menu
閉じる
  1. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  5. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  6. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  7. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  8. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  9. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  10. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの子守唄の効果は?「ねんねんころりよ」など有名な子守歌の歌詞は?

赤ちゃん 入眠儀式 方法

赤ちゃんに子守唄は歌ってあげていますか?

子守唄は、昔から赤ちゃんの寝かしつけの定番で、「ねんねんころりよ」、「ゆりかごの歌」、「ララルー」、「シューベルトの子守唄」など、世界中でたくさんの子守唄が作詞作曲されては歌い伝えられています。

小さい頃、親に歌ってもらった記憶がある人も多いのではないでしょうか。

子守唄は、色々な寝かしつけ方法が開発された現在でもなお、多くの家庭で活用されています。

このページでは、子守歌が赤ちゃんに与える効果と、有名な子守歌の歌詞について紹介します。

子守唄とは

子守唄とは、子供をあやしたり、寝かしつけたりするための歌です。

子守唄は、あやしたり寝かしつけたりするという目的は世界共通ですが、表現方法や歌詞の内容などは各地域の分化や風習を反映したものになっています。

また、子守歌には、赤ちゃんをあやして寝かせる子守唄(cradle song)と、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせて寝かせる子守唄(lullaby)の二つがあり、どちらが歌われているかは地域によってことなります。

また、子守歌は各時代ごとに新しい歌が次々と生み出されており、数百年前から歌い継がれている歌もあれば、ここ数年で生まれた新しい歌もあります。

赤ちゃんに子守唄を歌ってあげる効果

子守唄が赤ちゃんに及ぼす効果は、大きく3つあります。

  • 赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる
  • 赤ちゃんの心拍数や苦痛度を下げる
  • 赤ちゃんの言葉の発達を促す

子守唄の赤ちゃんへの効果:赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる

子守唄は、テストステロンというホルモンの分泌量を抑制する効果があることが分かっています。

テストステロンとは、男性ホルモンの一種で、筋肉や骨格の発達に影響を与える他、脳を活性化させて活動的になる作用があります。

子守唄によってテストステロンの分泌量が抑えられると、赤ちゃんは落ち着いた状態になり、心身ともにリラックスして眠る態勢に入っていきます。

かつて、NHKの番組内で、泣いている赤ちゃんにブラームスの子守唄を聞かせた結果、実に85%の赤ちゃんが泣き止んだという結果もあります。

また、子守唄を歌うと、コルチゾールというストレスホルモンの分泌が抑えられ、お父さんお母さんにもリラックス効果があるという研究結果が発表されています。

子守唄の赤ちゃんへの効果:赤ちゃんの心拍数や苦痛度を下げる

イギリスのグレートオーモンドストリートホスピタル(great ormond street hospital)のニック・ピケット博士(Dr Nick Pickett)は、病気の赤ちゃんに子守唄を歌って聞かせながら、心拍数と苦痛度を測定するという研究を行い、子守唄を聞いた赤ちゃんは、子守唄を聞かなかった赤ちゃんよりも心拍数や苦痛度が下がったという結果が得られたことを発表しています。

この研究では、音の出る本を読み聞かせても心拍数や苦痛度を和らげる効果はなかったことを明らかにしています。

ただし、研究内で読み聞かせた絵本は限定的なので、「子守歌を歌うことは、絵本の読み聞かせよりも赤ちゃんの寝かしつけに効果がある。」とまで言うことはできません。

子守唄の赤ちゃんへの効果:赤ちゃんの言葉の発達を促す

東京大学大学院の多賀厳太郎教授らは、近赤外光トポグラフィー(赤ちゃんの頭にセンサーを設置し、近赤外線の吸収度によって脳のどの部位で血液中の酸素が使われているかを知る装置)を使った研究を行っています。

そして、生後3ヶ月の赤ちゃんは、抑揚のある言葉を聞かせた方が、抑揚のある言葉を聞かせた方が、側頭頭頂葉が大きく反応する(脳が活性化している)という研究結果から、抑揚をつけた子守歌などを聞かせることが言語機能の発達をうながすのではないかと推察しています。

また、赤ちゃんは、起きている時に体験したことを寝ている時に脳に定着させるため、子守唄をたくさん聞かせることで言葉の発達を促すという指摘もあります。

ただし、「子守唄を聞かせる=言語の発達を促す」ということが実証されたわけではありません。

有名な子守歌の歌詞

赤ちゃんの寝かしつけに効果的な子守歌の歌詞を3つ紹介します。

  • ねんねんころりよ
  • ゆりかごのうた
  • シューベルトの子守唄

子守唄の歌詞:ねんねんころりよ

ねんねんころりよ おころりよ

ぼうやはよい子だ ねんねしな

ぼうやのお守りは どこへ行った

あの山こえて 里へ行った

里のみやげに 何もろうた

でんでん太鼓に 笙(しょう)の笛

子守唄の歌詞:ゆりかごのうた

ゆりかごのうたを カナリヤが歌うよ

ねんねこねんねこ ねんねこよ

ゆりかごのうえに びわの実が揺れるよ

ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごのつなを 木ねずみが揺するよ

ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごのゆめに 黄色い月がかかるよ

ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

子守唄の歌詞:シューベルトの子守唄

ねむれねむれ 母の胸に

ねむれねむれ 母の手に

こころよき 歌声に

むすばずや 楽しゆめ

ねむれねむれ 母の胸に

ねむれねむれ 母の手に

あたたかき そのそでに

つつまれて ねむれよや

ねむれねむれ かわいわく子(ご)

一夜(ひとよ)寝(いねて) さめてみよ

くれないの ばらの花

開くぞよ まくらべに

機械音が子守歌に?

余談ですが、2016年11月、「赤ちゃんの子守唄にファンヒーター運転音」という奇妙なニュースが流れました。

内容は、「スリーピーヘッド・ラジオ」というイングランドのハンプシャー州のラジオ局が、期間限定で放送する番組内で、赤ちゃんを寝かしつけるための音楽として「ファンヒーターなどの家電の運転音を流す」というものです。

ファンヒーター以外では、海の波音や庭の水音も流すようですが、子供の専門家からは批判的な声が続出しており、効果は不明です。

日本では、ブラウン管テレビのノイズ音やレジ袋のガサガサ音は赤ちゃんの耳には心地よく聞こえると言いますが、今後、眠りとの関係を探る研究が始まることもあるかもしれません。

まとめ

子守唄には、赤ちゃんの気持ちを落ち着けたり、苦痛度を下げたり、言葉の発達を促したりする効果があります。

また、子守唄を歌う側のお父さんお母さんにもリラックス効果があることも分かっているので、たくさん子守唄を歌ってあげると、自分自身も落ち着いていけるはずです。

ページ上部へ戻る