menu
閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  3. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  4. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  9. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの車はいつから?長時間や抱っこはダメ?チャイルドシートは義務?

赤ちゃん 車

赤ちゃんがいる家庭にとって、車はとても便利な移動手段です。

しかし、走行中の振動や同じ姿勢でジッとしていることなど、車移動は赤ちゃんにとっては負担が大きいものです。

そのため、赤ちゃんを車に乗せる時は、時期や時間などを慎重に検討することが大切です。

このページでは、赤ちゃんを車に乗せる時期と時間、チャイルドシートについて、赤ちゃんと車で出かける時に注意することについて紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんを車に乗せる時期と時間

赤ちゃん 車

赤ちゃんを安心して車に乗せられるのは、赤ちゃんの首がすわる生後3ヶ月~生後4ヶ月頃からです。

首すわりが完成したかどうかは、赤ちゃんが次の3つをすべて満たしているかどうかで判断します。

  • うつぶせの状態で、自力で頭を持ち上げられる
  • あお向けの状態で、赤ちゃんの両手を持って引き起こすと頭がついてくる
  • 縦抱っこした際に、首をまっすぐに保つことができる

ただし、首すわりが完成した赤ちゃんであっても、車移動の負担は0にはなりません。

最初は片道数分くらいから慣らしていき、少しずつ距離を伸ばしていくようにしましょう。

生後6ヶ月頃になって腰がしっかりしてくると、他県への旅行など長距離移動も可能になります。

ただし、赤ちゃんの様子を慎重に観察し、異常があればすぐに休憩をはさむ意識を常に持っておきましょう。

関連ページ

赤ちゃんの首がすわる(首すわり)のはいつ?判断基準は?遅いと練習?

首すわりの前に車に乗せるのはリスクが大きい

赤ちゃん 車

首がすわる前でも問題ないという意見もありますが、大人なら問題ない車の振動や衝撃でも、赤ちゃんにはとても大きな負担になるものです。

ちょっとした段差、カーブ、ブレーキなどでも、新生児の脳や身体には深刻なダメージを与えてしまう恐れがあります。

特に新生児期は、身体が胎外の生活に慣れ切っておらず、外出すらできる限り控えた方が良い時期なので、赤ちゃんの健康を考えるなら、車に乗せるのは避けた方が良いでしょう。

新生児用のベッドタイプのベビーシートが販売されていますが、振動や衝撃を100%吸収できるわけではありません。

生後1ヶ月~生後2ヶ月頃になると、お宮参りや家の周りの散歩などで、少しずつ外出させるようになりますが、まだまだ赤ちゃんの身体は未熟です。

首がすわっておらずグニャグニャで、縦抱っこもおんぶもできませんし、ベビーカーで歩道の段差を超えるだけでも神経を使わなければならない時期なので、車に乗せるのはリスクが高いものです。

ベビーシートを正しく取り付け、正しく寝かせた場合でも、赤ちゃんへの負担はそれほど軽減されません。

揺さぶられ症候群に注意する

揺さぶられっ子症候群 予防

揺さぶられっ子症候群とは、赤ちゃんの身体を長く強く揺さぶることで起こる、脳内出血などの一連の症状のことです。

脳に深刻な障害や後遺症が残ったり、命を落としたりする赤ちゃんは後を絶ちません。

長時間の車移動は、首すわりが完成した赤ちゃんであっても、揺さぶられっこ症候群を引き起こすリスクがあるので、こまめに休憩をとり、赤ちゃんの体調を慎重に見守る必要があります。

関連ページ

チャイルドシート

赤ちゃん チャイルドシート

日本では、6歳未満の幼児を車に乗せる時に、チャイルドシートの使用が義務付けられています。

しかし、チャイルドシート使用率は、60%前後という低い水準で推移しています。

また、チャイルドシートを購入したものの、赤ちゃんが嫌がるという理由で使用を控えるお父さんお母さんも少なくありません。

チャイルドシートは、赤ちゃんの命を守る大切なものなので、車移動中は必ず使用してください。

普通車移動中の抱っこ

抱っこ 車 赤ちゃん

普通車乗車中に赤ちゃんを抱っこするのは、原則、違反です。

運転手が1点減点になります。

「抱っこ紐をしていれば大丈夫ではないか。」という人もいますが、これも違反です。

抱っこ紐は、あくまで抱っこするためのもので、事故の衝撃に耐えるようにはできていませんし、エアバッグが作動すると、赤ちゃんが親とエアバッグに押しつぶされる危険もあります。

ただし、路線バスやタクシーなど、専門の免許を持っている人が運転する車に乗車する場合は、チャイルドシート使用義務が免除されるので、赤ちゃんを抱っこして乗ることができます。

また、緊急時、授乳中、おむつ交換、座席ベルトがない車、皮膚炎がひどい、サイズが合わない、チャイルドシートを使用すると乗車定員が乗れなくなる場合も免除されます。

チャイルドシートの種類

赤ちゃん チャイルドシート

新生児期から乳児期の赤ちゃんが使用するチャイルドシートには2種類あります。

赤ちゃんの発達や成長に合ったチャイルドシートを選び、取扱説明書をよく読んで、正しく使用しましょう。

ベビーシート

ベビーシートとは、新生児期から生後1歳頃まで使用するチャイルドシートです。

赤ちゃんを進行方向に対して後ろ向きに座らせるのが特徴です。

新生児専用の、横向きに寝かせるベッドタイプのベビーシートも販売されています。

グループ0タイプ(赤ちゃんの体重が10kg未満まで使用可能)と、グループ0+タイプ(赤ちゃんの体重が13kg未満まで使用可能)があります。

チャイルドシート

チャイルドシートとは、生後1歳前後から4歳頃(体重が9kg以上~18kg未満)まで使用するチャイルドシートです。

赤ちゃんを前(進行方向)向きに座らせます。

チャイルドシートで赤ちゃんを退屈させないことが大切

赤ちゃん チャイルドシート

赤ちゃんは、とにかく体を動かして遊ぶのが大好きなので、チャイルドシートの上で長時間ジッとしていると退屈してしまいます。

そのため、赤ちゃんが退屈しない工夫をしてあげましょう。

  • 赤ちゃんの機嫌が良い時を見計らってチャイルドシートに座らせる
  • できるだけ赤ちゃんに顔を見せてあげる
  • たくさん赤ちゃんに話しかける(歌を歌ったり、音楽を流したりする)
  • 「いないいないばあ」、「おもちゃはどっち?」などで遊ぶ
  • お気に入りのおもちゃを渡しておく

関連ページ

スポンサーリンク

赤ちゃんと車で出かける時に注意すること   赤ちゃん 車 注意

こまめに休憩する

赤ちゃん 車 休憩

繰り返しになりますが、車移動は赤ちゃんにとっては大きな負担です。

意識してこまめに休憩をはさみ、赤ちゃんをチャイルドシートから降ろして体をほぐしたり、姿勢を変えさせたりしましょう。

赤ちゃんの体調が悪くなった場合は、旅行や帰省の中止も視野に入れて慎重に判断してください。

なお、高速での移動は、赤ちゃんの身体にかかる負担がより大きくなるので、通常以上に赤ちゃんの様子を慎重に見守りましょう。

赤ちゃんの成長に合わせてチャイルドシートを調節する

赤ちゃん チャイルドシート

赤ちゃんの成長はとても早いものです。

こまめに赤ちゃんの身長や体重を確認し、チャイルドシートのベルトを緩めたり、クッションを外したりして調節しましょう。

チャイルドシートの取扱説明書には、クッションを使用できる月齢や体重の目安が書かれているので確認しておきましょう。

車内温度を適切に保つ

赤ちゃん 車内温度

赤ちゃんは、大人以上に温度に敏感で、不快感を抱きやすいものです。

あらかじめエアコンなどで車内温度を調節し、移動中でも赤ちゃんの様子を見ながらこまめに調節しましょう。

車内のにおいに気をつける

赤ちゃん 車内 におい

赤ちゃんの鼻はとても敏感なので、ちょっとしたにおいでも不快さを感じることがあります。

喫煙、飲酒、飲食を控え、こまめな喚起を心がけましょう。

また、芳香剤や消臭剤を使う場合は、無臭・無香料のものを選んでください。

直射日光を避ける

赤ちゃん 車 日光

赤ちゃんの肌は、大人に比べて皮膚が薄いので、直射日光を浴びると紫外線の影響を強く受けてしまいます。

また、赤ちゃんは、明るいものをじっと見つめてしまうので、太陽を見つめて視力が悪くなったり、白内障を発症したりするリスクもあります。

露出の少ない服を着させる、サンシェードやカーテンを使用するなど直射日光対策を徹底しましょう。

関連ページ

車内に一人にしない

赤ちゃん 車 一人

たとえ赤ちゃんが寝ていても、短時間であったとしても、赤ちゃんを車内に一人にすることは絶対に避け、必ず一緒に連れていきましょう。

車内に赤ちゃんを置き去りにした結果、脱水症状を起こしたり、タオルなどで窒息したりするケースは後を絶ちません。

家に帰ったら休ませる

赤ちゃん 車

車移動は、赤ちゃんの身体に負担をかけるものなので、帰宅後は、抱っこしたり授乳したりして、ゆっくりと休ませてあげましょう。

ページ上部へ戻る