menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  3. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  4. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  5. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  10. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんが髪の毛を引っ張る、むしる原因は愛情不足やストレス?対処法は?

赤ちゃん 髪の毛 引っ張る むしる

赤ちゃんは、突然、髪の毛を引っ張る、むしるしぐさを始めることがあります。

赤ちゃんの髪の毛は、大人に比べてやわで抜けやすいものですし、赤ちゃんは全力で上下に引っ張ったり、むしったりするので、すぐ抜けてしまいます。

赤ちゃん自身はケロッとしていますが、お父さんお母さんとしては心配になってしまうものです。

そこで、このページでは、赤ちゃんが髪の毛を引っ張る、むしる原因と対処法について紹介します。

赤ちゃんが髪の毛を引っ張る、むしる原因と対処法

赤ちゃん 髪の毛 むしる 引っ張る 原因

髪を引っ張る、むしるクセがついている

実は、髪を引っ張ったりむしったりするクセがある赤ちゃんはたくさんいるものです。

生まれたての赤ちゃんは、自分の体のことがよく分かっていません。

そのため、手や体が動かせるようになると、自分の体がどんな形をしているか、触り心地はどんな感じか、味はどうかなど、一つ一つ確認しようとします。

髪の毛を引っ張ったり、むしったりするのも、体の確認作業の一つです。

「あれ、頭の上に何かある!チクチクするなあ。引っ張ってみよう!」、「あ、取れたぞ。細くて長いなあ。味はどうだろう?」というように、髪の毛に興味を持って掴み、引っ張り、むしり取って口に入れようとします。

こうした行動は、成長の過程でどの赤ちゃんにもみられるものです。

対処法

髪を引っ張る、むしるクセは、赤ちゃんが「頭の上には髪の毛がある。」ことを認識し、他のことに興味が移るにつれて自然と解消していきます。

そのため、温かく見守ってあげることが大切で、心配しすぎて止めてると、かえって髪の毛を引っ張ったりむしったりする期間が長くなることがあります。

頭がかゆい

赤ちゃんは、頭皮にあせもや湿疹ができてかゆみを感じたときに、髪の毛を引っ張ったりむしったりすることがあります。

赤ちゃんは、大人に比べて頭が大きいので、かゆいところに手が届きにくいものです。

また、首を動かしたり寝返りしたりできないうちは、後頭部がむれてかゆみを感じやすい傾向があります。

そのため、かゆみを感じても肝心なところに手が届かず、手が届く耳の上あたりの髪の毛を引っ張ったりむしったりしてしまうのです。

対処法

赤ちゃんがぐずっているときは、頭をかゆがっていることが多いので、頭の向きを変えたり、汗を拭きとったりしてあげましょう。

湿疹やあせもがひどい場合や、かき傷ができている場合は、小児科を受診し、必要に応じて皮膚科で治療を受けさせます。

関連ページ

ストレス

乳児期の赤ちゃんは、言葉を話すことができません。

そのため、ストレスを感じても言葉で発散できず、体調を崩したり奇妙な言動を繰り返したりして表現するもので、執拗に髪の毛を引っ張ったり、むしったりする場合もあります。

対処法

ストレスが原因の場合、放置すると、ひどい指吸いや自傷行為を始める、サイレントベビーになるなど、より深刻な症状に陥るリスクが高いので、早急に小児科に相談しましょう。

乳児期の赤ちゃんがストレスを感じる原因の多くは、お父さんお母さんの愛情不足です。

虐待など意図的なものはもちろん、下の子に手を取られるようになった、断乳させたといった場合も、赤ちゃんはストレスを感じてしまいます。

赤ちゃんへのかかわり方を振り返り、赤ちゃんがお父さんお母さんの愛情を感じていられるよう工夫してあげましょう。

その他、赤ちゃんがストレスを感じやすいのは、思い通りにならないとき(欲求が満たされないストレス)や、気温や湿度が不適切なとき(環境へのストレス)などです。

関連ページ

スポンサーリンク

「乳児期の赤ちゃんがストレスで髪の毛を引っ張る、むしることはない」という誤解

赤ちゃん 髪の毛 引っ張る むしる ストレス

「乳児期のうちに髪の毛を引っ張ったりむしったりしても、ストレスが原因ではない。」という説明をしている書籍やサイトがあります。

確かに、ストレスで髪を引っ張る、むしる子の数は、乳児期よりも幼児期以降の方が圧倒的に多いのは事実です。

しかし、0というわけではありません。

ストレスを見逃すと、赤ちゃんの将来に深刻な影響を与えかねないので、「まだ0歳だから、ストレスが原因ではない。」と決めつけてしまうのはハイリスクです。

スポンサーリンク

赤ちゃんに髪の毛を引っ張られる

赤ちゃん 髪の毛 引っ張る むしる

お父さんお母さんの髪の毛に興味を持っている

「つい最近まで、自分の髪の毛を引っ張っていたのに、気が付くとお父さんお母さんの髪の毛を引っ張るようになっていた。」ということは良くあります。

赤ちゃんは、まず自分の体に興味を持ち、手や口で確認しようとします。

その後、赤ちゃんの興味は自分以外、つまり身近な人や物に向けられるようになり、一番身近なお父さんお母さんの体に興味を持って、ペタペタ触ったり、叩いたり、髪の毛を引っ張ったりするようになるのです。

自分の髪の毛を引っ張っていたときと同じく一時的なものなので、怒らずに「お父さんお母さんの髪の毛だよ。引っ張ると痛いよ。」と優しく教えてあげましょう。

意思表示

赤ちゃんは、成長するにつれて、行動で意思表示できるようになります。

かまってほしいときや寂しいときなどに、お父さんお母さんの髪の毛を引っ張って関心を引こうとすることがあります。

引っ張られたら、赤ちゃんの欲求を察して対応してあげると同時に、「髪を引っ張ると痛い」ということを表情と言葉で伝えてあげましょう。

関連ページ

ページ上部へ戻る