menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  2. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  6. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  7. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  8. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃん・子どものジャンプはいつから?飛び跳ねる、飛び降りる時期は?

赤ちゃん 子ども ジャンプ いつから

子供向けのテレビ番組では、子どもが音楽に合わせて元気に飛び跳ねていますし、乳幼児向けの施設や公園に遊びに行くと、子どもが階段、ソファ、テーブルから飛び降りる様子を目にすることがあります。

しかし、子どものジャンプには飛び跳ねると飛び降りるの2種類があることや、それぞれのジャンプを覚える時期については、あまり意識していないのではないでしょうか?

このページでは、赤ちゃん・子どもがジャンプ(飛び跳ねると飛び降りる)を始める時期、ジャンプの効果と教え方について紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃん・子どもの飛び跳ねるジャンプ

まずは、飛び跳ねる方のジャンプから見ていきましょう。

赤ちゃん・子どもの飛び跳ねるジャンプはいつから

子どもが飛び跳ねるジャンプを始める平均的な時期は、生後2歳です。

生後1歳4ヶ月~2歳8ヶ月の間に約80%の子どもが飛び跳ねるジャンプを覚えます。

ただし、子どもの運動機能には個人差が大きく、乳児期の赤ちゃんのうちからジャンプを始めることもあれば、生後2歳8ヶ月を過ぎてから始めることもあります。

飛び跳ねるジャンプの効果

飛び跳ねるジャンプを繰り返すことで、身体を縮めたり伸ばしたりする柔軟性、瞬発力、両足を中心とする筋力の向上が期待できます。

また、ジャンプするには、身体全体をタイミングよく連動させる必要があるので、身体の動かし方も上手になっていきます。

飛び跳ねるジャンプの教え方

乳幼児期の子どもは、テレビ番組で自分と同じくらいの子どもがピョンピョン飛び跳ねるのを見たり、日常生活の中であれこれ身体を動かしたりするうちに、飛び跳ねるジャンプに興味を持ってチャレンジし始めます。

最初は、立った状態で両足を屈伸したり、片足だけを上げたりするところから始め、徐々に両足と身体のばねを使ってピョンピョン飛び跳ねることができるようになっていきます。

子どもがジャンプの練習を始めたら、「ピョンピョンがんばってるね~」などと声をかけ、子どもの近くで一緒にジャンプしてみましょう。

こうすることで、子どもは親と一緒に身体を動かすのが楽しくて、より積極的にジャンプの練習に励みますし、親の動きを真似することで早くジャンプを身につけることができます。

リズミカルな音楽を流して、手拍子を打ったり、「ピョンピョンピョンピョン」と声を出したりしながらジャンプすると、さらに子どものモチベーションを高められるでしょう。

飛び跳ねるジャンプを教える時の注意点

乳幼児期の子どもは、大人に比べるとバランス感覚が未熟ですし、飛び跳ねるのに夢中になると周りが見えなくなるため、ふらついて転倒したり、壁やガラス戸に衝突したり、足元のおもちゃを踏んづけたりしてケガをするリスクが高いものです。

飛び跳ねるジャンプを教える時は、子どもが動き回っても安全な広い空間を選び、危険な物は片づけておきましょう。

また、転んだ時に頭や顔面を打たないよう、ジャンプの練習を始める前にでんぐり返し(前転)を教えておき、転んだ時にまず両手をつくクセをつけさせておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

赤ちゃん・子どもの飛び降りるジャンプ

次に、飛び降りるジャンプについて見ていきましょう。

赤ちゃん・子どもの飛び降りるジャンプはいつから

子どもが飛び降りるジャンプを覚える平均的な時期は、生後1歳9ヶ月です。

約80%の子どもは、生後1歳3ヶ月~2歳の間に飛び降りるジャンプを覚えます。

飛び跳ねるジャンプと同じで個人差が大きいので、生後2歳時点で飛び降りるジャンプを覚えていなくても、過度に心配する必要はありません。

しかし、2歳6ヶ月健診や3歳児健診でも覚えていない場合は、身体の異常や障害が潜んでいる可能性があるので、医師や保健師に相談してみましょう。

ちなみに、「よじ登る」動作は赤ちゃんのうち(生後10ヶ月~1歳前後)に覚えることが多いので、「よじ登ることはできるが降りることはできない」という時期が生じることが珍しくありません。

関連ページ

赤ちゃんが階段等をよじ登る時期はいつから?転落対策は?落ちた時の対応は?

飛び降りるジャンプの効果

飛び降りるジャンプは、瞬発力や、身体をタイミングよく連動させる力が身につきます。

それまでは、後ろ向きになって両手を地面につけ、足で降りる場所を探していたものが、ピョンッと一跳びで降りられるようになるので、高低差のある場所の移動が格段に早くなります。

飛び降りるジャンプの教え方

最初は、子どものひざくらいの高さの段差を準備し、「ぴょーんしてみようか」と声をかけながら、両手で子どもの身体を抱えて降りさせてあげましょう。

ポイントは、両足をそろえさせることです。

片足だけで着地すると足への負担が大きいので、必ず両足揃って着地できるように教えてあげましょう。

子どもが面白がって自分で飛び降りるようになったら、少しずつ段差を高くしていきますが、段差が高すぎると練習でケガをしてしまうリスクがあります。

高さのピークの目安は、赤ちゃんの腰くらいまでです。

実際は、それ以上の高さから飛び降りることもできますが、子どもの身体にかかる負担が想像以上に大きく、その後の身体の成長発達に影響を及ぼすリスクは低くありません。

くれぐれも無理をさせないようにしましょう。

飛び降りるジャンプを教える時の注意点

子どもがジャンプして飛び降りるのを怖がる場合は、親が両手を持って手伝ってあげます。

ただし、手を持っても怖がるようなら、時期尚早だったと考えて、しばらく期間を置いてください。

飛び跳ねるジャンプと同じで、周囲に危険な物がない場所で教えてあげることは大切です。

スポンサーリンク

まとめ

ジャンプは、子どもの瞬発力や、身体を連動させる力を鍛えるのに効果的な動きですが、一つ間違えると事故やケガにつながります。

あらかじめ安全な環境を確保し、スモールステップで練習を積ませてあげるようにしましょう。

子どもは、ジャンプできるだけの能力が身についた時点で、自然にジャンプの練習を始めますが、一人で練習するよりも親と一緒の方が楽しみながら取り組めますし、安全面でも配慮してあげることができます。

ぜひ、親子一緒に練習してあげましょう。

ページ上部へ戻る