menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  2. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  3. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  4. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  5. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  6. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  7. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
閉じる

乳児期の子育て

お宮参りとは?いつお祝いする?服装と写真、お金はどうする?額の文字は?

お宮参り いつ 服装 お金

お宮参りは、昔から行われてきた赤ちゃんのお祝い行事の一つです。

しかし、時代を経るにつれてお宮参りのやり方を知る人は減り続けており、「お宮参りって何をすればいいの?」、というお父さんお母さんも珍しくなくなっています。

また、赤ちゃんのお世話が忙しい時期に行うお祝い行事なので、「とてもお宮参りどころではない。時期を遅らせることはできないの?」という人もたくさんいます。

このページでは、お宮参りの時期、場所、服装、お金、正式なやり方などについて紹介します。

お宮参りとは

お宮参りとは、赤ちゃんのお祝い行事の一つで、赤ちゃんが無事に生まれたことを氏神(赤ちゃんが生まれた土地の神様)に報告し、赤ちゃんの健やかな成長をお祈りすることです。

お宮参りは、氏神(=産土神)にお参りする行事であることから産土参り(うぶすなまいり)、初めてお参りをすることから初宮参り(はつみやまいり)や初宮詣(はつみやもうで)と呼ばれることもあります。

※お宮参りのやり方は地域によって様々であり、このページで紹介しているのはあくまで一般的なやり方の一つです。

お宮参りする場所

お宮参りをする場所は、

お宮参りが「赤ちゃんが無事に生まれたことを氏神に報告」する行事であることから、赤ちゃんが生まれた場所の近くにある神社が一般的です。

しかし、お宮参りをする場所に決まりはなく、有名な神社や、信奉する宗教の聖地などでお宮参りをする家庭も少なくありません。

お宮参りに一緒に行く人

お宮参りは、母方の家庭がお金や服装その他諸々すべてをお膳立てし、父方の家庭が参加するのが本来のあり方です。

そのため、正式には、お宮参りに参加する人は、以下のとおりです。

  • 赤ちゃんのお父さん
  • 赤ちゃんの父方のおじいちゃん
  • 赤ちゃんの父方のおばあちゃん

ただし、現在では、赤ちゃんのお母さんがお宮参りに参加するのが定番になっていますし、母方のおじいちゃんおばあちゃんが参加することも珍しくありません。

お宮参りの時期はいつ?

お宮参りは、赤ちゃんが生まれてから1ヶ月頃に行うのが昔からの慣習です。

正式には、お宮参りを行う日は男の子と女の子で異なります。

  • 男の子:生後30日もしくは生後31日
  • 女の子:生後31日もしくは生後33日

(※地域によって異なることがあります。)

お宮参りの数え方

現在は、赤ちゃんの日齢や週齢を「生まれた日=生後0日」として数えます。

産まれた日が「生後0日」、翌日が「生後1日」、その次の日が「生後2日」です。

母子手帳もこの数え方で書き込みますし、病院などでもこの数え方が使用されています。

一方で、赤ちゃんのお祝い行事については、「生まれた日=生後1日」という日本古来の数え方をすることになっています。

そのため、お宮参りは、「赤ちゃんの誕生日(生まれた日)=生後1日」とし、そこから男の子なら30日目もしくは31日目(現在の数え方だと生後29日もしくは30日)、女の子なら31日目もしくは33日目(現在の数え方だと生後30日もしくは32日)にお祝いします。

関連ページ

新生児期と乳児期の赤ちゃんの月齢(生後○ヶ月)、週数、日数の数え方

お宮参りはいつまでにする?

お宮参りは、いつまでに済ませなかければならないという期限はありません。

赤ちゃんやお母さんの体調、家庭や仕事の予定、その日の天気などを踏まえてお宮参りの日を決める家庭が増えています。

また、真夏の暑い時期や真冬の寒い時期を避け、過ごしやすい気候になるまでお宮参りを控えることもあります。

加えて、お宮参りをしないという選択をする家庭も増加傾向にあります。

お宮参りと大安(六曜)

昔は、お宮参りをする日を決めるにあたり、大安や仏滅などの六曜(暦の中に記載される、日時や方位の吉兆や運勢を表す暦注の一種)を参考にすることもありました。

現在も、大安の日を選び、仏滅の日を避けるなど、六曜を意識してお宮参りの日を決める家庭は少なからず残っています。

関連ページ

六曜の意味と読み方は?分娩やお祝い行事は大安が良い?仏滅、友引、赤口は?

お宮参りのやり方

お宮参りのやり方について、見ていきましょう。

  • 事前準備
  • 服装
  • 赤ちゃんを抱っこする人
  • 赤ちゃんの額の文字
  • 初穂料
  • お宮参りの手順

お宮参りのやり方1:事前準備

お宮参りの事前準備は、以下のとおりです。

  • お宮参りする日を決める
  • 祝詞(のりと)の予約をする
  • 記念撮影の予約をする
  • 食事の場所を予約する

お宮参りする日を決める

まずは、お宮参りする日を決めることになります。

日の決め方は、赤ちゃんやお母さんの体調、家庭や仕事の予定、天気などの他、赤ちゃんの日齢(週齢)、六曜など家庭によって様々です。

遠方に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんが参加する場合は、そことの調整も必要です。

祝詞(のりと)の予約をする

祝詞とは、神前に奏上する言葉で、神様に崇敬の意を表する言葉を送り、神様の加護やご利益を得るためのものです。

神社の規模や時期にもよりますが、祝詞をあげてもらおうとしても当日では対応してもらえない場合があるので、事前に予約しておきましょう。

記念撮影の予約をする

お宮参りの前後で記念撮影したいと考えている場合は、写真館やフォトスタジオにあらかじめ予約を入れておきましょう。

なお、お宮参りは、普段は着ない着物を着たり、産後の疲労が回復しきっていない状態でたくさん歩いたりして疲れるので、お宮参りの前日や数日後に写真撮影するのがおすすめです。

食事の場所を予約する

お宮参りの後に外食する予定がある場合も、あらかじめ予約しておくと確実です。

家で食事する場合も、買って持って帰るのは大変なので、事前に宅配を予約しておくと良いでしょう。

お宮参りのやり方2:服装

お宮参りの服装は、一人ひとりが何を着ていくかよりも、家族全員のバランスが大切です。

極端な例ですが、お父さんお母さんが私服なのに、おじいちゃんおばあちゃんが正装しているのはおかしいでしょう。

お宮参りをする時の服装の例は、以下のとおりです。

  • 赤ちゃん:白羽二重にのし目模様の紺色掛け着もしくは黒羽二重の紋付(男の子)、白羽二重に友禅模様の紋付(女の子)(いずれも正装)
  • お父さん:スーツ
  • お母さん:着物、ワンピース
  • おじいちゃん:スーツ
  • おばあちゃん:留め袖(正装)、着物

ただし、多くの家庭がお宮参りを行う生後1ヶ月頃というのは、出産に伴うお母さんの疲労が抜けきっていない時期です。

着物を着ていくのがしんどいと感じたら無理をせず、ワンピースなど動きやすい服装でかまいません。

お宮参りのやり方4:赤ちゃんの額の文字

お宮参りをする時は、赤ちゃんの額に文字や記号を書く慣習があります。

何を書くかは地域によって差がありますが、それぞれ赤ちゃんの健康や安全などを願って書き入れられます。

赤ちゃんの額の文字としてよくある文字や記号は、以下のとおりです。

  • 犬:犬の子が良く育つことから、赤ちゃんの健やかな成長を願って書き入れる
  • ✕:魔除けの意味がある(男の子は墨、女の子は紅で書き入れる)
  • 大・小:男の子には「元気に大きくなるように」という願いを込めて「大」、女の子には「優しく健康に育つように」という願いを込めて「小」と書き入れる

お宮参りのやり方5:赤ちゃんを抱っこする人

昔は、出産は穢れ(けがれ)たものだと考えられていました。

お宮参りの時期は穢れを払う忌明け(生後75日から100日前後)前なので、お母さんを含めて母方の家族はお宮参りに参加せず、お宮参りで赤ちゃんを抱っこするのは父方のおばあちゃんの役割でした。

現在は、そうした慣習が薄れ、父方の祖父母が抱っこすることもあれば、お母さんが赤ちゃんを抱っこしてお宮参りする家庭も増えています。

お宮参りのやり方4:初穂料

初穂料とは、神前に奉納するお金のことです。

初穂料と書いて「はつほりょう」と読みます。

神社で祝詞をあげてもらう場合は、謝礼として初穂料を渡すことになります。

初穂料の相場は、5000円から1万円が一般的ですが、神社によって異なるので事前確認が必要です。

お宮参りのやり方5:お宮参りの手順

神社に入った後の手順も覚えておきましょう。

祝詞をあげてもらわない場合

  1. 神社の境内に入り、手水場で手を洗って口をすすぐ
  2. 神前まで進む
  3. お賽銭を投げ入れて、鐘を鳴らして、礼を2回する
  4. 柏手を2回して、礼を1回する

祝詞をあげてもらう場合

  1. 事前に祝詞を予約する
  2. 当日、神社の事務所へ行き、祝詞をあげてもらう順番を確認する
  3. 神前で祝詞をあげてもらう
  4. 初穂料を渡す

まとめ

お宮参りは、赤ちゃんが生まれてから屋外で行う最初の大きなお祝い行事です。

赤ちゃんやお母さんの体調、家庭や仕事の予定、家族間の調整など何かと大変な行事ではありますが、赤ちゃんにとっては一生に一度の行事なので、何らかの形で行ってあげてはどうでしょうか。

ページ上部へ戻る