menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  5. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  6. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  9. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが真似をするのはいつから(何ヶ月)?真似しないと自閉症?

赤ちゃん 真似 いつから

赤ちゃんは、親をはじめとする身近な大人を観察して真似することで、言葉や行動を覚えていきます。

生まれたばかりの頃は、あやしてもほとんど反応はありませんが、月齢を経るにつれ、かわいい表情やしぐさで反応してくれるようになり、気が付くと真似を始めています。

拍手(パチパチ)、バイバイ、握手、おじぎなどは全て、身近な大人の真似をしながら覚えていくものですが、いつから、どうやって覚えるのでしょうか。

このページでは、赤ちゃんが真似を始める時期(生後何ヶ月)、生後何ヶ月頃にバイバイやいないいないばあなどを真似できるようになるか、真似をしない場合の原因と対応について紹介します。

赤ちゃんが真似を始める時期(生後何ヶ月)

赤ちゃん 真似 いつから

「赤ちゃんが真似を始めたことに親が気づく」のは、生後7ヶ月~8ヶ月頃です。

この時期の赤ちゃんは、手足を自分の意思でしっかり動かせるようになり、バイバイ、拍手(パチパチ)、おじぎなど、親の真似をして色々なしぐさを見せてくれるようになります。

そのため、赤ちゃんが真似をしていることに気づきやすいのです。

しかし実は、赤ちゃんは新生児期から真似をしています。

例えば、親が口を開けると、赤ちゃんも口を少し開きます(新生児模倣)。

生後2ヶ月頃になると、生理的微笑(本能によって無意識に起きるほほ笑み)が少なくなり、一方で視力や視界が向上し、親の笑顔に反応してニコッと微笑んでくれるようになります(社会的微笑)。

月齢を経るにつれて手足を動かせるようになると、身近な大人の動きをジッと観察し、真似をしようとチャレンジを始めます。

しかし、他人の動きを真似するには、①目で見た動きを刺激(情報)として脳に送ってインプットし、②脳から身体に「目で見た動き」の再現をオーダーして、③身体が動きを再現できる必要があります。

そのため、脳や身体、運動能力が未熟なうちは「真似をしようとチャレンジしているけれど、うまくいかない状態」が続きます。

そして、月齢の経過とともに成長発達し、試行錯誤を繰り返すことで、生後7ヶ月~8ヶ月頃には、周囲から真似をしていると分かるような動きを獲得していくのです。

関連ページ

バイバイやいない・いない・ばあは生後何ヶ月頃に真似できる?

赤ちゃん 真似 いつから

生後何ヶ月頃にどんな動きを真似できるようになるのかについて紹介します。

ただし、赤ちゃんが真似を始める時期や動きは、脳や身体、運動機能の発達によって個人差が大きいものなので、あくまで目安です。

生後0ヶ月~

新生児期~生後1ヶ月頃までの真似を新生児模倣といいます。

赤ちゃんは、生後2週間頃から、お父さんお母さんの真似をして口を開けたり閉めたりしますが、これが新生児模倣です。

親の口の動きと時間差があったり、ごくわずかしか口を動かさなかったりするので、気づかないことも多いものです。

生まれたての赤ちゃんは、視力が低くて視界も狭く、目から約30cmのごく狭い範囲にしか焦点を合わせられませんし、表情筋も発達していません。

しかし、母乳やミルクを飲むために口元はしっかり動きます。

また、赤ちゃんを抱っこした時の親の口元が、ちょうど「赤ちゃんの目から約30cm」の位置に来るため、赤ちゃんはジッと観察して真似をすると考えられています。

なお、新生児がふとした拍子にニコッと笑うことがありますが、これは新生児微笑(生理的微笑)と呼ばれる本能的な微笑みで、真似ではありません。

関連ページ

生後7ヶ月頃~1歳頃

脳が発達して記憶力が向上し、手足が器用に動かせるようになり、周囲への興味関心も高くなると、身近な大人の色々な動作の真似にチャレンジするようになります。

生後7ヶ月~8ヶ月頃には、拍手(パチパチ)、握手、バイバイなどを真似できるようになります。

生後9ヶ月~1歳頃には、親の真似をして「いない・いない・ばあ」や「おつむてんてん」で遊べるようになり、挨拶のおじぎも覚えます。

また、カップでコーヒーを飲む、スプーンでカレーを食べる、ストレスで頭をかく、スマホで電話するなど、親の何気ない動きにも関心を持ち、真似をしようとします。

真似をしないと自閉症?

赤ちゃん 真似 いつから

発達障害の一つ「自閉症」の症状の一つに「真似をしない」というものがあります。

発達障害や自閉症に関する情報が広く浅く出回るようになったことで、赤ちゃんが真似をしないことを自閉症と結び付けて不安を募らせてしまうお父さんお母さんが増えてきました。

しかし、「真似をしない=自閉症」ではありません。

自閉症の可能性はありますが、真似をしないことだけで診断されることはありません。

後追い、人見知り、指差しがない、逆転バイバイ、一人遊びが多いなど、真似をしない以外に複数の自閉症の症状がある場合は、小児科を受診してみましょう。

また、真似をしない原因の多くは、身体機能の異常によるものです。

例えば、手や腕の発達異常、低視力などです。

放置すると日常生活に支障が出てくる可能性もあるので、1歳を過ぎても赤ちゃんがまったく他人の真似をしない場合は、小児科、保健センターで相談してみましょう。

関連ページ

うちの場合

うちの赤ちゃんは、1歳前頃から、私がコーヒーを飲んで「あ”~」と一息つく動作を真似て、カップで水を飲むたびに「あ”~」と裏声を出すようになりました。

普段は赤ちゃんらしい声なのに、飲み物を飲んだ後だけ低くて野太い声を出すというギャップが可愛すぎて、一日に何回も動画を撮影していました。

後になって数ヶ月分を見比べてみたところ、握る箇所が「カップの縁」から「持ち手」になり、飲んだ後の表情が「笑顔」から「渋みと余韻のあるもの」になり、飲んだ後の態度が「カップを振り回す」から「テーブルに置く」になるなど、真似の精度が日に日に増していることが確認できました。

ページ上部へ戻る