページ上部へ戻る