menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  3. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  4. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  5. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  6. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  7. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  8. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  9. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

新生児、乳児、幼児の子育てと発達障害の知識を中心に

ゴミやホコリ、髪の毛やタオルの繊維などが赤ちゃんの目に入ったことはありませんか?育児をしていると、赤ちゃんの目にゴミが入るのはよくあることで、どれだけ注意していても起こりうることです。目はとてもデリケートで、かつ、赤ちゃんが…

朝起きてみると、赤ちゃんの手足やほっぺが赤くパンパンに腫れていたという経験はありませんか?冬は、赤ちゃんがしもやけになりやすい季節で、どれだけ防寒対策をキチンとしていても、赤ちゃんがしもやけになるリスクを0にすることはできません。…

「子育て・育児は夫婦で協力して行うもの」という考え方が浸透し、男性の育児参加に関する制度が整備されつつある一方で、育児などの負担が夫婦の一方に集中する「ワンオペ育児」の増加が問題視されています。社会全体としては男性の育児参加が求めら…

まずは、次の単語を見てください。 ワンオペ ハツマタ ベビタン 姫 王子 ブリ ハンリガ意味の分かる言葉はいくつありましたか?これらは全てイマドキの育児用語で、ママ用語と呼ばれる…

赤ちゃんは、離乳食が進んで色々な物を食べられるようになってくるにつれて、お父さんお母さんが食べているお菓子・おやつにも興味を示すようになります。お父さんお母さんとしては、「離乳食も慣れてきたし、そろそろ赤ちゃん用のお菓子を買ってみよ…

「響きが良く、呼びやすい名前を選んだ。」「好きな歌手や芸能人の名前を付けた。」「夫婦の名前の漢字を一文字ずつ取った。」「おじいちゃんおばあちゃんに決めてもらった。」「苗字と名前の画数が良いものにした。」…

赤ちゃんは、生まれたての頃から身長や体重、見た目などに個人差がありますが、成長するにつれて赤ちゃん一人ひとりの個性が花開くにつれて、他の赤ちゃんとの差は大きくなっていきます。親としては、ついつい自分の赤ちゃんと他の赤ちゃんを比べてし…

「赤ちゃんの成長は個人差が大きいもの」だと頭では分かっていても、乳児健診などでよその家庭赤ちゃんを見ると、ついつい自分の赤ちゃんと比べてしまいがちです。それも、「あの子、うちの赤ちゃんより大きくなあ。」、「どうしてうちの子だけハイハ…

布団で寝ている赤ちゃんを誤って踏んだことはありませんか?寝返りした拍子に隣で寝ている赤ちゃんの上にのしかかったことは?上の子がいたずら感覚で赤ちゃんの上に乗ったり、やきもちを焼いて赤ちゃんを踏みつけたりするのを見たことは?…

元気に遊んでいた赤ちゃんが、突然、ボーッとしたり、呆然として固まったりすることはありませんか?また、ある時期から、呼びかけても赤ちゃんの反応が薄くなったもしくはなくなったことはありませんか?こうした症状が赤ちゃんに見られる場…

赤ちゃんのおむつ交換をする時、おむつがピンク色や赤色になっていて驚いたことはありませんか。おしっこは、赤ちゃんの健康状態を示す大切なバロメーター(指標)の一つです。おむつに付着したおしっこの色がいつもと違ったら、それは何らか…

赤ちゃんは、首がすわり、寝返りを覚えて、ズリバイやハイハイにチャレンジというように、次々と新しい動きを身につけていきます。ズリバイやハイハイと同じ頃にできるようになるのが、お座りです。大人は当たり前のように立ったり座ったりし…

赤ちゃんは、大人に比べて消化器官が未熟なので下痢になりやすいものです。しかし、「下痢」と一言で言っても、食事(母乳、ミルク、離乳食など)、冷え、病気など原因はたくさんあり、原因によって対処法が違います。そのため、親としては、…

赤ちゃんの尿(おしっこ)は、健康状態を判断するための大切なバロメーターの一つです。赤ちゃんの尿がいつもより臭い、色が濃い場合場合、何らかの病気や腎臓の異常などが原因となっていることがあります。そのため、親としては、日頃からお…

社会的入院は、かつては、高齢者や精神科患者の問題として注目されていました。例えば、医学的治療を必要としない高齢者が、家族に引き取りを拒否されたため長期入院したり、治療を終えた精神科患者が、社会復帰不安などの理由で入院を続けたりする場…

お母さん(女性)が赤ちゃんに語りかける時、やさしくささやくような独特な口調になっていませんか?また、お父さん(男性)は、そうしたお母さんの口調を聞いたことはありませんか?お母さんが赤ちゃんに話しかける時の独特な口調はマザリー…

お父さんとお母さんが仲良く話していると、赤ちゃんが泣きながらお母さんに抱っこを求めてきたり、お母さんが他人の赤ちゃんを抱っこすると、赤ちゃんがぐずって泣きだしたりした経験はありませんか?こうした赤ちゃんの行動は、やきもち(嫉妬心)だ…

赤ちゃんは、手先が器用になってくると紙を破り始めます。破って良いものと悪いものの区別がつかず、大切な書類や絵本まで手あたり次第に破りますし、何度注意しても笑顔で繰り返すので、困ってしまうお父さんお母さんが少なくありません。ま…

寝る前の赤ちゃんが、お母さんの乳首をつまる、皮膚をつねるといったことはありませんか?また、子守唄を歌わないと寝ない、頭をなでてあげないと寝ないことはありませんか?赤ちゃんは、ある行動をしたり、親にある行動をしてもらったりしな…

赤ちゃんに子守唄は歌ってあげていますか?子守唄は、昔から赤ちゃんの寝かしつけの定番で、「ねんねんころりよ」、「ゆりかごの歌」、「ララルー」、「シューベルトの子守唄」など、世界中でたくさんの子守唄が作詞作曲されては歌い伝えられています…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る