menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  3. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  6. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  9. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  10. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
閉じる

乳児期の子育て

首すわりとは?赤ちゃんの首がすわる時期はいつ?判断と遅い時の練習は?

赤ちゃんの首がすわる

生まれたての赤ちゃんは、首周りの筋肉が未熟で頭の重さを支えることができないため、抱っこすると頭がグラグラします。

布団に寝た状態から抱き上げる際は、首の後ろに手をまわしてサポートしてあげないと、身体を持ち上げた時に頭がダランと後ろに下がってしまいますし、縦抱っこしても同じ状態になります。

いわゆる、首すわりが完成していない状態です。

通常、首周りに首の筋肉がついて、頭をしっかり支えて動かせるようになる(首がすわる)には、新生児期から3、4ヶ月はかかります。

このページでは、首がすわる(首すわり)とはどういう状態か、首すわりの時期はいつからか、首がすわったかどうかの判断基準、首すわりが遅い場合の練習方法について紹介します。

首すわり(首がすわる)とは

首がすわる(首すわり)とは、赤ちゃんが自分で頭や首を支え、コントロールできる状態になることです。

縦抱っこをしたときに、赤ちゃんが首をまっすぐ保てる状態=首がすわる(首すわり)だと思っている人も少なくありませんが、間違いです。

「首がすわる」という呼び方が、首をまっすぐ支えられるようになるというイメージを想起させやすいため、勘違いが起きてしまうようです。

赤ちゃんの運動機能の発達は、頭に近いところから遠いところへ

赤ちゃんは、まず目で物を追えるようになります。

それから、首が動かせるようになり、首がすわります。

首がすわると、今度は、興味のある物に手を伸ばして掴むようになり、寝返りできるようになり、お座りできるようになります。

さらに、ずりばいが始まり、ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩きと続いていきます。

このように、赤ちゃんの運動機能は、顔や首など頭に近いところから、手、腰、足など頭から遠いところへ向かって発達していきます。

また、赤ちゃんの動きは、体の一部分だけを使うものから、体全体を連動させるものになっていきます。

スポンサーリンク

首すわり(首がすわる)の時期はいつ?

ある日突然、赤ちゃんの首がすわるわけではなく、月齢を経るにつれて少しずつ首の筋肉がつき、首すわりの完成に近づいていきます。

生まれたての赤ちゃんの首はフニャフニャ

生まれたての赤ちゃんは、首周りの筋肉が未熟な上に身体全体に占める頭の割合が大きいため、自力で頭を支えることができません。

頭を上下左右に動かすこともできず、布団の上でも、親に寝かせてもらった姿勢からほとんど動くことができません。

あお向けに寝かせた状態から身体を抱き起そうとすると、頭が後ろにダラッと下がりますし、頭がグラグラしてとても危険です。

赤ちゃんを抱っこする時は、首と頭を支えて慎重に抱きかかえる必要がありますし、医師からは、それすらも短い時間にとどめておくように指導されるはずです。

縦抱っこは、頭の重さがもろに首に伝わって危険なので、首がすわるまでは厳禁です。

関連ページ

生後1ヶ月頃から首周りの筋肉が発達

生後1ヶ月頃になると、赤ちゃんの首周りの筋肉が発達し、少しずつ自分の意思で身体を動かそうとするようになります。

例えば、うつ伏せに寝かせると、赤ちゃんは、顔を持ち上げようとするしぐさを見せるようになり、首がしっかりしてきたことが確認できます。

ただし、まだ顔をしっかり持ち上げるのは難しく、首を左右に振ることもできません。

関連ページ

生後2ヶ月頃から縦抱っこしても首がガクガクしなくなる

生後2ヶ月頃になると、首周りの筋肉はさらに発達し、短時間だけなら、縦抱っこしても首をまっすぐに保っていられるようになります。

また、自分の意思で首を左右に振れるようになり、あお向けの状態に寝かせておくと、音や声がした方向に首を向けて確認しようとします。

しかし、頭を持ち上げた状態を維持するのはまだ難しく、長時間の縦抱っこは負担が大きいものです。

この時期の赤ちゃんの様子を見て、首がすわったと勘違いするお父さんお母さんが多いので、注意が必要です。

関連ページ

生後3ヶ月頃からうつ伏せの状態で首を持ち上げられるようになる

生後3ヶ月頃になると、赤ちゃんは、うつぶせの状態で首を持ち上げて、短時間ならそのままジッとしていられるになります。

そして、生後3ヶ月から4ヶ月頃に、自分の意思で首を支え、動きをコントロールできるようになります。

この状態になってようやく、「首がすわる」、「首すわりが完成する」と言えます。

関連ページ

首すわりの判断基準

首すわりの判断基準は、次のとおりです。

  • うつぶせの状態で、自力で頭を持ち上げられる
  • あお向けの状態で、赤ちゃんの両手を持って引き起こすと頭がついてくる
  • 縦抱っこした際に、首をまっすぐに保つことができる

以上3つの判断基準を全て満たした時に、初めて「首がすわりが完成している。」と言えます。

1つか2つ満たしている状態は、「首がすわり始めている」と表現することがありますが、まだ「首がすわっている」とは言えません。

うつぶせの状態で、自力で頭を持ち上げられる

首の筋肉が発達し、うつぶせの状態から、自力で頭を持ち上げられるかどうかを確認します。

首の筋肉の発達が未熟な段階では、頭を持ち上げることができず、頭を上手に持ち上げることができません。

縦抱っこした際に、首をまっすぐに保つことができる

縦抱っこして赤ちゃんの体を少し斜めにした時に、赤ちゃんが首を上に持ち上げる仕草を見せるかどうかを確認します。

首すわりが完成する前に縦抱っこすると、頭がガクガクと揺れ動き、揺さぶられっこ症候群を引き起こすリスクがあります。

あお向けの状態で、赤ちゃんの両手を持って引き起こすと頭がついてくる

あお向けに寝かせた赤ちゃんの両手を持って優しく引っ張った時に、体と一緒に首と頭が持ち上がるかどうかを確認します。

首の筋肉が十分でない状態では、頭が身体について来ずダラッと下に落ちてしまいます。

スポンサーリンク

関連ページ

首がすわらない

多くの赤ちゃんは、生後5ヶ月頃に首すわりが完成します。

生後6ヶ月になっても首がすわらない場合は、運動機能や神経の発達に異常がある可能性があるので、小児科を受診して相談してください。

首の異常は、首すわりが遅れるだけでなく、身体の内外のさまざまな障害を引き起こすリスクがあるので、早急に受診することが大切です。

なお、首すわりは、赤ちゃんの身体の発達を知る上で大切な指標の一つです。

そのため、乳幼児健診でも必ずチェックされています。

誤解しやすい「首すわりが遅くても気にしないで」というアドバイス

ネット上では、「首すわりが遅くても気にしないで」という記事を見かけます。

これは筋肉の発達の個人差が原因で首すわりが遅れている場合限定の話だと考えてください。

しかし、親が「赤ちゃんの首すわりが遅いのは、筋肉が未発達だからだ。」と判断するのはとても難しいものです。

すでに書いたとおり、運動機能や神経の異常が潜んでいるリスクがあるので、なるべく早く小児科に相談し、異常がある場合は適切な治療を受けることが大切です。

首すわりが遅いときの練習方法

生後5ヶ月を過ぎても首すわりが感染しないようなら、練習をさせてみましょう。

首すわりの練習は、赤ちゃんに「首を持ち上げたい」という気持ちを持たせることを目的とします。

具体的な方法は、次のとおりです。

  • 赤ちゃんをうつぶせに寝かせる
  • 赤ちゃんの頭の上方におもちゃを置いたり、座って声をかけたりする

毎日少しずつでも練習を繰り返し、赤ちゃんが首を動かすそぶりを見せたときに褒めてあげることで、少しずつ首がすわっていきます。

「首周りを鍛えれば首すわりが早くなる」という考えは間違いではありませんが、親が赤ちゃんの頭を掴んで上下左右に動かしたり、無理に縦抱っこしたりすると、赤ちゃんの身体に深刻な負担が蓄積してしまいます。

あくまで、赤ちゃんに自主的に頭を持ち上げさせる練習にとどめておいてください。

スポンサーリンク

うつぶせは首すわりの時期を早める

赤ちゃんは、うつぶせに寝かせると、頭を持ち上げたり左右に振ったりしようとします。

こうした動きは、あお向けに寝ているときよりも首や肩の筋肉をたくさん使うので、首の運動機能の発達を促します。

そのため、低月齢のうちからうつぶせで過ごす習慣のついている赤ちゃんの方が、ずっとあお向けで過ごしていた赤ちゃんよりも、首のすわりや寝返りが早くなる傾向があります。

日本では、赤ちゃんをうつぶせにすることに不安を感じるお父さんお母さんが少なくありません。

たしかに、うつぶせは窒息のリスクが高くなりますし、乳幼児突然死症候群(SIDS)との関連も指摘されています。

しかし、正しい方法を理解した上でうつぶせをさせれば、赤ちゃんの運動機能の発達を促すというプラスの側面を活かすことができます。

関連ページ

うちの場合

うちの赤ちゃんの成長はゆっくりなので、首がすわったのも生後5ヶ月頃でした。

生後4ヶ月を過ぎても首がすわらず不安もありましたが、気がついたらしっかり首を持ち上げられるようになっていて、改めて赤ちゃんの成長ってすごいなと思いました。

なお、生後4ヶ月後半に、そろそろ首がすわったかなと思って縦抱っこを試してみたり、うつぶせに寝かせて頭を持ち上げさせようとしてみたことがあります。

赤ちゃんは元気にしており、外見上は問題なさそうでしたが、私の祖父母に「首すわりが完成したように見えても、まだまだ弱いのだから無理をするな。」とこっぴどく怒られました。

ページ上部へ戻る