menu
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  3. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  4. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  5. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  8. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  9. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  10. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの生活リズムはいつから整える?月齢(生後○ヶ月)ごとの対応

乳児期 赤ちゃん 生活リズム いつから 生後 ヶ月

赤ちゃんの生活リズムの整え方

赤ちゃんが健康的な生活リズムを身につけていくためには、月齢(生後○ヶ月)や発達段階に応じた親のサポートが欠かせません。

しかし、「赤ちゃんの生活リズムはいつから整えれば良いのか」、「赤ちゃんは自然と生活リズムを整える力があると聞くけれど、親がどの程度介入して良いのか。」といった悩みを抱えているお父さんお母さんは多いものです。

そこで、このページでは、赤ちゃんの生活リズムを整えていくために、お父さんお母さんがサポートする方法について、月齢ごとに紹介しています。

こうしたことから、乳児期のうちに生活リズムを整えることは、とても大切だといえます。

生活リズムはなぜ大切か

赤ちゃんは、朝起きて太陽の光を浴びて、夜になって暗くなったら寝るという生活を続けていれば、自然と生活リズムを土台を身につけていきます。

乳児期のうちに、朝起きて夜寝るという健康的な生活リズムを身につけていると、その後、生活リズムが乱れても、身体が自力でリズムを修正するようになります。

一方で、乳児期に不規則な生活リズムが身についてしまうと、その後、リズムを修正することが難しくなります。

また、不規則な生活によって成長ホルモンが正常に分泌されなくなり、怒りっぽくなる、集中力や注意力が低下する、不眠になるといった問題が生じるリスクがあります。

スポンサーリンク

月齢ごとの生活リズムの整え方

新生児期(生後0ヶ月)から生後1ヶ月頃の赤ちゃん

この時期の赤ちゃんは、1,2時間ごとに起き、母乳やミルクを飲んで寝ることを繰り返します。

1日に16時間から20時間くらいは寝て過ごすので、昼と夜の区別はありません。

この時期は、赤ちゃんのリズムに合わせて母乳やミルクをあげることが何より大切で、無理に生活リズムを整える必要はありません。

朝は明るく、夜は暗く静かに

新生児期の赤ちゃんも、周囲の明るさや騒がしさは認識できます。

朝はカーテンを開けて太陽の光を浴びさせ、赤ちゃんがリラックスできるような音楽をかけてあげましょう。

胎教に良いと言われているモーツァルトなどのクラシックは、赤ちゃんの情操面の発達にも良いと言われています。

夜は早めに赤ちゃんが寝る部屋の明りを消し、なるべく物音を立てないようにしてあげます。

こうした対応により、赤ちゃんは、自然と朝と夜の区別ができるようになり、生活リズムを整える土台ができていきます。

関連ページ

生後2ヶ月、生後3ヶ月頃の赤ちゃんの生活リズム

赤ちゃんが1度に眠る時間は、生後2ヶ月で3~4時間、生後3ヶ月頃で3~5時間というように、月齢とともに長くなっていくのが一般的です。

日中も、起きている時間と寝ている時間のリズムが少しずつ整っていきます。

赤ちゃんと一緒に散歩する

朝と夜の区別を付ける対応は、新生児期から生後1ヶ月頃と同じです。

それに加えて、天気が良い日のお昼間に散歩に連れ出してあげると、赤ちゃんは「昼は外に出る時間なんだ。」と学習していきます。

関連ページ

生後4ヶ月、生後5ヶ月、生後6ヶ月

昼と夜の区別がつくようになり、「日中は元気に遊んで、夜は眠る。」という生活リズムが整ってくる時期です。

お昼寝は午前と午後の決まった時間になり、夜に起きる回数も少なくなっていきます。

時間を決めて生活させるようにする

一般的な生活リズムを身につけられるよう、お父さんお母さんが本格的にサポートを始める時期です。

具体的な方法は、次のとおりです。

  • 朝は決まった時間に起こす
  • お昼寝も決まった時間に起こす
  • 母乳やミルクをあげる間隔を一定にする
  • 毎日、同じ時間に沐浴させる
  • 昼間は一緒に散歩したり遊んだりして、夜は早めに部屋の明りを消して静かにする
  • 離乳食を始めている場合は、同じ時間に食べさせる

赤ちゃんのリズムを急に変えない

生後5ヶ月から生後6ヶ月頃は、赤ちゃんが夜泣きを始めて生活リズムが崩れがちになる時期ですが、一度身につけさせた生活リズムはなるべく維持しましょう。

ただし、赤ちゃんの生活リズムが大きくずれた場合は、少しずつ改善させてあげましょう。

いきなり生活リズムを大きく変えると、赤ちゃんが混乱してしまい、情緒不安定になったり、かえって生活リズムが乱れたりする可能性があります。

例えば、毎朝10時頃まで眠っている赤ちゃんの場合、最初は9時50分に起こし、次は9時40分というように、少しずつ起こす時間を早めてあげましょう。

関連ページ

生後7ヶ月、生後8ヶ月、生後9ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

ハイハイができるようになると、日中は部屋の中を元気に動き回ってエネルギーをたくさん使い、夜はぐっすり眠るようになります。

一方で、夜泣きが続いて生活リズムが大きく崩れる赤ちゃんもいます。

お世話や寝起きする時間を決めて生活させる

引き続き、お世話や寝起きの時間を決めて生活させます。

乳歯が生えて歯のお手入れが必要になったり、離乳食が1日2回になる時期ですが、時間はしっかり決めておきます。

遊び疲れて夕方にウトウトし始める赤ちゃんがいますが、夜の寝つきが悪くなってしまうので、寝かせないようにしましょう。

夜泣きがひどくて睡眠時間が短くなった場合でも、朝は決まった時間に起こし、午前と午後のお昼寝の時間を少し多くして調整してください。

お昼寝の時間を長くする場合は、起こす時間はいつもどおりで、寝かす時間を早めます。

関連ページ

生後10ヶ月、生後11ヶ月の赤ちゃんの生活リズム

ハイハイだけでなく、つかまり立ちや伝い歩きができるようになる赤ちゃんも増えてきて、日中の運動量はさらに多くなります。

朝起きて、日中は身体を使ってしっかり遊び、夜はグッスリ寝るという基本的な生活リズムが定着していく時期です。

昼寝が午後の1度だけになり、夜泣きがおさまって朝まで眠る赤ちゃんが多くなります。

日中の運動量を増やす工夫が大切

お世話や寝起きの時間を決めて、朝は午前7時から午前8時頃に起きて、夜は午後8時頃までに寝るという生活リズムを身につけさせていきます。

狭い部屋で過ごさせたり、ベビーサークルに押し込めたりすると、赤ちゃんは思うように身体を動かせずにエネルギーを持て余し、夜になっても寝ずに遊び続けるようになってしまいます。

リビングや公園など広々とした空間で、のびのび遊ばせてあげましょう。

関連ページ

ページ上部へ戻る