menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  6. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  7. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  8. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  9. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  10. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
閉じる

乳児期の子育て

児童虐待が赤ちゃん・子供に与える影響は?虐待の相談窓口は?

児童虐待 赤ちゃん 子供 影響

児童虐待という言葉は、毎日のようにテレビやネットのニュースで見聞きするようになりました。

実際、厚生労働省の統計を見ると、児童虐待の相談件数は年々増加していることが分かります。

しかし、「何をすれば虐待になるの」、「赤ちゃんや子供にどんな影響が出るの」、「どこに相談するの」といった疑問を抱えている人は多い物です。

そこで、このページでは、児童虐待の種類、児童虐待が赤ちゃんや子供に与える影響、相談窓口について紹介します。

児童虐待の種類

虐待 赤ちゃん 子供

日本には、児童虐待防止を目的として作られた「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」という法律があります。

児童虐待防止法では、18歳未満の子供を「児童」、親権者や未成年後見人など児童を監護している人を「保護者」と定め、保護者が児童に対して次の行為をすることを児童虐待だと決めています。

  1. 身体への暴行(身体的虐待)
  2. 児童へのわいせつ行為と、わいせつ行為をさせること(性的虐待)
  3. 心身の正常な発達を妨げる減食、長時間の放置(ネグレクト)
  4. 著しい暴言・拒絶的対応、著しい心理的外傷を与える言動を行うこと(心理的虐待)
  5. 保護者以外の同居人による1~4の行為と、その行為を保護者が放置すること

身体的虐待と心理的虐待など、複数の虐待が同時に起こることも珍しくありません。

身体的虐待

身体的虐待とは、赤ちゃんや子供に暴力を加える虐待です。

厚生労働省のホームページには、殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束するなどが例示されています。

虐待を加えられた赤ちゃんや子供は、打撲、骨折、切傷、やけど、出血などのケガをして、最悪の場合、死亡します。

身体的虐待は、赤ちゃんや子供のケガを見ればすぐに分かるので、虐待の中では気づかれやすいものです。

しかし、服やズボンで見えないところだけ暴行を加える親もいて、気づいたときには手遅れになっていたケースも少なくありません。

性的虐待

性的虐待とは、親が子供に対して性的な行為をする、もしくは他人との性的な行為を強要する虐待です。

厚生労働省のホームページには、子供への性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にするなどが例示されています。

性的虐待は、子供が自ら打ち明けるか、家族が気づいて相談する以外にはほとんど発覚しません。

しかし、幼い子供の場合、虐待を受けていると理解できないことがあります。

また、加害親から暴力や脅迫によって口止めされている、罪悪感や恥ずかしさから打ち明けられない、家庭内の醜聞を外に漏らすことをためらうといったケースも珍しくありません。

性的虐待と聞くと、男親から女児に対するものだと思われがちですが、女親から男児に対する性的虐待や、乳児期の赤ちゃんに対する性的虐待も起こっています。

ネグレクト

ネグレクトとは、赤ちゃんや子供に必要な監護をせずに放置する虐待です。

厚生労働省のホームページには、家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなどが例示されています。

心理的虐待

心理的虐待とは、言葉や態度によって子供の心を傷つける虐待です。

厚生労働省のホームページには、言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子供の目の前で家族に対して暴力をふるうなどが例示されています。

身体的虐待とは対照的に、子供を見ただけでは虐待の有無が把握しにくい上、内容が虐待に該当するかどうか曖昧なケースも多く、見過ごされやすい傾向があります。

児童虐待が赤ちゃん・子供に与える影響

虐待 赤ちゃん 子供 影響

児童虐待が赤ちゃん・子供に与える影響は、身体や心、知的能力、行動など多方面に現れます。

  • 身体の発育が遅れる
  • 知的発達が遅れる
  • 情緒的に不安定になる
  • 対人関係がうまく築けなくなる
  • 無力感や劣等感が強くなる
  • 攻撃性が高くなる

身体の発育が遅れる

虐待を受けた子供は、身体の発育が遅れる傾向があります。

原因としては、まず、ネグレクトによって十分な食事がもらえず、発育不良に陥る場合があります。

また、栄養状態に問題がなくても、親の暴力や暴言にさらされ続けることでストレスがたまり、発育が遅れることもあります。

知的発達が遅れる

身体的暴力で脳などが障害を受け、後天的な知的障害になることがあります。

また、親からのかかわり不足や、心理的な圧力をかけられ続けることで脳の発達が阻害され、知的発達が遅れることがあるという指摘があります。

関連ページ

情緒的に不安定になる

子供にとって、親から虐待されるということは、世界がひっくり返るくらいの大きな衝撃です。

虐待を受け続けた子供は、大きくなっても虐待を受けたことを思い出して不安定になる、ちょっとした刺激で感情的になっって暴力的な言動を繰り返すなど、情緒的に不安定になる傾向があります。

また、リストカットや自殺未遂など、自分の身体を傷つけることもあります。

対人関係がうまく築けなくなる

子供の対人関係能力の土台は、幼少時の親子関係の中で育まれます。

子供は、親に全幅の信頼を寄せ、親からの愛情を何よりも求めるものなので、その親から虐待を受けると、人を信用できなくなり、周囲と良好な人間関係を築きにくくなります。

また、虐待を受けた子供は、虐待の衝撃を和らげるために、親以外の大人に対しても挑戦的・反抗的な態度をとる傾向があり、その結果、周囲の大人からも虐げられてしまうことが少なくありません。

強い無力感や劣等感を抱える

子供は、乳幼児期に親から愛情や関心をたくさんもらうことで、「自分は大切にされている。周りの人にも受け入れてもらえるはずだ。」という人や社会に対する基本的な信頼感を育みます。

乳幼児期に虐待を受けてしまうと、人や社会に対する強い不信感が募ってしまう上、無力感や劣等感を抱いてしまい、自分のことを大切だと思えなくなってしまいます。

攻撃性が高くなる

身体的虐待を受けた子供は、大きな無力感や劣等感を抱えることになります。

そうした不快な感情を乗り越えるために、虐待を加えてきた親と自分を同一化して、高い攻撃性を発揮するようになると考えられています。

また、暴力を「問題の解決方法」として学習し、問題が起こったときに暴力で解決しようとする構えを身につけていることもあります。

関連ページ

スポンサーリンク

児童虐待としつけ・指導の違い

虐待 しつけ

「しつけとして子供を叩いた。子供のためだ。」、「何度言い聞かせても繰り返すから、反省するまで食事を抜くことにした。」、「反抗するから怒鳴って指導した。」と悪びれずに発言をする親は少なくありません。

また、明言しなくても、子供のしつけや指導に体罰などが必要だと考えている親は相当数いると考えられています。

実際、身体的虐待、ネグレクト、心理的虐待については、しつけや指導との境界線が引きにくいところがあります。

虐待かしつけ・教育かを判断する基準は、「子供が親の言動によって強い苦痛を感じているかどうか、心身の健全な成長が妨げられているかどうか」です。

いくら親が「子供のため」と主張しても、子供の立場から見て、強い苦痛や健全な成長の阻害が確認できる場合は、虐待です。

スポンサーリンク

虐待の相談窓口

虐待 相談 窓口

子育てに辛さやしんどさを感じている人の相談窓口

子育てに辛さやしんどさを感じて、赤ちゃんや子供に不適切な対応をしてしまいそうになったら、抱え込まずに相談することが大切です。

誰かに相談し、気持ちを吐き出したりアドバイスをもらったりすることで、抱えていた不安やストレスが和らぎ、虐待まで至らずに済みます。

身近に頼れる親族や知人友人がいない場合は、全国子育て・虐待防止ホットラインの利用を検討しましょう。

0570-011-077に電話すれば、専門のスタッフがあなたの悩みに親身に耳を傾け、アドバイスをしたり、住まいの近くの相談機関を紹介したりしてくれます。

子育てについて相談するのはとても勇気のいることですが、虐待して子供や自分の人生を台無しにする前に、ぜひ相談してください。

虐待されている子供を見つけた人の相談窓口

虐待されている子供を見つけた人は、近くの児童相談所に連絡しましょう。

匿名でも受け付けてもらえますし、虐待の現場を見ていなくても、虐待の疑いがあるという内容で連絡することもできます。

虐待は、早期発見と早期対応が肝心なので、虐待を受けている可能性がある子供を見つけたら、迷わず連絡することが大切です。

ページ上部へ戻る