menu
閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  3. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  4. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  5. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  10. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの名前(名づけ、命名)を姓名判断(漢字の画数)で決める方法は?

赤ちゃん 名前 姓名判断 名づけ

「響きが良く、呼びやすい名前を選んだ。」

「好きな歌手や芸能人の名前を付けた。」

「夫婦の名前の漢字を一文字ずつ取った。」

「おじいちゃんおばあちゃんに決めてもらった。」

「苗字と名前の画数が良いものにした。」

このように、赤ちゃんの名前の決め方は各家庭によって様々ですが、昔から多くの夫婦が参考にしてきたのが姓名判断です。

姓名判断に関する書籍はたくさん出版されていますし、ネットでは姓名判断を自動でやってくれるサイトも複数あり、今でも赤ちゃんの名前決めに姓名判断が活用されていることが分かります。

このページでは、赤ちゃんの名前決め(名づけ、命名)における姓名判断の方法について紹介します。

姓名判断とは

姓名判断とは、苗字と名前の画数によってその人の運勢を判断することです。

姓名判断は、苗字と名前が人の先天的な運気や後天的な運気と深いつながりがあるという考え方を前提に、苗字と名前を調べて人の運命や運勢を占うもので、起源をたどると中国の陰陽五行説や易学に行き当たります。

日本においては、貴族や武士など身分の高い人の間では古くから知られていましたが、全国的に浸透したのは、一般の人々が苗字を名乗れるようになった明治3年以降のことです。

スポンサーリンク

姓名判断の方法

日本において最もよく活用されている姓名判断では5運(5格)を用いたものです。

5運(5格)を用いた姓名判断では、苗字と名前が人の過去、現在、未来の運勢を暗に示しているという考え方を前提として、苗字と名前を5つの運(祖運、主運、助運、初運、総運)に分類します。

そして、各運について画数を求め、各画数の吉凶を判断します。

姓名判断の手順は、次のとおりです。

  1. 祖運(天格)の画数を求める
  2. 主運(人格)の画数を求める
  3. 助運(外格)の画数を求める
  4. 初運(地格)の画数を求める
  5. 総運(総格)の画数を求める
  6. 格運の画数の吉凶を判断する

1.~5.は順不同です。

祖運(天格)

祖運(天格)は、苗字の総画数を見て判断します。

そのことから、先祖代々受け継がれてきた家族(家系)が持つ運とされており、晩年になるほど影響が強くなる傾向があります。

家族全員が持つ運であり、赤ちゃん個人の吉凶に深くかかわることはあまりないため、画数が凶数でも心配はいりません。

苗字の総格数で判断するため、結婚して苗字が変わると祖運が変化することになります。

例えば、「田中一郎」さんの場合の祖運は「9」

主運(人格)

主運(人格)は、苗字の最後の字の画数と、名前の最初の字の画数を足して判断します。

そのことから、苗字と名前の中心(5運の中核)となる運であり、5運の中で重要な運だと考えられています。

主運は、赤ちゃんの資質、性格、能力といった内面の運を表し、中年期(数えで36歳~55歳前後まで)の運勢に影響を与えます。

同じ画数でも、苗字の字と名前の字の画数の組み合わせによって運の強弱が影響を受けます。

助運(外格)

助運(外格)は、総運から主運を引いた画数で判断します(苗字もしくは名前が1字の場合、苗字と名前の画数の合計で判断します)。

助運は、赤ちゃんの周囲を取り巻く家族、学校、職場、人間関係や社会的環境の運勢を表します。

助運は、常に他の運に影響を及ぼす特性があり、他の運が良くても、助運が悪い場合は、良くない運勢になることがあります。

初運(地格)

初運(地格)は、名前の総画数を見て判断します。

初運は、赤ちゃんの個性(周囲からどのような印象を受けるか)を表すもので、特に、乳幼児期~青年期(0歳~35歳)の運勢に影響を与えることから、人の成長発達やその後の生活に大きな影響を及ぼします。

具体的には、性格形成、能力や才能の開花、金回り、学習や就労、性的な傾向への影響が考えられます。

総運(総格)

総運(総格)は、苗字と名前の総画数を見て判断します。

人の一生を通して影響し続ける総合的な運のことで、特に、数えで56歳以上の晩年に強い影響を及ぼすと考えられています。

ただし、他の運との組み合わせが重要で、総運だけが良くても意味がありません。

画数の吉凶一覧

格運の吉凶は、大吉、吉、半吉、凶の4つに分類されます(吉と半吉を分けない場合もあります)。

  • 大吉:11、16、21、23、31、32、41(女性の場合は23と32に注意)
  • 吉:3、5、6、8、13、15、18、24、25、29、33、37、39、44、45、47、48、51
  • 半吉:7、17、27、30、34、35、36、38、40、42、43、49、53、57、58、61、63
  • 凶:2、4、9、10、12、14、19、20、22、26、28、46、50、54、55、56、59、60

姓名判断の例

「田中」さんという家庭に生まれた赤ちゃんに「一郎」くんと名づける場合を見てみましょう。

苗字と名前の漢字の画数は、田→5画、中→4画、一→1画、郎→9画です。

  1. 祖運(天格)の画数:5+4=9(凶)
  2. 主運(人格)の画数:4+1=5(吉)
  3. 助運(外格)の画数:19(総運)-5(主運)=14(凶)
  4. 初運(地格)の画数:1+9=10(凶)
  5. 総運(総格)の画数:5+4+1+9=19(凶)
  6. 各運の画数の吉凶を判断する

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの名前を姓名判断で決める方法は複数ありますが、日本においてもっとも有名で手軽な方法である5運(5格)を使った姓名判断を紹介しました。

現在は、自動で姓名判断を行ってくれるサイトがネット上にいくつもあり、苗字と候補の名前を入れるだけで吉凶が分かりますが、夫婦で赤ちゃんの名前の候補を一つひとつ調べてみるのも楽しい体験になるはずです。

ページ上部へ戻る