menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  7. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  8. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  9. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  10. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの拍手(パチパチ)、バイバイはいつから?練習法は?しないと自閉症?

赤ちゃん 拍手 バイバイ

赤ちゃんが両手をパチパチ合わせて拍手したり、バイバイしたりするのはとてもかわいいですが、どうやって覚えたのかは知っていますか?

また、同じくらいの月齢の赤ちゃんが拍手やバイバイを始めたのに、自分の赤ちゃんだけできないままで不安になっていませんか?

実は、赤ちゃんが拍手やバイバイを始めるのは、親の関わり方が大きく影響しているものです。

このページでは、赤ちゃんが拍手(パチパチ)・バイバイを覚える経緯と始める時期、練習法、自閉症との関係について紹介します。

赤ちゃんが拍手(パチパチ)・バイバイを覚える経緯と始める時期

赤ちゃん 拍手 バイバイ

赤ちゃんは、お父さんお母さんをはじめとする身近な大人の言動や態度を、驚くほどよく観察しています。

そして、自分の意思で手足や身体を動かせるようになると、大人の言動や態度のマネを始め、一つひとつ身につけていきます。

拍手やバイバイも、大人のマネをして覚える動作の一つです。

赤ちゃんが大人のマネを始める時期は、生後7ヶ月~8ヶ月頃が一般的で、拍手・バイバイを覚えるのもこの時期です。

最初は、両手をゆっくり1回合わせたり、小さく腕を振ったりするのが精一杯ですが、何度も練習するうちに「ぺチ」、「パチ」と音を出し、腕を大きく振れるようになり、気がつくと「パチパチ」と何度も拍手し、大人と同じバイバイができるようになります。

ただし、拍手やバイバイを始める時期は、親子の関わりの程度や運動機能の発達速度などに影響を受けるのでく、個人差が大きいものです。

母子手帳の1歳欄に「身振りをしますか。」というチェック項目があるように、1歳前後までに始めれば問題ないので、それまでは温かく見守ってあげましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

拍手とバイバイの練習法

赤ちゃん 拍手 バイバイ

1歳頃までは、赤ちゃんが自発的に拍手やバイバイを始めるのを見守っていて良い時期ですが、練習させたいというお父さんお母さんが多いので、簡単な練習法を紹介します。

拍手(パチパチ)の練習法

  1. 赤ちゃんがご機嫌な時に声をかけて注意を向けさせる
  2. 赤ちゃんと目が合ったら微笑み、赤ちゃんが良く見える位置で、大きな動作でゆっくり拍手する
  3. 赤ちゃんが手を動かすしぐさを見せたら、「そうそう、すごいねー」と声をかけて拍手を繰り返す
  4. 赤ちゃんがジッと見ているだけなら、赤ちゃんの後ろに回って両手を持ち、「パチパチ」と言いながら両手を合わせる

バイバイの練習法

  1. 赤ちゃんに向かって「○○ちゃん、パパ(ママ)お出かけしてくるね」などと声をかける
  2. 赤ちゃんがこちらを向いたら、出かけるふりをして「バイバ~イ」と声を出しながらバイバイする
  3. 赤ちゃんが腕を動かしたら「あ、バイバイしてくれるんだね。ありがとう」と声をかけて褒める
  4. 赤ちゃんが反応しない時は、近くに寄って「バイバ~イ」と言いながら赤ちゃんの腕をゆっくり振る

練習させる時のコツ

赤ちゃんは、自発的に楽しんで遊んだことほど、より早く正確に身につけるものなので、ご機嫌な時に楽しい雰囲気の中で練習させることが何より大切です。

また、ちょっとしたしぐさでも褒めてあげることで、赤ちゃんは、「あ、褒められた。もっとやろう。」と前向きな気持ちになり、新しい動きに積極的にチャレンジします。

赤ちゃんがチャレンジしない時は、赤ちゃんの手や両手を持ち、拍手やバイバイの動きをさせてみても良いでしょう。

ただし、赤ちゃんが嫌がったらすぐに止め、機嫌が直るまでしばらく時間をおいてください。

スポンサーリンク

自閉症(発達障害)の赤ちゃんは拍手(パチパチ)・バイバイしない?

赤ちゃん 拍手 バイバイ

自閉症や発達障害に関する情報が社会に広まるにつれ、1歳を過ぎても赤ちゃんが拍手をしないと、「自閉症(発達障害)ではないか。」と心配するお父さんお母さんが増えてきました。

「拍手(パチパチ)やバイバイをしないこと」と「自閉症(発達障害)」が結びつくのは、「人のマネをしない」という自閉症の症状が関係しています。

つまり、拍手は、赤ちゃんが大人のマネをすることで覚える動作なので、「拍手しない=人のマネをしない=自閉症の症状と一致する」と関連付ける人が多いのです。

確かに、自閉症児の生活史を振り返ると、赤ちゃんの頃に拍手をしなかったというエピソードが登場することはありますが、拍手をしないだけで自閉症や他の発達障害の診断がつくことはありません。

実際のところ、自閉症が拍手やバイバイしない原因になっているケースは珍しく、多くの場合、腕の機能に障害があって自由に動かせない、視力が悪くて周りが良く見えずマネが上達しないなど、身体的な異常が関わっています。

そのため、1歳を過ぎても赤ちゃんが拍手しない場合は、一度小児科を受診して、赤ちゃんの身体や運動機能の発達を注意深く診察してもらうことをおすすめします。

関連ページ

うちの場合

1歳を過ぎても拍手もバイバイもしてくれず、妻も私もやきもきしていました。

1歳児健診で相談すると、医師から親子の関わりが少ないのではないかと言われてショックを受けましたが、その後、積極的に練習させてみたところ、健診から1週間程度で拍手を始め、その数日後にはバイバイも始めました。

今では、毎朝出勤する私にバイバイしてくれるようになっています。

ページ上部へ戻る