menu
閉じる
  1. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  4. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  5. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  9. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  10. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃんの飛行機旅行はいつから?耳抜き、料金、座席、手荷物は?

赤ちゃん 飛行機 いつから 耳抜き

「赤ちゃんと海外旅行したい。」というお父さんお母さんは増加傾向にありますが、赤ちゃんと飛行機で旅行するための情報はあまり広まっていません。

そのため、赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつからか、耳抜きはどうすればいいか、手荷物は何を持ち込めばいいかなど、不安を抱えているお父さんお母さんは多く、中には旅行を諦めてしまう人もいます。

このページでは、赤ちゃんが飛行機に乗れる時期、飛行機を予約するときや乗るまで、機内での過ごし方のポイントについて紹介します。

赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつから

赤ちゃんが飛行機に乗れるようになるのは、生後8日以降です。

生後8日というと、生まれた病院を退院してから数日後です。

しかし、首がすわっていない状態では、離着陸時の衝撃や気圧の変化、天候による激しい揺れなどの負担がかなり大きく、体調を崩したりケガをしたりするリスクが高いものです。

赤ちゃんの安全や旅先で楽しく過ごすことを考えると、赤ちゃんを飛行機に乗せるのは、首がすわる生後3ヶ月~生後4ヶ月頃から、できれば腰がすわる生後6ヶ月頃からが目安になります。

関連ページ

首すわりとは?赤ちゃんの首がすわる時期はいつ?判断と遅い時の練習は?

赤ちゃんとの飛行機旅行で座席を予約するときのポイント

赤ちゃんと飛行機旅行に出かける場合、赤ちゃんの座席を取るか取らないかで料金が変わります。

赤ちゃんの座席を取る場合

国内線でも国際線でも、小児料金(大人料金の75%)がかかります。

※航空会社によっては異なる料金体系を採用している場合があるので、事前の確認が必要です。

赤ちゃんの座席を取らない場合

国内線の場合は、LCC(格安航空会社)を除いて生後3歳未満は無料です。

大人1人につき乳幼児2人まで同乗させることができますが、大人1人が乳幼児2人を同乗させる場合、乳幼児のうち1人だけが無料で、もう一人は小児料金がかかります(1人は膝の上に乗せると無料、もう一人は座席に座る必要があるので小児運賃がかかる)。

一方で、国際線の場合は、生後2歳未満の乳幼児は大人の10%~の料金がかかり、生後2歳以降は大人の75%~の料金がかかります。

※航空会社によっては異なる料金体系を採用している場合があるので、事前の確認が必要です。

関連ページ

飛行機の搭乗時間

赤ちゃんを飛行機に乗せる場合、赤ちゃんの生活リズムに合わせて搭乗時間を決めることが大切です。

自宅から空港への移動時間や、飛行機に搭乗している時間を、赤ちゃんが普段寝ている時間に合わせることで、お父さんお母さんの負担を軽減できます。

また、赤ちゃんがぐずりやすい時間帯や、乗客の多くが寝ている深夜の便は避けましょう。

飛行機の座席指定

旅行会社の窓口で飛行機のチケットを予約する場合、赤ちゃんがいることを伝えれば、ベビーベッドが利用できる座席を確保してもらえます。

ネット予約の場合、チケット予約後にベビーベッドが利用できる座席を指定します。

ベビーベッドが利用できる座席が空いていない場合は、ひとまず適当な座席を予約しておき、搭乗手続きの際に窓口の職員に伝えれば、ベビーベッドが利用できる座席を確保してもらえます。

座席の位置は、赤ちゃんがぐずったときに立ってあやせるよう、通路側がおすすめです。

赤ちゃん用品と離乳食

航空会社によっては、予約の際に赤ちゃん用品(おむつやおしりナップなど)と離乳食を使うかどうか確認されることがあります。

赤ちゃん用品を手荷物に入れるとかさばるので、利用することをおすすめします。

スポンサーリンク

赤ちゃんと飛行機に乗るまでのポイント

赤ちゃんと飛行機旅行に出かける場合、赤ちゃんがぐずった時の対応など、大人だけの旅行とは違う大変さがあります。

飛行機の搭乗手続きは早めに済ませる

旅行かばんを持ったままだと、授乳やおむつ交換が大変ですし、空港内を移動するのも一苦労です。

早めに搭乗手続きを済ませ、手荷物以外は預けてしまいましょう。

空港での過ごし方

空港内には、次のような赤ちゃん用のサービスや設備があります。

  • 授乳室(授乳用のベッドやイス、調乳器があります。)
  • キッズルーム
  • ベビーカーの貸し出し
  • 電動カートの貸し出し

いずれも無料で利用できますが、利用する空港や航空会社によってサービスや設備は異なるので、事前に確認しておきましょう。

飛行機内に持ち込みたい物

飛行機の機内に持ち込みたい赤ちゃん用品は、次のとおりです。

必要なときにいつでも使えるよう。座席の上の収納にはしまわず、座席の下にまとめて置いておきましょう。

  • 抱っこひも:赤ちゃんがぐずったときに必要です。
  • 授乳ケープ:母乳の場合。機内で利用できる毛布やブランケットでも代用できます。
  • 哺乳瓶、粉ミルク:ミルクの場合。お湯は機内でもらえます。
  • 赤ちゃん用の飲み物:100ml以上の飲み物の機内持ち込みは禁止されていますが、赤ちゃんの飲み物は例外的に持ち込めます。
  • 着替え:母乳やミルクをこぼしたときや、汗をかいたときに着替えさせるため、1組は持ち込みましょう。
  • おむつ、おしりナップ(おしりふき):月齢、普段のおしっこやウンチの頻度によって持ち込むおむつの枚数は調整します。予約時に赤ちゃん用品を申し込んでいる場合は不要です。

優先搭乗

赤ちゃんと一緒に搭乗する場合は、優先搭乗の対象になります。

早めに搭乗して座席を探したり、機内サービスや設備を確認したりしておきましょう。

飛行機内での過ごし方のポイント

飛行機内に入ってからも、赤ちゃんのお世話がたくさんあります。

離着陸時の耳鳴りと耳抜き

飛行機の離着陸時は、気圧の変化で耳の奥が痛くなったり、耳鳴りがしたりすることがあります。

赤ちゃんは、初めての体験でびっくりしますし、自力で耳抜きできないので激しく泣いたりぐずったりします。

何かを飲んでいると耳が痛くなりにくいので、離着陸時は母乳やミルクを飲ませてあげます。

機内でぐずらないように、搭乗前に母乳やミルクをあげるお母さんもいますが、満腹になると機内で飲んでくれなくなるのでおすすめできません。

機内での授乳

機内には授乳室がないので、座席で行うことになります。

授乳ケープや機内の毛布を使いますが、赤ちゃんが暴れるとはだけてしまうので、お父さんがケープや毛布を持っておいてあげましょう。

ミルクを飲ませるときは、客室乗務員に頼めばお湯を持ってきてくれます。

日本の航空会社では、粉ミルクや哺乳瓶を準備していないので、持ち込む必要があります。

おむつ交換

大きな飛行機の場合は、おむつ交換用ベッド付きレストルームを利用できますが、マイナー便の小さな飛行機の場合は、座席でおむつ交換することになります。

予約時に赤ちゃん用品を頼んでおいた場合は、搭乗後におむつやおしりナップをもらえますが、頼んでいない場合は持ち込みます。

なお、シートベルト着用サイン点灯中はレストルームが使用できないので、搭乗前の待ち時間に交換しておきましょう。

赤ちゃんが泣き止まないとき

母乳をあげても、おもちゃを渡しても、赤ちゃんがぐずって泣き止まないことはあります。

そんなときは、客室乗務員に声をかけ、抱っこして機内を散歩しましょう。

客室乗務員の接客スペースを使わせてもらえることもありますし、お父さんお母さんの代わりに抱っこしてあやしてくれることもあります。

その他、お父さんお母さんがトイレに行きたいとき、赤ちゃんの様子がいつもと違うときなど、困ったことがあればまず客室乗務員に相談してみましょう。

関連ページ

スポンサーリンク

うちの場合

生後8ヶ月の赤ちゃんを連れて海外へ行きました。

日程や料金を考慮した結果、平日の深夜便を予約しました。

赤ちゃんの夜泣きやクレームが不安でしたが、予約した頃の赤ちゃんは夜泣きがありませんでしたし、時期的に人は少ないだろうと楽観的に考えていました。

結果、大失敗でした。

まず、私たちが乗った便は深夜にも関わらず満員でした。

それから、赤ちゃんは、離着陸時の気圧の変化にはケロっとしていましたが、離陸後すぐに眠たくなってぐずり始めました。

しばらくは妻が授乳して寝かしつけようとしていましたが、前日深夜まで準備していた疲れが出て途中で寝てしまったため、赤ちゃんが大泣きしてしまいました。

私が必死にあやしましたが、座ったままではまったく落ち着いてくれず、何度も大泣きしては周囲から冷たい目線を浴びたので、抱っこひもで赤ちゃんを抱っこして機内を徘徊することにしました。

座席からはみ出している人を上手く避け、客室乗務員とすれ違うたびに申し訳ない気持ちになりながら、フラフラと歩き回りました。

しばらくすると、客室乗務員が、「接客準備用のスペースにいていい。」と言ってくれたので甘えることにしましたが、たくさんの年上女性に囲まれた赤ちゃんはいよいよ覚醒し、結局、2時間以上立ったままあやし続けることになりました。

席に戻った頃には妻が起きていたのでバトンタッチし、その後は赤ちゃんも落ち着いて無事着陸を迎えることができましたが、とにかく疲れました。

(追記)

生後2歳になりたての頃にも、国際線を利用しました。

離陸直前までは座席に座ってソワソワしていましたが、離陸した後は身体にかかるGや耳の異変に強い不安を感じて泣き出してしまいました。

ミルクを飲ませてみたり、抱っこして機内を歩き回ったりしましたがなかなか泣き止んでくれず、泣き止んだ後もしばらくぐずっていました。

前回の教訓を活かして今回は午前中に離陸する便に乗ったので、周囲の視線はそれほど気になりませんでしたが、機内での対応の大変さは赤ちゃんの頃とあまり変わらず、着陸する頃には妻も私もかなり疲弊していました。

今後は、妻一人で子どもを連れ帰る機会が増えそうなので、より子守が大変になりそうです。

複数の子どもを連れている家族は、本当にすごいと思います。

ページ上部へ戻る