menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  2. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  6. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  7. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  8. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  9. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  10. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
閉じる

乳児期の子育て

乳幼児医療費助成とは?医療証で赤ちゃんの医療費負担が減る?

赤ちゃん 医療費 助成 負担

乳幼児医療費助成とは

乳幼児医療費助成とは、乳幼児が必要な医療を受けやすくなるよう、乳幼児が医療機関等で診察や治療を受けたときの医療費の全部もしくは一部について、地方自治体が助成する制度です。

助成の対象(要件)

乳幼児医療費助成の申請には、赤ちゃんが健康保険に加入している必要があります。

健康保険に加入するまで、申請を受け付けてもらえません。

助成の対象になる子供の年齢は、各地方自治体によって大きく異なるので、事前に市区町村役場の窓口やホームページで確認しておきましょう。

助成の対象にならない場合

  • 各種医療保険に加入していない赤ちゃん
  • 生活保護を受けている世帯の赤ちゃん
  • 施設等に措置入所している赤ちゃん
  • お父さんお母さんの所得が所得制限を上回る家庭の赤ちゃん(所得制限の有無や金額は、各地方自治体によって異なります。)

助成の範囲

助成の範囲は、各地方自治体によって異なります。

あらかじめ、市区町村役場の窓口やホームページで確認しておく必要があります。

多くの地方自治体で助成の対象になるもの、助成の対象にならないものは、次のとおりです。

助成の対象となるもの

  • 医療保険の対象となる医療費
  • 薬剤費

助成の対象とならないもの

  • 医療保険の対象とならないもの(健康診断、予防接種、薬の容器代、紹介状なしで受診した200床以上の病院の初診料、差額ベッド代など)
  • 交通事故などの第三者行為
  • 健康保険組合などから支給される高額医療費・附加給付に該当する医療費・他の公費医療で助成される医療費

スポンサーリンク

助成の内容(金額)

診療にかかった医療費の全額もしくは一部を助成します。

助成の内容は、各地方自治体によってかなりのバラつきがあります。

あらかじめ市区町村役場の窓口やホームページで確認しておきましょう。

助成を受ける方法

助成を受ける方法は、2種類あります。

  • 医療機関等の窓口で健康保険証と乳児医療証を提示し、その場で助成を受ける
  • 一旦、医療機関等の窓口で医療費を全額支払い、後日、領収書と申請書を市区町村役場に提出して医療費の返還を受ける

こんな場合はどうする?

住んでいる地域以外の医療期間等で診察を受けた場合

住んでいる地域以外の医療機関等で診療を受けた場合、後日、領収書と申請書を市区町村役場に提出して医療費の返還を受けられる地方自治体と、助成が認められない地方自治体があります。

遠方に出かける前に確認しておきましょう。

助成の手続きが終わる前に医療機関等の診療を受けた場合

例えば、異常分娩で赤ちゃんが生まれてすぐ入院措置となった場合など、助成の手続きが終わる前に医療機関の診療を受ける場合があります。

その場合、助成の手続きが完了するまで支払いを待ってもらい、手続きが完了した時点で、助成を適用した金額を支払うことができます。

医療機関等の窓口には、「助成が受けられるようになるまで待ってほしい」と伝えておきましょう。

ただし、すべての医療機関等が支払いを待ってくれるわけではないので、事前確認は必要です。

スポンサーリンク

助成の申請方法

1 赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃんの健康保険の加入手続きをする

手続きする場所は、加入している健康保険によって異なります。

  • 勤務先の健康保険に加入している人:勤務先の担当部署もしくは健康保険組合
  • 国民健康保険に加入している人:各地方自治体(市区町村役場)

2 赤ちゃんの健康保険証を受け取る

健康保険証が届く時期は、会社や地域によって異なります。

加入手続きをするときに届く時期の目安を聞いておきましょう。

3 市区町村役場で、助成を受ける手続きをする

申請に必要なものは、次のとおりです。

  • 申請書(申請するときに渡してもらえます。地方自治体によって様式が微妙に異なります。)
  • 申請する人(お父さんお母さん)の身分証明書
  • 赤ちゃんの健康保険証のコピー
  • 母子健康手帳
  • 認印

4 乳幼児医療証を受け取る

乳幼児医療証は、各地方自治体(市区町村)により、交付の方法が異なります。

  • 手続きをした日に、その場で交付される
  • 後日、郵送されてくる

また、乳幼児医療証を使用しない地方自治体もあります。

申請前に確認しておきましょう。

ページ上部へ戻る