menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが顔や頭をかく!原因と防止法は?ミトンや手袋はダメ?

赤ちゃん 顔をかく 防止

新生児期から生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは、顔や頭をかいて傷を作りやすいものです。

赤ちゃんの爪は、毎日手入れしないとすぐ伸びてしまう上、大人の爪に比べて薄く鋭いので、かいた跡が腫れたり出血したりすることも珍しくありません。

制止しても止めませんし、傷が治る前に何度もかきむしって悪化させやすく、一度傷ができると治るまでに時間がかかる傾向があり、対応に困るお父さんお母さんが少なくありません。

そこで、このページでは、赤ちゃんが顔や頭をかく原因と防止法について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが顔や頭をかく原因

赤ちゃんが顔をかく原因はたくさんあり、いくつもの原因が重なっていることがほとんどです。

自分の顔に興味を持って触っている

赤ちゃんは、周囲のあらゆるものに興味を示し、手で触ろうとするものです。

赤ちゃんにとっては、自分自身の身体も興味の対象で、何度も触って感触や形を確認しますが、大人のように手や腕を器用に動かせないので、触ったつもりが傷つけてしまうことがあります。

爪で顔を傷つける

赤ちゃんが自分の顔を触って傷ができるのは、爪が顔に触れているからです。

爪が伸びたままや、切った後の手入れがされていない状態だと、少し触れただけでも顔を傷つけてしまいます。

関連ページ

乾燥肌

赤ちゃんの皮膚は、水分を閉じ込めておく機能が未熟なので、皮膚の水分量が少なく乾燥肌になりやすいものです。

乾燥肌はかゆみを伴うので、赤ちゃんはすぐかきむしって肌を傷つけてしまいます。

関連ページ

体温が高い

体温が高いと、ちょっとした刺激でかゆみを感じやすいものです。

赤ちゃんは、大人よりも体温が高めなので、すぐかゆさを感じてかこうとします。

ストレスを感じている

精神的なストレスが原因で、顔をかきむしる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんのストレスの主な原因は、次のとおりです。

  • 親へのストレス(叩かれる、どなられる、かまってもらえない、親がケンカばかりしているなど)
  • 思い通りにならないストレス(母乳やミルクをもらえない、おむつを交換してもらえない、遊んでもらえないなど、遠くのおもちゃが取れないなど)
  • 環境に対するストレス(暑い、寒い、ジメジメしているなど)

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんが顔や頭をかくのを予防する方法

顔や頭のかき傷はなかなか治らず、傷口から細菌やウィルスに感染して症状が悪化することもあります。

そのため、赤ちゃんが顔や頭をかくのを予防することが大切です。

爪を切る、切った後の手入れをする

赤ちゃんが顔をかいて傷を作る一番の原因は爪です。

赤ちゃんの爪を毎日チェックして、伸びる前に切ることで、赤ちゃんが顔をかいても傷ができにくくなります。

なお、切ったばかりの爪は切る前よりも鋭くなっており、とても危険なので、やすりを使った手入れが大切です。

赤ちゃん用のやすりを買っておき、切りそろえた爪を手入れしてあげましょう。

体温を一定に保つ

赤ちゃんの体温は、周囲の気温の影響を受けやすいので、室温を適切に保つことが大切です。

赤ちゃんが過ごしやすい室温は、夏場は26度から28度、冬場は18度から22度です。

月齢の低い赤ちゃんの場合、ついつい厚着させたり、布団やタオルをかけすぎたりする傾向がありますが、体温が上がりすぎて、かゆみを感じやすい状態になるリスクがあるので控えてください。

ただし、おなかを出したまま寝て風邪をひかないよう、上着をズボンの中に入れたり、腹巻をしたりする工夫は大切です。

保湿する

乾燥肌による顔かきを防止するには、赤ちゃんほ肌の保湿と部屋の保湿が不可欠です。

肌の保湿

蒸れやすい股や脇にはベビーパウダー、夏場はローション、乾燥が気になる秋冬は乳液やオイルと、赤ちゃんの肌の状態や季節に合わせて保湿します。

保湿するタイミングは、寝る前と起きたとき、風呂上がりが効果的です。

部屋の保湿

赤ちゃんの肌は、周囲の環境に影響されやすいので、赤ちゃんがいる部屋の保湿も欠かせません。

赤ちゃんの肌に最適な湿度は、40%から60%です。

加湿器の設置が確実ですが、部屋に濡れタオルを吊るす方法でも同じ効果が得られます。

赤ちゃんの様子に気を配り、かまってあげる

赤ちゃんがストレスで顔をかきむしっていたら、精神的に不安定になっている可能性があります。

赤ちゃんの様子に気を配り、欲求には可能な限り応えてあげましょう。

不安定な状態で放置してしまうと、感情表現が著しく乏しい赤ちゃん(サイレントベビー)になったり、情緒的に落ち着かないまま成長したりするリスクがあります。

関連ページ

ミトンや手袋をはめるのはNG

ミトンや手袋をはめるのは、赤ちゃんが顔をかくのを防止する最も手軽な方法ですし、おすすめのミトンを紹介するホームページや書籍は多く、専用の商品も販売されています。

しかし、赤ちゃんにとって、手で直に外気や周囲のモノに触れることは、脳の発達を促す大切な行動なので、ミトンや手袋をはめることはおすすめできません。

「短時間だけなら」、「手が離せないときだけなら」と思うかもしれませんが、赤ちゃんの顔かきを直接防止できる便利な方法なので、ついついはめっぱなしにしてしまいがちです。

最初から使わないと決めておいた方が安全です。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る