menu
閉じる
  1. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

腰すわりとは?腰すわりの時期(いつ)と判断は?早い、遅いとお座りに影響?

赤ちゃんは、首がすわり、寝返りを覚えて、ズリバイやハイハイにチャレンジというように、次々と新しい動きを身につけていきます。

ズリバイやハイハイと同じ頃にできるようになるのが、お座りです。

大人は当たり前のように立ったり座ったりしているので、「お座りなんて簡単じゃないか。」、「ハイハイや寝返りに比べると簡単だろう。」と思うかもしれません。

しかし、座った状態で身体のバランスを維持しながらジッとしているというのは、乳児期の赤ちゃんにとってはなかなか難易度が高いものです。

赤ちゃんが一人でお座りできるようになるには、まず「腰がすわる」必要があります。

このページでは、お座りができるようになる過程、腰がすわる時期と判断基準、腰すわり前のお座りの危険性について紹介します。

赤ちゃんがお座りするまでの過程

お座りとは、赤ちゃんが背筋をまっすぐ伸ばし、支えがなくても安定して座っていられる状態です。

両手を床につけていないことや、1分以上座っていられることを定義に含めることもあります。

赤ちゃんがお座りを覚えるのは生後7~8ヶ月頃ですが、一人でバランスを保って座っていられるようになるのは、生後8~9ヶ月頃です。

ただし、赤ちゃんの成長発達は個人差が大きく、生後7ヶ月以前にお座りを始める赤ちゃんもいれば、生後8ヶ月を過ぎてもお座りを始めない赤ちゃんもいますが、お座りするだけの運動能力が身につけば自然にお座りを始めるものなので、温かく見守ってあげましょう。

通常、赤ちゃんは、ある日突然お座りできるようになるのではなく、安定したお座りができるようになるまでには次の過程をたどります。

  • 生後5ヶ月頃:うつぶせの状態から背中を丸め、両手を床につけてグググッと身体を持ち上げる
  • 生後6ヶ月頃:両手を床につけて身体を支え、背筋を伸ばした状態を少しの間だけ維持していられるようになる
  • 生後7ヶ月頃:腰が安定し、背中を丸めなくても身体を支えていられるようになる
  • 生後8ヶ月頃:両手を床から離しても、身体のバランスをとってお座りしていられるようになる
  • 生後9ヶ月頃:お座りした状態で身体を左右に揺らしたり曲げたりできるようになる

生後7ヶ月頃には、親の支えや寄りかかる場所がなくてもお座りできるようになりますが、まだまだバランス感覚は良くないので、ちょっとした刺激や衝撃でもコロンと倒れてしまうことがあります。

そのため、常に傍で見守ってあげると同時に、ぶつかると危ない物を取り除いてあげる必要があります。

関連ページ

赤ちゃんのお座りはいつから?おすわりしない、できない、遅いときの練習方法は?

腰すわりとは(腰がすわる)

腰すわりとは、乳児期の赤ちゃんが、大人に支えてもらったり寄りかかったりせずに、自分で背筋を伸ばし、両足を前に投げ出して座ることができる状態のことです。

骨と筋肉がお座りできるレベルまで発達し、身体のバランスを保てるようになった状態とも言えます。

赤ちゃんの腰すわりはいつから(時期)

赤ちゃんの腰が据わる時期は、生後6~7ヶ月頃が目安です。

上で紹介したお座りの過程に当てはまると、生後6ヶ月頃(両手を床につけて身体を支え、背筋を伸ばした状態を少しの間だけ維持していられるようになる)から生後7ヶ月頃(腰が安定し、背中を丸めなくても身体を支えていられるようになる)です。

赤ちゃんの腰すわりの判断基準

赤ちゃんン腰すわりの判断基準は、次のとおりです。

  • 背筋を伸ばして座ることができる
  • 両足を前に投げ出して座ることができる
  • 両手を床につかずに座ることができる
  • 支えてもらったり、寄りかかったりせず座ることができる

この4つの基準をすべて満たしている時に、腰すわりが完成したと判断します。

背筋は伸ばしているけれど何かに寄りかかっていたり、両手をつかずに座っているけれど背中が曲がっていたりする場合は、腰すわりが完成したとは言えません。

関連ページ

赤ちゃんが生後6ヶ月を過ぎてもお座りしない、お座りできない原因は?


スポンサーリンク

腰がすわる前のお座りの危険性

腰すわりが完成する前の赤ちゃんでも、親が支えてあげたり、何かに寄りかからせてあげたりすると、お座りの姿勢をとることはできます。

しかし、身体のバランスがうまくとれないので、腰すわりが完成した赤ちゃんに比べると、ちょっとした刺激や衝撃で倒れ、頭や身体をぶつけてケガをしてしまうリスクが高いものです。

また、骨や筋肉がお座りの状態に耐えるほど発達していないので、無理にお座りさせると赤ちゃんの身体に負担を与えてしまいます。

親としては、早く赤ちゃんがお座りできるようになってほしくて、練習感覚でお座りさせてみることもあるかもしれませんが、くれぐれもケガに注意し、赤ちゃんがしんどそうにしていたらすぐに中止しましょう。

また、腰すわり前の赤ちゃんが、自分でお座りにチャレンジすることもあります。

その場合は、赤ちゃんのそばに寄り添って、無理をしたりケガをしたりしないよう注意して見守りましょう。

実際に、お座り姿勢になる赤ちゃんもいますが、長時間同じ姿勢でいると負担が大きいので、少ししたら抱き上げて他の遊びなどに注意をそらしてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

腰すわりは、赤ちゃんの成長発達過程における重要なステップの一つです。

腰すわり前のお座りは、赤ちゃんの身体への負担が大きく、ケガのリスクも高いものです。

腰すわりが完成したことを確認してから、赤ちゃんにお座りさせてあげるようにしましょう。

ページ上部へ戻る