menu
閉じる
  1. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  2. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  3. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  4. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  5. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  6. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  7. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  8. 発達障害とは?赤ちゃん・子供の兆候と特徴は?診断時期は?
  9. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  10. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
閉じる

乳児期の子育て

離婚後に子どもと交流すること(面会交流)が赤ちゃんに与える影響は?

面会交流 離婚 赤ちゃん 父親 会えない

赤ちゃんのいるお父さんとお母さんが何らかの事情やいきさつで離婚する場合、どちらか一方が親権者になって赤ちゃんを引き取り、お世話することになります。

お父さんお母さんにとって、離婚を乗り越えて新しい生活を始めることは大変なことですが、赤ちゃんにとっても、親の離婚は世界がひっくり返るくらいの大きなできごとで、成長の過程で様々な影響が出てきます。

そのため、お父さんお母さんは、親の離婚が赤ちゃんに与える影響を少しでも和らげ、傷ついた心をケアしてあげる必要があります。

その方法の一つが、離婚後、赤ちゃんと離れて暮らすことになった親が、定期的に赤ちゃんと交流することです。

離れて暮らす親が子どもと交流することは、「面会交流」という名前でニュースで取り上げられたり、法律の改正によって協議離婚届にも面会交流の取り決めの有無をチェックする欄が設けられたりするなど、社会の中に根付かせようという強い流れがあります。

一方で、「物心ついた子どもならともかく、赤ちゃんのうちは親の顔もろくに分からないのだから、面会交流なんて必要ない。」、「離婚した相手はろくでもない人だったので、赤ちゃんにも忘れさせたい。」と考えて、面会交流を拒否する人はまだまだ少なくありません。

「なぜ離婚した相手と連絡を取り合って赤ちゃんを会わせないといけないのか。」と思う人もいます。

こうした、社会の流れと個人の意見の間の隔たりがある大きな原因の一つは、面会交流が赤ちゃんにどのような影響を与えるかについて、十分に知られていないことです。

そこで、この記事では、面会交流の概要と、面会交流が子ども、特に赤ちゃんに与える影響について紹介します。

スポンサーリンク

面会交流とは

面会交流とは、親が別居もしくは離婚した後、赤ちゃん(子ども)と離れて暮らす親が赤ちゃんと交流することです。

面会交流という字面を見ると、親子が直接会うことをイメージするかもしれません。

しかし、必ずしも会うことだけではなく、赤ちゃんと一緒に暮らす親が離れて暮らす親に赤ちゃんの写真を送る、離れて暮らす親から赤ちゃんにプレゼントをあげる、LINEやSkypeなどで話す(顔を見る)なども面会交流に含まれます。

交流の方法や内容は、各家庭の親同士の関係、親子関係、親の忙しさ、親の面会交流に対する認識、親が再婚したかどうか、赤ちゃんの健康状態、住んでいる地域などによって千差万別です。

面会交流の方法や内容を決める方法

面会交流は、まずは親同士が話し合って方法や内容について決めるのが原則です。

しかし、離婚時に赤ちゃんの真剣やお金の問題で激しく争ったり、DVやモラハラなどが原因で離婚したりというように、親同士で話し合うのが困難な場合も珍しくありません。

そうした場合は、家庭裁判所に面会交流の調停もしくは審判を申し立てることで、第三者を交えて親子の交流について話し合ったり、裁判官に面会の方法や内容を決めてもらったりすることができます。

ただし、家庭裁判所を利用して面会交流について取り決めた場合でも、その後、面会交流を実践するのは親であり赤ちゃんです。

待ち合わせ時間や場所の打ち合わせや赤ちゃんの受け渡しなど、親同士の最低限の協力なしには実現できません。

スポンサーリンク

面会交流が赤ちゃんに与える影響

面会交流が赤ちゃんに与える主な影響は、以下のとおりです。

  • 安心感と自尊心を育む
  • モデルになる
  • 親子の自然な交流を継続できる

赤ちゃんは、お父さんお母さんを特別な存在だと認識している

赤ちゃんは、言葉で自分の気持ちを表現することはできませんが、生まれたての頃から五感が発達しており、周囲の刺激を敏感に感じ取っています。

例えば、個人差はありますが、お母さんの声は胎児の頃から、お母さんのニオイ(母乳の匂い)は生まれたての頃から、お母さんの顔は生後3~6ヶ月頃には認識できるようになります。

また、月齢を経るにつれて、誰がお腹が空いた時におっぱいやミルクをくれ、おしっこやうんちをするとおむつを交換してくれて、寂しい時に抱っこしてくれるのかを認識するようになり、生後6ヶ月頃には人見知りを始めます。

日本では、お母さんが赤ちゃんのお世話を中心になって行っている家庭が多く、赤ちゃんがまず愛着関係を築くのはお母さんであることがほとんどなので、母子関係について例に挙げましたが、お父さんが積極的に育児に関わっていれば、母子関係と同じくらいの父子関係が形成されていきます。

つまり、赤ちゃんは、お父さんお母さんを他の人と違う特別な存在として認識できているのです。

面会交流が赤ちゃんに与える影響:安心感と自尊心を育む

そのため、ある日突然、お父さんもしくはお母さんがいなくなってしまうと、赤ちゃんはとても驚いてしまいます。

特に、それまで中心になって赤ちゃんのお世話をしてきた人がいなくなった時の衝撃は、言葉に言い表せないくらい重いものがあります。

通常、赤ちゃんは、お父さんお母さんにお世話してもらうことで、「自分は守られている。」という安心感や、「大切にされる存在だ。」という自尊心を抱いています。

しかし、お父さんもしくはお母さんがいなくなると、安心感も自尊心も十分に感じられなくなり、代わりに不安や恐怖を抱くようになってしまいます。

赤ちゃんの頃の安心感や自尊心は、親の離婚を乗り越える力になり、成長した時に良好な人間関係を築くための基礎にもなるものなので、それが失われるということは、赤ちゃんのその後の人生全体に大きな影響を及ぼすことになります。

面会交流によって、離れて暮らす親が定期的に赤ちゃんと交流することは、赤ちゃんに「あ、やっぱり自分は守られているんだ。」、「大切にされているんだ。」という安心感や自尊心を育むことに繋がります。

両親が揃っている家庭に比べると十分ではないにしても、「お父さんもお母さんも自分のことを守ってくれる、大切にされている。」という感覚は、赤ちゃんの成長に前向きに働くものです。

面会交流が赤ちゃんに与える影響:モデルになる

通常、赤ちゃんが生まれて初めて出会い、その後長期間にわたって一緒に生活する男性と女性と言えば、お父さんとお母さんです。

赤ちゃんの学習の基本は「真似をすること」で、身近な大人や子どもの見よう見まねで色々な動きやしぐさを覚えていきます。

それと同時に、赤ちゃんは、日々の生活の中におけるお父さんとお母さんの関係や、お父さんの男性らしさ、お母さんの女性らしさもインプットしています。

もちろん、「あ、今のお父さんの態度は男っぽいな!」、「お母さんの気づかいは女性ならではだなあ!」などと意識してはいませんが、お父さんお母さんの良いところも悪いところもしっかり見ており、大きくなった時の男性として女性としての態度や、異性との関わり方に影響することになります。

ところが、親の離婚によってお父さんもしくはお母さんがいない家庭で成長すると、男性のモデルもしくは女性のモデルがいないので、男性らしさや女性らしさ、男女の関係性を学習することができません。

そのため、思春期以降、男性らしさや女性らしさがうまく獲得、発揮できず、異性関係でもうまくいかなくなることがあります。

面会交流を継続することで、お父さんとお母さんそれぞれから男性らしさや女性らしさを学ぶことができますし、面会交流の間だけでも親同士が仲良く協力する態度を示すことができれば、男女の良い関係性も学習することができます。

面会交流が赤ちゃんに与える影響:親子の自然な交流を継続できる

例えば、親の離婚によって離れ離れになった親と10数年ぶりに再会した場合、どのような親子関係が形成されるでしょうか。

互いにあれこれ考え、表面上は良好な関係を築くことができるかもしれません。

しかし、小さな頃から交流があった親子の関係とはどこか違うものになるでしょう。

10数年と言わなくても、親子の交流が断たれた期間が長くなるほど、再開した時に形成される親子関係は以前のそれとは変わってしまっています。

そのため、面会交流は、親が離婚した後すぐ、できることなら別居中から継続しておくことが、元の親子関係を維持するポイントになります。

また、赤ちゃんのうちから面会交流を続けておくことで、赤ちゃんは「うちのお父さん(お母さん)は一緒に住んでいないけど、いつも会いに来てくれる。」という肯定的な印象を抱き、より自然な形で親子の交流を続けることができます。

スポンサーリンク

まとめ

離婚する時は、相手の悪いところばかりが見えてしまい、「あんな父親(母親)に会わせるのは、赤ちゃんの教育上良くない。」と思うかもしれません。

しかし、夫婦関係と親子関係は異なるもので、悪い夫であっても悪いお父さんとか限りません。

また、結婚期間中は親子の関わりが少なかった人でも、面会交流を始めた後は少しずつ赤ちゃんのことを考えた交流ができるようになる場合もあります。

何より、赤ちゃんにとってはかけがえのない親の一人であることに違いないので、前向きに面会交流を考えることが大切です。

ページ上部へ戻る