menu
閉じる
  1. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  2. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  3. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  8. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  9. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  10. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
閉じる

乳児期の子育て

離乳食中期(7~8ヶ月、モグモグ期)の進め方!おすすめレシピ、量や硬さ

離乳食中期 レシピ 赤ちゃん

離乳食は、段階を経て少しずつ進めていくものです。

離乳食初期(生後5~6ヶ月、ゴックン期)を卒業できたら、次は離乳食中期(生後7~8ヶ月、モグモグ期)に入ります。

離乳食中期には、水分の量を少しずつ減らし、やや固めの物をモグモグ食べる練習を始めます。

食べられる食材の種類や量が増える分、アレルギーにもより注意を払う必要があります。

このページでは、離乳食中期(生後7~8ヶ月、モグモグ期)の赤ちゃんの離乳食の進め方、食材や簡単レシピの紹介、離乳食を進める上での注意点を紹介します。

スポンサーリンク

離乳食中期(生後7~8ヶ月、モグモグ期)の離乳食の進め方

赤ちゃんは、生後7ヶ月~生後8ヶ月になると、自力でお座りできるようになり、あごの力も強くなってきます。

中には、乳歯が生えそうで歯ぐずりを始めたり、実際に乳歯が生え始めたりする赤ちゃんも出てきます。

離乳食を食べさせる時は、しっかり安定したイスに座らせて、背筋をピッと伸ばした姿勢の良い状態を保てるような環境を整えてあげましょう。

関連ページ

赤ちゃんの乳歯はいつから何本生える?順番や生え方は?

離乳食中期(モグモグ期)の離乳食の硬さ

離乳食中期(モグモグ期)の離乳食は、ゴックン期のメニューから少しずつ水分の量を減らし、やや固めに調理するのがポイントです。

おかゆの場合は、5~7倍がゆ(お米:水=1:5~7)となります。

硬さの目安は、歯ぐきで潰せるくらいです。

プリンや豆腐くらいの硬さをイメージすると分かりやすいでしょう。

離乳食中期(モグモグ期)の離乳食の量

離乳食初期(ゴックン期)は、赤ちゃんが離乳食に慣れることが一番大切で、回数にはそれほどこだわる必要はありませんでした。

しかし、離乳食中期(モグモグ期)には、できるかぎり2回食(1日2回、離乳食を食べさせる)を定着さえることが大切です。

離乳食の量の目安は、ご飯やうどんなら大さじ5杯程度(幼児用茶碗に半分程度)、食パンなら6枚切りで1/4枚程度です。

食べる量は個人差が大きいので、無理やり食べさせる必要はありません。

なお、主な栄養源はまだまだ母乳やミルクで、ミルクなら1日に5回授乳させるのが一般的ですが、そのうち2回は、離乳食の後に飲ませるようにします。

離乳食後の授乳に関しては、食べた離乳食の量を見ながら調整するようにしましょう。

関連ページ

赤ちゃんのお座りはいつから?おすわりしない、できない、遅いときの練習方法は?

離乳食中期(モグモグ期)のおすすめ簡単レシピ

離乳食中期は、食べられる食材が増えるので、離乳食のレシピも一気に増えることになります。

リンゴ煮

リンゴと水だけを使ったシンプルなレシピです。

砂糖を使わなくてもリンゴ本来の甘さで美味しく食べられますし、シナモンなどを振りかけると大人も一緒においしく食べることができます。

リンゴ煮の材料

  • リンゴ:1個
  • 水:200cc

リンゴ煮の作り方

  1. リンゴの皮を剥き、5mm程度の薄さの一口大にカットする
  2. 鍋に水200ccとカットしたリンゴを入れ、火にかける
  3. 沸騰したら弱火にして、水気がなくなるまで焦げつかせないように煮込む
  4. リンゴの色が黄色に変わり、柔らかくなるまで煮込む

味噌うどん

大人用に作った味噌汁を薄めて作る簡単レシピですが、コンソメスープなどでも応用できます。

野菜は、ある程度の量をまとめて茹で、カットして少量ずつ冷凍しておくと便利です。

味噌うどんの材料

  • うどん:適量
  • 野菜(大根や人参、かぶ、じゃがいもなど):適量
  • 味噌汁:少々

味噌うどんの作り方

  1. うどんを柔らかく茹で、食べやすい大きさにカットする
  2. 大根や人参、かぶ、じゃがいも、キャベツなどの野菜を茹で、歯ぐきで潰せる程度の食感にする
  3. 大人用の味噌汁をお湯で薄めた中に1.と2.を入れる

ポテ・トマ・フィッシュ

ポテト、トマト、フィッシュ(白身魚)という離乳食の代表的な食材をフル活用したレシピです。

柔らかさが足りないようであれば、少量のお湯やベビーフードのコンソメスープなどを加えてのばしてみると良いでしょう。

ポテ・トマ・フィッシュの材料

  • じゃがいも(中):1・4個程度
  • トマト(中):1・4個程度
  • 白身魚:大さじ2程度

ポテ・トマ・フィッシュの作り方

  1. マッシュポテトを作る
  2. トマトを湯剥きし、種を取り除き、細かくカットする
  3. 白身魚を茹で、すり潰す
  4. 1.と2.と3.を盛り合わせる

離乳食中期(モグモグ期)のおすすめ食材、NG食材

離乳食中期(モグモグ期)は、離乳食初期に比べると食べられる食材が一気に増えますが、その分、アレルギーや糖分・塩分量など注意すべきことも増えていきます。

調味料

まず気をつけたいのが、調味料です。

砂糖・塩・醤油・マヨネーズ・ケチャップ・バターなどの調味料はなるべく使わずに、素材の味を大事にすることを心がけましょう。

パン

パンを食べさせる場合は、食パンのみにしておきましょう。

フランスパン、クロワッサン、バターロールなどは塩分が多いので、離乳食中期(モグモグ期)には控え、離乳食後期(カミカミ期)以降に少しずつ食べさせるようにします。

麺類

麺類は、うどん、パスタ、ビーフン、素麺などは柔らかく煮込めば食べられますが、アレルギーの出やすいそば、油っこい中華麺は避けるようにしましょう。

肉・魚

肉は、鶏肉のささみや鶏ひき肉は問題ありませんが、その他は、食材をしっかり噛めるようになる離乳食後期(カミカミ期)以降です。

魚は、鯛やヒラメ、カレイ、タラなどの白身魚やしらす干しを中心に離乳食レシピに取り入れます。

白身魚のメニューにしっかり慣れてきたら、脂分がやや強くなる鮭にチャレンジしてみても良いでしょう。

ただし、塩鮭や鮭フレークは大人向けの味付けで、塩分が多く含まれているのでNGです。

青魚類は、離乳食後期(カミカミ期)以降に、貝や刺身は生後2歳以降に食べさせるようにしましょう。

卵は、離乳食中期(モグモグ期)から食べさせることができますが、アレルギーが心配される食材の1つです。

そのため、まずはアレルギーの心配が少ない卵黄だけを食べさせ、異状がなければ卵白を食べさせて、問題がないようであれば卵黄も卵白も使った離乳食を食べさせましょう。

野菜・果物

離乳食中期(モグモグ期)はまだ、栄養バランスよりも赤ちゃんの食べやすさを優先させる時期です。

野菜や果物は、苦味の強いもの、アクが強いもの、酸味が強いもの、繊維が多いものは避けましょう。

  • 苦味の強いもの:ピーマン、ゴーヤ
  • アクが強いもの:レンコン、ごぼう、ナス、たけのこ
  • 酸味が強いもの:グレープフルーツ、パイナップル、キウイ、オレンジ
  • 食物繊維が多いもの:ごぼう、レタス、アスパラガス、きのこ

スポンサーリンク

離乳食を進める上での注意点

離乳食中期(モグモグ期)の赤ちゃんは、食べた物をベーッと出したり、手についた食べ物を振り回したりするため、離乳食を食べさせるたびに赤ちゃんの周りはあちこち汚れます。

こぼした物を受け止めてくれる受け皿付きのエプロンをつけさせたり、赤ちゃんが座るイスの下に小さめのレジャーシートを敷いておいたりすると、後片付けが簡単です。

また、食べた食材がうまく消化されず、うんちの中に混ざって出てくることもあります。

親としては心配になりますが、何度も食べるうちにうまく消化・吸収されるようになるので、下痢をしていなければ気にする必要はありません。

赤ちゃんの体調が悪い時は、無理に食べさせる必要はありません。

熱や下痢といった症状がある場合は、脱水を起こさないように水分補給を積極的に行ないましょう。

また、離乳食の進み具合にこだわらず、口当たりの良い物や、消化管の負担にならない物を食べさせてあげます。

離乳食初期のメニューに戻してみても良いでしょう。

なお、大人と同じように、赤ちゃんも、気分によって食べたいものがコロコロ変わるもので、昨日はご機嫌で食べてくれたのに、今日は食べてくれないということは珍しくありません。

そんな時は、味に変化を加えてみたり、食べたくなるような雰囲気作りをしたりと工夫してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

離乳食中期(モグモグ期)は、食べられる食材の幅がグッと広がり、その固さもヨーグルト状からプリンや豆腐くらいへとステップアップしていきます。

また、2回食(1日2回の離乳食)になり、赤ちゃんの食事のリズムも変化していきます。

赤ちゃんが、決まった時間におなかを減らして食欲がわくように、できるかぎり規則正しい生活を送ることが大切です。

赤ちゃんが食べることを楽しめるように、様々なメニューやレシピを参考に、オリジナル離乳食を作ってみるのも良いでしょう。

最後に、離乳食の進み方は個人差が大きいものです。

一般的に、離乳食中期は生後7ヶ月から生後8ヶ月頃に行うものということになってはいますが、多少早まったり遅れたりしても気にする必要はありません。

離乳食を進める上で大切なのは、「こうでなければいけない」と決めつけず、赤ちゃんの様子を慎重に観察しながら、赤ちゃんのペースに合わせた進め方をすることです。

ページ上部へ戻る