menu
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

新生児期と乳児期の赤ちゃんの月齢(生後○ヶ月)、週数、日数の数え方

新生児期 乳児期 赤ちゃん 月齢 生後○ヶ月 週数 日数 数え方

月齢、週数、日数はどう数えたらいいの

赤ちゃんに関する行事や手続きは、月齢(生後○ヶ月)、週数(週齡、生後○週)、日数(日齢、生後○日)で表すことが多いものです。

例えば、新生児期から生後1ヶ月までだと、次のとおりです。

  • 退院:生後約一週間
  • 出生届の提出:生後2週間以内
  • お七夜と命名式:生後7日目
  • 一ヶ月健診:生後1ヶ月頃
  • お宮参り:男の子は生後31日か32日、女の子は生後32日か生後33日

また、産休や育児休業の申請用紙には、休業期間を「赤ちゃんが生後○ヶ月になるまで」、「赤ちゃんが生後○週○日になるまで」と記載しますし、予防接種の予診票には、赤ちゃんの年を「生後○ヶ月」、「生後○週○日」と記載します(会社や地域によって異なります。)。

しかし、月齢等の数え方を知らないか、あいまいな理解をしていて、混乱してしまうお父さんお母さんが少なくありません。

そこで、このページでは、赤ちゃんの月齢(生後○ヶ月)、週数(生後○週)、日数(生後○日)の数え方について紹介します。

関連ページ

スポンサーリンク

月齢、週数(週齢)、日数(日齢)の数え方

ここで紹介しているのは、母子手帳や病院で使用されている一般的な数え方です。

日数(日齢):赤ちゃんの生まれた日が「生後0日」

赤ちゃんの生まれた日(誕生日)を「生後0日」とします。

生まれた日の翌日を生後1日、翌々日を生後2日と数えます。

週数(週齡):赤ちゃんの生まれた日は「生後0週」

赤ちゃんの生まれた日を「生後0週」として、7日経つごとに生後1週、生後2週と数えます。

「生後○週○日」という場合の日数は、0日から6日で数えます。

例えば

赤ちゃんが1月5日に生まれた場合、1月5日が「生後0週0日」、1月12日が「生後1週0日(生後7日目)」、1月13日が「生後1週1日(生後8日目)」です。

月齢:赤ちゃんの生まれた日は「生後0ヶ月」

赤ちゃんの生まれた日を「生後0ヶ月」として、誕生日と同じ日を迎えるごとに生後1ヶ月、生後2ヶ月と数えます。

「生後○ヶ月○日」という場合の日数は、0日から数えます。

ネット上の月齢計算ツールには、赤ちゃんの生まれた日から30日経つごとに1ヶ月を加算するものもあるので、使用する際は注意が必要です。

例えば

赤ちゃんが1月5日に生まれた場合、1月5日から2月4日までが「生後0ヶ月」、2月5日が「生後1ヶ月0日」、2月6日が「生後1ヶ月1日」です。

スポンサーリンク

伝統的な行事の数え方は例外

日本古来の数え方では、生まれた日を「生後1日」としています。

お七夜、お宮参り、お食い初めなどの伝統的な行事は、日本古来の数え方で計算します。

  • 現在の数え方の月齢等+1日=日本古来の数え方の月齢等
  • 日本古来の数え方の月齢等-1日=現在の数え方の月齢等

例えば

赤ちゃんが1月5日に生まれた場合、お七夜、お宮参り、お食い初めの日は、次のとおりです。

  • お七夜:1月11日
  • お宮参り:2月5日頃
  • お食い初め:4月14日頃

関連ページ

スポンサーリンク

うちの場合

赤ちゃんが生まれたときは、月齢等の数え方はまったく知らず、生まれた日が生後1日だろうと勝手に思い込んでいました。

1ヶ月健診では、予診票の赤ちゃんの年を「生後○週○日」と記載する欄に、迷わず「生まれた日=生後1日」で計算して記載し、看護師から指摘されました。

その後、保健センターの助産師にも数え方の間違いを指摘され、さすがに恥ずかしくなったので勉強することにしました。

現在の医学の現場で使用されている数え方と、伝統的な行事を数えるときに使う数え方が違うと知ったときには、「ややこしい!統一してくれれば良いのに。」と、思わずつぶやいていました。

ページ上部へ戻る