menu
閉じる
  1. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  5. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  6. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  7. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  8. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  9. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

離乳食初期(5~6ヶ月・ゴックン期)の進め方!おすすめ食材や簡単レシピ

離乳食初期 ゴックン期 赤ちゃん 裏ごし

 赤ちゃんがいろいろな食材に慣れていくための離乳食。

特に離乳食初期は、母乳やミルク以外の物を初めて口にするドキドキの瞬間から、少しずつ離乳食に慣れさせていくまでの、いわゆるお試し期間です。

お試し期間と言っても、離乳食初期に、赤ちゃんがどれだけ離乳食に興味関心を持ち、どれだけ楽しんで食べられるようになるかによって、中期や後期の難易度が大きく変わりますし、好き嫌いにも影響が出ると言われています。

離乳食初期は、赤ちゃんの食生活にとって、とても大切なターニングポイントなのです。

このページでは、離乳食初期(生後5~6ヶ月、ゴックン期)の赤ちゃんの離乳食の進め方、食材や簡単レシピの紹介、離乳食を進める上での注意点を紹介します。

スポンサーリンク

離乳食とは

離乳食とは、赤ちゃんの食事(栄養摂取の方法)を、母乳やミルクを「飲む」ことから、食材を「食べる」ことへ移行させていく過程で食べさせる食事のことです。

赤ちゃんは、離乳食期間中に、口にする食材の種類や量が劇的に増え、食材を口に入れて、歯や歯ぐきで噛み、飲み込むという一連の動作を覚えていきます。

離乳食は、離乳食初期、離乳食中期、離乳食後期、離乳食終了期の4段階に分類されます。

  • 離乳食初期(ゴックン期):生後5ヶ月~生後6ヶ月。ドロッとした食材をゴックンと飲み込む練習をする時期
  • 離乳食中期(モグモグ期):生後7ヶ月~生後8ヶ月。柔らかい食材をモグモグ食べる練習をする時期
  • 離乳食後期(カミカミ期):生後9ヶ月~生後11ヶ月。歯ぐきでつぶせる固さの食材をカミカミして食べる練習をする時期
  • 離乳食終了期(パクパク期):生後1歳~生後1歳6ヶ月。離乳食から普通食へ移行する仕上げの時期

この間に赤ちゃんの食べる機能は、乳汁を吸って飲み込むことから、食べ物をかみつぶして飲みこむことへと発達し、また、食べる食品の量や種類も多くなり、献立や調理の仕方も変化していきます。

離乳食を始める時期

離乳食は、生後5~6ヶ月頃に始めるのが一般的です。

しかし、実際に離乳食を始める時期は、赤ちゃんの成長発達によって個人差が大きいものです。

離乳食を始める目安は、次のとおりです。

  • 首すわりが完成している
  • 親の支えがあればお座りできる
  • 押し出し反射が消失しているもしくは弱くなっている(食器を口の中に入れても舌で押し出さない)
  • 大人の食べ物に興味関心を示す

首すわりの完成、支えありのお座り、押し出し反射の消失は、離乳食を始める上で必ず確認しておきましょう。

首すわりの完成やお座りできることは、食べた物がスムースに胃腸まで流れていくために大切です。

押し出し反射とは、原始反射の一種で、身体の中に異物が混入しないよう生まれつき備わっている反射です。

新生児の頃から生後4ヶ月頃までは、哺乳反射という別の原始反射との組み合わせで、母乳やミルクを飲み、それ以外の物は口から押し出すという仕組みがあるので、離乳食を始めようとしても、スプーンや食材が押し出されることがあります。

その場合は、離乳食を中断し、反射が治まってから再開しましょう。

なお、「生後5ヶ月になったら、絶対に離乳食を始めないといけない。」と深刻に考えて、嫌がる赤ちゃんに無理やり離乳食を食べさせようとするお父さんお母さんは少なくありません。

しかし、無理やり離乳食を始めると、赤ちゃんが離乳食を嫌いになってしまい、かえって離乳が進まなくなります。

そのため、赤ちゃんが離乳食を嫌がったら一度中断し、「赤ちゃんが大人の食べ物に興味関心を示した頃」に再チャレンジしてみましょう。

関連ページ

押し出し反射(原始反射)とは?離乳食開始後に消失しない時の対応は?

離乳食の記念すべき最初のメニュー

離乳食は、食材を「ゴックン」と飲み込む練習から始めます。

赤ちゃんは、母乳やミルク以外の物を口にするのは初めてですから、じっくりゆっくり進めていくことを心がけましょう。

記念すべき最初のメニューは、10倍がゆ(お米:水=1:10)をすりつぶした物からです。

「地味だな。」と思うかも知れませんが、初めての離乳食は、10倍がゆを、それも一口だけ与えたら終了です。

もし、赤ちゃんが欲しがったとしても、強制的に終了してください。

赤ちゃんの胃腸は、母乳やミルク以外の物には慣れていないので、少しずつ慣らしていかないと食材をうまく消化できず、嘔吐や下痢を起こしてしまうことがあります。

赤ちゃんが体調を崩すと、せっかく始めた離乳食を中断せざるを得なくなるので、くれぐれも慎重に始めてください。

離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月、ゴックン期)の進め方

離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月、ゴックン期)の進め方は、次のとおりです。

  • 1~2日目:10倍がゆ(1さじ)
  • 3~4日目:10倍がゆ(2さじ)
  • 5~6日目:10倍がゆ(3さじ)
  • 7~10日目:10倍がゆ(4さじ)
  • 11~15日目:10倍がゆ(5さじ)

基本的に、離乳食開始から2週間程度は、10倍がゆ(お米:水=1:10)のみ食べさせます。

離乳食開始1週間前後から、果汁や魚のすりおろしを与えると書かれている離乳食本やサイトもありますが、胃腸の負担や健康面を考えると、10倍がゆのみが安全です。

食材の固さの目安は、最初はヨーグルト状、慣れてきたらすりつぶし方を少し粗目にしていきましょう。

離乳食開始から2週間くらい経ったら、他の食材にもチャレンジします。

まずは人参や大根、かぼちゃなどを柔らかく煮てすりつぶし、スープや出し汁で飲み込みやすい状態にして食べさせてみましょう。

それがクリアできれば、豆腐や白身魚を茹でてすりつぶした離乳食を与えてみます。

白身魚は茹でただけだとパサつくので、スープなどでとろみを付けたり、おかゆに混ぜたりすると食べやすくなります。

どんな食材でも最初は一口だけにして様子を見て、問題がないようであれば、1さじずつ増やしていきます。

何事もなく離乳食が順調に進むようであれば、回数を1日1回から1日2回に増やしてみましょう。

2回食の場合は、離乳食と離乳食の間隔を空けることが大切です。

例えば、午前10時と午後6時など、午前と午後に分けて与えます。

スポンサーリンク

離乳食初期(ゴックン期)のおすすめ簡単レシピ

「離乳食は手間のかかる」と思われがちですが、簡単に作れる離乳食もたくさんあります。

ジャガイモ入りミルクスープ

ジャガイモ入りミルクスープの材料

  • 粉ミルク:40cc
  • ジャガイモ:大さじ1/2

ジャガイモ入りミルクスープの作り方

  1. ジャガイモが柔らかくなるまで茹で、丁寧に裏ごしする
  2. ミルク40ccに1.を混ぜ、よくなじませる

きゅうりのおろし煮

きゅうりのおろし煮の材料

  • きゅうり:1/2本
  • 出し汁:30cc
  • 片栗粉:適量

きゅうりのおろし煮の作り方

  1. きゅうりの皮をむき、すりおろす
  2. 出し汁の中に1.を入れ、軽く沸騰させて火を止める
  3. 片栗粉でとろみをつける

かぼちゃと人参のペースト

かぼちゃと人参のペーストの材料

  • 人参:10g程度
  • かぼちゃ:10g程度
  • 野菜ブイヨンもしくはコンソメスープを薄めたもの:適量

かぼちゃと人参のペーストの作り方

  1. 人参とかぼちゃの皮をむいて、柔らかくなるまで火をとおす
  2. 1.をすりつぶして、野菜ブイヨンやコンソメスープでペースト状にのばす

野菜や果物のペースト

離乳食の基本で、使い道が多いのがペーストです。

ベビーフードとして販売されている商品もありますが、バナナやリンゴなどの食材をすりつぶし、少量のお湯を加えてペースト状にのばすだけなので、自分でも簡単に作ることができます。

「味が薄くなるんじゃない?」と思うかも知れませんが、離乳食は薄味が基本です。

まずは「スプーンに慣れること」や、「母乳やミルク以外の味を受け入れること」が目標と思って進めましょう。

パンがゆ

初期の離乳食と言えば「パンがゆ」も定番です。

ミルクと合わせるオーソドックスなものから、スープやすりおろしたリンゴと合わせるなど、パンがゆのメニューはバラエティに富んでいます。

しかし、パンは小麦が原料になっているので、アレルギーが出ることも考えられます。

赤ちゃんの様子を見ながら、慎重に進めることが大切です。

離乳食を進める上で注意したい食材は、次のとおりです。

  • 小麦
  • ナッツ類
  • そば
  • 乳製品
  • エビやカニなどの甲殻類

万が一のことを考えて、初めて食べさせる時は、医療機関が開いている時間帯にしましょう。

離乳食を進める上での注意点

離乳食を進める上で注意したいのは、「無理をしない」ことです。

子育てで最優先すべきなのは、赤ちゃんの体調です。

赤ちゃんの体調が悪い時は無理して離乳食を進めず、体調管理や水分補給を優先させましょう。

また、赤ちゃんの機嫌が悪い時に無理に与えると、離乳食を嫌いになってしまう可能性があるので、絶対に控えてください。

お父さんやお母さんが一緒に食事し、赤ちゃんが離乳食を食べるのを楽しめる雰囲気を作ることも大切です。

なお、赤ちゃんの中には、どんどん離乳食が進む子もいれば、なかなか進まない子もいます。

順調に進まなくても神経質にならず、大らかに構えることが大切です。

成長に個人差があるのは当然なことなので、赤ちゃんのペースを大事にしてあげましょう。

それでも心配な場合は、先輩ママやお住まいの地域の保健婦さんなどに相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

離乳食は、赤ちゃんにとって「初めて」の物ばかりです。

まずはスプーンに慣れ、「ゴックン」と飲み込む練習からのスタートとなります。

体調が悪い時や機嫌が悪い時は、離乳食を中断せざるを得ないことも出てくるでしょう。

そんな時も焦らず、慌てず、ゆっくりじっくり進めていくことが一番重要です。

赤ちゃんが「食べること」を楽しく感じるような雰囲気を、家族みんなで作り上げていきましょう。

ページ上部へ戻る