menu
閉じる
  1. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  2. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  3. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  6. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  7. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  8. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  9. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  10. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
閉じる

乳児期の子育て

テレビが赤ちゃんに与える影響は?いつから見せる?近い、付けっ放しはダメ?

赤ちゃん テレビ 影響 いつから

赤ちゃんはテレビが大好きです。

テレビを付けっぱなしにしていると、赤ちゃんは、ジッと画面を見つめます。

また、ハイハイやつかまり立ちができるようになると、テレビのまん前まで行って食い入るように画面を見るようになります。

赤ちゃんがテレビに夢中になっていると、家事ははかどりますし、自分の時間も満喫できますが、「視力が悪くならないかな。」、「電磁波の影響が出ないかな。」などと心配になってしまうものです。

そこで、このページでは、テレビが赤ちゃんに与える影響、テレビを見せる時期、赤ちゃんがいる家庭におけるテレビの使い方について紹介します。

テレビが赤ちゃんに与える影響

赤ちゃん テレビ 影響 付けっ放し 近い いつから

テレビが赤ちゃんに与える影響はたくさんあります。

  • 視力の低下
  • 受身になる
  • コミュニケーション能力の発達が遅れる
  • 言葉が遅れる
  • 情緒面の発達が遅れる
  • 運動機能の発達が遅れる

それでは、具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

視力の低下

「赤ちゃんにテレビを見せると視力が低下する。」と思われがちですが、乳児期の赤ちゃんは、大人のようにテレビ画面をジッと見続けることができないので、テレビを見たからといって急に視力が下がるリスクは高くありません。

ただし、テレビ画面までの距離が近すぎる、斜めから見る、視聴時間が長いといった場合は、目に負担がかかります。

受身になる

赤ちゃんは、すぐテレビの刺激のとりこになり、画面をジッと見つめるようになります。

しかし、テレビは映像や音声を一方的に流すものです。

赤ちゃんが話しかけたり叩いたりしても、テレビが反応を返すことはなく、親子の会話のように双方向のやりとりは成立しません。

そのため、赤ちゃんは、ひたすら刺激だけを受け取り続け、自分の行動に反応が得られないという経験を積み重ねることになります。

その結果、「僕(私)がなにかしても意味がないんだ。」と思うようになり、自ら周囲に働きかけたり、興味を向けたりする意欲を失ってしまいます。

コミュニケーション能力の発達が遅れる

赤ちゃんは、お父さんお母さんなど身近な人とたくさん触れ合い、話すという双方向のやり取りを繰り返すことで、コミュニケーション能力を向上させます。

しかし、テレビを見すぎて受身の姿勢を身につけてしまうと、積極的に周囲の人と関わろうとしなくなり、結果的にコミュニケーション能力の発達が遅れることになります。

また、親子のコミュニケーションは、親が子に話しかけ、子が反応し、子の反応を喜んだ親がさらに話しかけるというように、互いに反応し合うことで成立します。

そのため、赤ちゃんが反応しなくなると、お父さんお母さんが赤ちゃんに話しかける頻度も少なくなり、さらにコミュニケーションが減るという悪循環に陥ってしまいます。

言葉を話すのが遅れる

赤ちゃんは、たえず身近な人に強い興味を持って観察し、マネをしながら言葉を学習します。

しかし、テレビの見すぎで受身の姿勢を身に付けると、身近な人に興味を向けなくなり、言葉をマネすることも少なくなるので、言葉を話すのが遅れる傾向があります。

日本小児科学会は、赤ちゃんにテレビを長時間見せることが、言葉の発達に悪影響を及ぼすことを指摘しています。

情緒面の発達が遅れる

テレビを長時間見続けた赤ちゃんは、テレビをあまり見ない赤ちゃんに比べて落ち着きや集中力がなく、怒りっぽくなります。

また、幼児期、児童期になっても、相手の気持ちを察したり、状況を客観的に把握したりするのが苦手で、集団生活に馴染めなくなる傾向が指摘されています。

こうしたリスクは、テレビを見る時間が長ければ長いほど高くなると考えられています。

運動機能の発達が遅れる

赤ちゃんは、月齢を経るにつれて骨や筋肉が発育し、出来ることが増えていきます。

そして、体を目一杯動かして遊ぶことで運動機能を向上させていきます。

テレビに夢中になっていると、体を動かす機会が減ってしまうため、運動機能の発達が遅れる傾向があります。

スポンサーリンク

次のページでは、赤ちゃんはいつからテレビを見るようになるか、赤ちゃんがいる家庭におけるテレビの使い方について紹介しています。

ページ:

1

2
ページ上部へ戻る