menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  2. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  7. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  8. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  9. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  10. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
閉じる

乳児期の子育て

3ヶ月健診、4ヶ月健診いつどこで?内容と服装は?赤ちゃんの体重で再検査?

3ヶ月健診 4ヶ月健診 赤ちゃん 体重 内容

3ヶ月健診もしくは4ヶ月健診は、赤ちゃんにとって初めての集団健診です。

他の赤ちゃんの泣き声や人の多さに驚いてしまい、興奮して泣いたりぐずりっ放しになったりする赤ちゃんも少なくありません。

また、集団健診は時間がかかることが多く、持ち物や健診の流れについて予備知識を得ておくおくことはとても大切です。

このページでは、3ヶ月健診(4ヶ月健診)の時期と場所、内容、持ち物、再検査の有無について紹介します。

スポンサーリンク

3ヶ月健診と4ヶ月健診とは

3ヶ月健診(4ヶ月健診)とは、おおむね生後3ヶ月(生後4ヶ月)の赤ちゃんが受ける、初めての集団健診です。

赤ちゃんの発育・発達状態を確認するとともに、子育てをサポートする目的で行われるものです。

必要に応じて、専門の病院や機関の紹介や、医師による経過観察、保健師による相談や家庭訪問を行うこともあります。

3ヶ月「健診」か3ヶ月「検診」か

正しいのは、3ヶ月健診です。

健診と検診は意味が異なります。

  • 健診:健康診査の略で、健康かどうかを確認することを目的とする
  • 検診:早期に特定の病気を発見して治療することを目的とする

健診と検診を間違って使用している記事は多く、特に、まとめサイトや個人サイトの記事に3ヶ月「検診」という誤記をよく見かけます。

健診と検診の誤記だけでなく、内容に間違いがある記事も散見されるので、注意してください。

3ヶ月健診と4ヶ月健診

赤ちゃんが3ヶ月健診を受けるか4ヶ月健診を受けるかは、住んでいる地域によって異なります。

母子手帳の記載や、3ヶ月健診(4ヶ月健診)の案内文書を確認しておきましょう。

3ヶ月健診と4ヶ月健診を両方受けることはありません。

3ヶ月健診・4ヶ月健診時の赤ちゃんの体重

生後3ヶ月、生後4ヶ月の赤ちゃんの平均的な体重は、次のとおりです。

  • 男の子生後3ヶ月=5,120g~8,070g、生後4ヶ月=5,670g~8,720g
  • 女の子:生後3ヶ月=4,840g~7,530g、生後4ヶ月=5,350g~8,180g

体重に幅があるのは、生まれた時の体重、食事の種類(母乳・ミルク・混合)と量、尿や便の量、遺伝、運動量などが赤ちゃん一人ひとり異なるためです。

関連ページ

生後3ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?3ヶ月健診は?

3ヶ月健診・4ヶ月健診はいつ、どこで受ける?

3ヶ月健診(4ヶ月健診)へ行くのは、おおむね生後3ヶ月(生後4ヶ月)です。

会場は、地域の保健センターなどです。

病院ではないので注意してください。

健診の実施時期が近くなると、お住まいの自治体から、場所や日時、当日の予定などが記載された案内通知文書が赤ちゃん宛てに郵送されてきます。

日時変更は可能ですが、通常、健診は月1回、決まった曜日に実施されているので、1ヶ月健診のように柔軟に日時を決めることはできません。

変更する場合は、文書に記載されている連絡先に電話し、翌月の健診に変更したいと伝える必要があります。

なお、3ヶ月健診(4ヶ月健診)を集団健診ではなく個別健診として行っている地域の場合は、1ヶ月健診と同じように柔軟に日時変更が可能なことがあります。

関連ページ

生後4ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、生活リズムは?夜中に起きる?

3ヶ月健診・4ヶ月健診の持ち物と服装

3ヶ月健診(4ヶ月健診)の持ち物は、次のとおりです。

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 健診の案内通知文書
  • おむつ(3~4枚)
  • おしりふき
  • 着替え(1セット以上)
  • 授乳1回分の用意(ミルクの場合は粉ミルク、お湯、哺乳瓶など)
  • タオルやガーゼ
  • 検診の案内通知文書に記載されていた持ち物
  • 赤ちゃんが好きなおもちゃ(赤ちゃんがぐずった時用)

赤ちゃんは、身長・体重測定や医師の診察の際に裸になるので、脱ぎ着のしやすい前開きのカバーオールなどがおすすめです。

また、赤ちゃんは汗っかきなので、大人より1枚薄着させるのが基本です。

特に、集団検診の場合は、赤ちゃんとお母さんが大勢集まって熱気がこもり、会場がとても暑く感じることが多いので、服は少なめにして、おくるみやバスタオルなどで温度調整ができるようにしておくと便利です。
また3ヶ月健診(4ヶ月健診)は待ち時間が長く、移動する機会も多いので、お母さん自身の服装にも気を配る必要があります。
赤ちゃんを抱っこしたまま、立ったり座ったりという動作が多くなるため、授乳しやすく動きやすい服装や、疲れにくい履き慣れた靴を選びましょう。

スポンサーリンク

3ヶ月健診・4ヶ月健診の内容

3ヶ月健診(4ヶ月健診)の内容は、次のとおりです。

  • 身長、体重、頭囲、胸囲などの測定
  • 心音、呼吸音のチェック
  • 視覚、聴覚の異常の有無
  • 首のすわりや斜頸をチェック
  • 股関節の動き、脱臼の有無
  • 背骨などの骨の異常の有無
  • 腹部や胸部などを丁寧に触診し、腫瘤などが触れないかどうかをチェック

加えて、医師からお母さんに対して、次のような質問をしてきます。

  • 「首がすわったのはいつですか?」
  • 「あやすと笑いますか?」
  • 「目で物を追いますか?」
  • 「外気浴をしていますか?」
  • 「子育てに不安を感じていますか?」
  • 「子育てについて相談できる人が近くにいますか?」

いずれの質問も母子手帳の「保護者の記録」に記載されている質問内容と同じなので、事前に書き込んでいくと問診がスムースに進みます。

3ヶ月健診(4ヶ月健診)では、保健師や栄養士に相談できるコーナーも設けられており、育児相談や母乳やミルクに関する栄養相談を受けつけてもらえます。

自治体によっては、乳歯が生え始めた赤ちゃん向けに、歯のお手入れの方法や離乳食についての指導を行なっているところもあります。

関連ページ

外気浴とは(意味)?赤ちゃんの外気浴はいつから(新生児~何ヶ月)?

体重増加や発達の異常で再検査になる?

3ヶ月健診(4ヶ月健診)では、次のような場合に再検査となることがあります(一般的に再検査と言っていますが、正しくは再健診です。)。

  • 体重の増加が少ない、もしくは、体重が減少している
  • 首のすわりが遅い、もしくは、生後4ヶ月を過ぎても首がすわっていない(4ヶ月健診の場合)
  • 反射や反応が鈍い
  • 消失すべき原始反射が残っている

再検査の時期は生後6ヶ月~7ヶ月頃で、それまでの間に、保健師が面接や家庭訪問を行い、赤ちゃんの状態を確認することが多くなっています。

再検査になると、自分の育児が「異常」だと判断されたのだと受け取め、激しく落ち込んでしまう人がいます。

しかし、医師や保健師は、「標準値」からずれていれば異常とみなしているのであって、育児を否定しているわけではありません。

また、本当に深刻な病気や障害があるなら、すぐに病院で治療を受けるよう勧められるはずなので、再検査(しばらく様子を見る)ということは、少なくとも早急に対応する問題はないということです。

再検査は、あくまで、赤ちゃんの深刻な病気や障害をいち早く見つけるための医療的な手段なので、再検査になったからといって落ち込んだり自分を責めたりせず、「個人差があって当然。」、「他の子よりも注意深く見てもらえている。」くらいに思っておきましょう。

3ヶ月健診・4ヶ月健診の豆知識

ここからは、3ヶ月健診(4ヶ月健診)で役立つ豆知識を紹介します。

お父さんや家族が付き添いできる

健診には、お母さんだけではなく、お父さんやおじいちゃんおばあちゃんも付き添いで行くことができます。

1ヶ月健診ほどではありませんが、お母さん一人で赤ちゃんを健診に参加させるのは、赤ちゃんがぐずった時の対応や荷物など負担が大きいので、できるだけお父さんや家族と一緒に行きましょう。

ベビーカーでは健診会場に入れないことがある

赤ちゃんの首がすわると、ベビーカーで移動する機会が増えてきます。

赤ちゃんをベビーカーに乗せての移動は、抱っこ移動よりもずいぶん楽なので、3ヶ月健診(4ヶ月健診)の会場にもベビーカーで来場するお父さんお母さんが多いものです。

しかし、健診会場の多くは、会場内がごった返して移動が困難になるのを避けるため、会場内へベビーカーで乗り入れることを禁止しています。

健診に参加したお父さんお母さんからは、「会場の外に設けられたベビーカー置き場に放置していく状態になるので不安だった。」、「ベビーカーで入れると思ったので荷物を多めにしてしまい、それを持ち歩くのが大変だった。」、「集団健診の時はベビーカーより抱っこ紐の方が役に立つかも。」といった意見が多く聞かれます。

そのため、事前に、先輩お母さんや自治体にベビーカーでの乗り入れが可能かどうか確認しておきましょう。

おみやげをもらえることがある

自治体によっては、3ヶ月健診(4ヶ月健診)の帰りにおみやげをくれるところがあります。

例えば、福岡市では「ブックスタート事業」という取り組みが実施されており、健診参加者に「ブックスタートパック」というおみやげが配布されています。

パックの中身は、おすすめの絵本1冊(ブックスタート選定委員会にて選定)と、おすすめ絵本のリストや図書館情報のチラシ、イラスト・アドバイス集などです。

「嬉しいけど、なかなか大きな荷物になっちゃった」という声もあるので、お土産をもらえる地域に住んでいる場合は、荷物に余裕を持たせておきましょう。

保険の勧誘に要注意

保険会社にとって、健診会場は契約を取り付ける格好の機会です。

健診が終わり、ホッとして会場を出たところで、保険の勧誘に引っかかったというお父さんお母さんは少なくありません。

子ども保険や学資保険などに興味関心がある人にとっては良い機会ですが、「初めての集団健診で疲れ切っているところに、やたらとしつこく声をかけてきて腹が立った。」という声も多いものです。

話を聞くつもりがない場合は、「時間のある時にゆっくり考えさせて下さい。」と、パンフレットだけもらって帰るようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

3ヶ月健診(4ヶ月健診)は、赤ちゃんにとってはもちろん、1人目の赤ちゃんであれば、お母さんも初めてとなる集団健診です。

不安なことも多いと思いますし、同じ月齢の赤ちゃんが大勢いるので、ついつい比べて見てしまうことも多いでしょう。

しかし、赤ちゃん一人ひとりに「個人差」があるのは当たり前のことなので、体格の良い子を目にしたり、再検査と言われたりしても、気にし過ぎないようにしましょう。

集団健診は、同じ月齢の赤ちゃんやそのお母さんと知り合える良いチャンスでもあります。

地域で生活を続ける場合は、今後も何かと顔を合わせる機会のある人も多いものなので、顔見知りぐらいにはなっておくと良いでしょう。

また、健診当日は意外とバタバタするものなので、他に用事を作らないようにして、時間に余裕を持って行くことが大切です。

そして、健診から帰った後は、赤ちゃんもお母さんもゆっくり休めるようにしておきましょう。

ページ上部へ戻る