menu
閉じる
  1. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  5. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  6. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  7. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんのハイハイの時期はいつから?ハイハイしないときの練習は?

赤ちゃん ハイハイ いつから

赤ちゃんのハイハイとは

赤ちゃん ハイハイ

赤ちゃんのハイハイとは、手のひらと膝を床について体を持ち上げ、両手両足を交互に動かして動く動作のことです。

赤ちゃんは、首がすわり、寝返り、ずりばいを覚えると、次はハイハイにチャレンジするようになります。

そして、ハイハイに慣れてくるとつかまり立ち、つかまり移動、二足歩行と進んでいきます。

つまり、ハイハイは、寝返りで移動することを覚えてから、立って歩くようになるまでの中間地点と言えます。

赤ちゃんのハイハイとずりばいの違いは?

赤ちゃん ハイハイ ずりばい 違い

赤ちゃんは、ハイハイの前段階としてずりばいを覚えます。

ずりばいとは、うつぶせでおなかを床につけた状態で、腕や足の裏で床を押したり蹴ったりしながら、前や後ろにはって進む動作です。

いわゆるほふく前進です。

ハイハイは、ずりばいの状態から体を持ち上げる必要があるため、ずりばい→ハイハイの順番でできるようになるのが一般的です。

ただし、赤ちゃんの運動機能の発達は個人差が大きいもので、全ての赤ちゃんがずりばいするわけではなく、いきなりハイハイを始める赤ちゃんもいます。

なお、ずりはいは広い意味ではハイハイに含まれています。

また、広い意味のハイハイには、ずりばいの他に、次のようなものが含まれます。

ひじばいと高ばい

ずりばいやハイハイと似た動作にひじばいと高ばいがあります。

ひじばいは、ずりばいとハイハイの間、高ばいは、ハイハイの一歩先の動作です。

ひじばい

ひじばいとは、上半身を起こした状態で、左右の肘を交互に床につけて前や後ろに移動することをいいます。

腕や肩の筋肉がよく発達している赤ちゃんによく見られます。

ひじばいは、勢いよく肘を床について移動するので、硬い床は避けて、畳やマットの上に寝かせてあげましょう。

高ばい(クマ歩き)

高ばいとは、両手と両足を床につけて体を持ち上げ、両手とつま先で床を押したり蹴ったりして移動することをいいます。

移動する様子が四足歩行で移動するクマに似ていることから、クマ歩きとも呼ばれています。

立ち上がって二足歩行する一歩手前の状態と言えます。

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんがハイハイを始める時期はいつから

赤ちゃん ハイハイ 時期 いつから

赤ちゃんがハイハイを始める時期は、生後7ヶ月から生後8ヶ月頃が一般的ですが、個人差はとても大きいものです。

また、赤ちゃんは、首がすわり、寝返りを打てるようになった後にずりばいやハイハイを始めます。

そのため、首すわりや寝返りを早く始めた赤ちゃんは、生後5ヶ月から生後6ヶ月頃にハイハイを始めることがあります。

一方で、首すわりや寝返りがゆっくりだった赤ちゃんは、生後10ヶ月を過ぎてからハイハイを始めることもあります。

また、ハイハイとずりばいを同時に始める赤ちゃんもいれば、ずりばいをしないままハイハイを始める赤ちゃんもいます。

スポンサーリンク

赤ちゃんがハイハイしないときは練習させる?練習方法は?

赤ちゃん ハイハイしない 練習

練習を始める目安はお座り

赤ちゃんは、身体が発達すれば自分でハイハイを始めるものなので、生後8ヶ月を過ぎても赤ちゃんがハイハイしないからといって心配する必要はありません。

身体が十分に発達しないうちにハイハイの練習をさせると、身体を痛めてしまい、かえってハイハイやその後の発達が遅れてしまうリスクがあります。

赤ちゃんにハイハイの練習をさせるときは、お座りできるかどうかを確認してください。

ハイハイとお座りを始めるには、背骨やその周辺の体幹、腰や脚の筋肉が発達している必要があり、多くの赤ちゃんは、ハイハイの少し前にお座りを始めるか、2つの動作を同時期に始めます。

そのため、赤ちゃんがお座りを始めると、ハイハイできるくらい身体が発達しているという目安になります。

ただし、全ての赤ちゃんがハイハイとお座りを同時に始めるわけではないので、あくまで目安です。

関連ページ

ハイハイの練習方法

練習の方法としては、赤ちゃんの足の裏に壁を作る方法、赤ちゃんの目の前にオモチャを置く方法、お父さんお母さんがハイハイの見本を見せる方法が効果的です。

共通しているのは、赤ちゃんの興味関心を引くということです。

もちろん、練習を始めてすぐにハイハイを始める赤ちゃんはいません。

しかし、繰り返すうちに少しずつできるようになりますし、練習中のお父さんお母さんのスキンシップや声かけが、赤ちゃんにとってはとても嬉しいもので、モチベーションを上げるきっかけになります。

スペースの確保と部屋の片付け

練習させる前に、練習スペースを確保し、片付けておきましょう。

きゅうくつな場所では思ったように練習できませんし、壁などに頭をぶつけてしまう危険もあります。

また、赤ちゃんは、周囲のことを気にせず思いっきり身体を動かすので、散らかった場所で練習させると怪我をする危険があります。

赤ちゃんが移動できる範囲に、赤ちゃんが掴んだり口に入れたりして危ないものがないか、確認してください。

赤ちゃんの足の裏に壁を作る

赤ちゃんの足の近くに座り、手や足で赤ちゃんの後ろに壁を作って通せんぼします。

赤ちゃんの足を手や足で軽く押してやると、赤ちゃんは、「こっちには進めないんだな」と思い、空間のある前へ体を動かそうとするようになります。

赤ちゃんの目の前にオモチャを置く

ハイハイを始めるころの赤ちゃんは、興味のある物に手を伸ばし、掴んで口に入れようとします。

赤ちゃんの手がギリギリ届かないところにオモチャを置くと、赤ちゃんは目の前のオモチャをつかもうと必死に腕を伸ばし、届かないことが分かると体を前に動かそうとします。

お父さんお母さんがハイハイの見本を見せる

赤ちゃんは、お父さんお母さんのすることに興味津々で、ちょっとした仕草でもじっと見つめて真似しようとします。

この「真似をする」ということが、赤ちゃんの最大の学習方法です。

赤ちゃんの横で、お父さんお母さんがハイハイすると、赤ちゃんはじっと観察して動きを覚え、見よう見まねでハイハイを始めます。

赤ちゃんの目の前でハイハイするより、横に並んだ方が赤ちゃんの学習には役立つと言われています。

ページ上部へ戻る