menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの予防接種のスケジュールは?定期接種と任意接種の違いは?
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. カンガルーケアとは?メリットとデメリット、自閉症の原因になる?
  4. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  5. 赤ちゃんの医療費控除とは?対象と計算式は?申請は確定申告で?
  6. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 新生児生理的体重減少とは?原因と計算法は?異常があるときの症状は?
  9. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  10. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
閉じる

乳児期の子育て

赤ちゃん・子供の発達障害はどこに相談する?電話相談できる?

発達障害 相談 赤ちゃん 子供

発達障害は、早いうちに発見し、早いうちから障害の特性に応じた療育を始めることで、その後の社会適応が良くなる傾向があります。

そのため、「赤ちゃんや子供が発達障害かもしれない。」と感じたら、早めに相談することが大切です。

しかし、「発達障害のことは、どこに相談すればいいの?」というお父さんお母さんが少なくありません。

そこで、このページでは、「発達障害かもしれない」と思ったときに相談できる場所について紹介します。

スポンサーリンク

発達障害を相談できる機関

発達障害 赤ちゃん 子供 相談機関

赤ちゃんや子供の発達障害を相談できる主な機関は、次のとおりです。

  • 小児科
  • 保健センター
  • 子育て支援センター
  • 児童相談所
  • 発達障碍者支援センター

地域によって、相談機関の名称や相談できる内容が異なるので、注意してください。

例えば、児童相談所を「子ども相談センター」「こども家庭センター」と呼ぶ地域があります。

それでは、各相談機関について具体的に見ていきましょう。

小児科

赤ちゃんの問題は、まず小児科に相談しましょう。

赤ちゃんが生まれたら、家の近くに、何でも相談できるかかりつけの小児科を見つけておくことが大切です。

そして、赤ちゃんや子供に発達障害の症状が見られた場合は、まずかかりつけの小児科に相談した上で、専門機関を紹介してもらいましょう。

保健センター

保健センターとは、市町村が設置している、母子保健や老人保健の業務を行う機関です。

看護師、保健師、栄養士などが勤務し、市町村の住民への健康相談や保健指導、予防接種や乳児検診といった業務を行っています。

母子手帳の交付、乳児健診、妊娠中の生活や子育ての講習などを実施しているので、赤ちゃんを妊娠すると一度は足を運ぶことになる場所です。

保健センターには、妊娠、出産、子育て、発達など、赤ちゃんや子供に関する相談窓口があります。

発達障害について相談すれば、看護師や保健師などの専門家が親身に話を聞いてくれますし、必要に応じて医療機関や療育機関を紹介してもらえます。

保健センターの相談窓口は込み合っていることが多いので、事前に電話予約しておくと効率的です。

保健センターと保健所の違い

保健センターと似た期間に保健所があります。

保健所は、都道府県や政令指定都市、中核都市などに設定されている、精神保健、感染症対策、難病対策などを行う機関です。

保健所が広域的で専門的な業務を行っているのに対して、保健センターは市町村の住民に密着した業務を行っているのが特徴です。

子育て支援センター

子育て支援センターとは、市町村が設置している、子育て家庭に対する相談や指導、子育てサークルの支援、地域の保育情報の提供などを行う機関です。

子育て全般に関する業務を行っていますが、発達障害の知識や関係機関の情報を豊富に持っていたり、発達検査や知能検査を実施できたりする職員がいることもあります。

ただし、すべての施設に常駐しているわけではないので、事前確認が必要です。

相談するときは、窓口に出向くのが一般的です。

児童相談所

児童相談所とは、0歳から17歳(児童福祉法上の児童)に関する相談、支援、指導、心理判定などを行う機関です。

各都道府県、政令指定都市、中核都市に1つ以上設置されています。

行政の職員だけでなく、医師、児童福祉司、児童心理司など赤ちゃんや子供の専門家が勤務しており、多角的な視点から赤ちゃんや子供の問題に対応できる体制を整えています。

相談方法は電話か窓口です。

発達障害について相談すると、まず児童福祉司が対応し、必要に応じて医師の診察や児童心理司の知能検査・発達検査を受けることになります。

児童相談所の専用番号は189番で、24時間相談を受け付けてもらえます。

関連ページ

発達障害者支援センター

発達障害者支援センターとは、発達障害を抱える子供や大人の社会生活を支援するための機関です。

都道府県や政令指令都市、都道府県知事が指定した社会福祉法人などが運営しています。

医療、保健、教育、福祉、労働といった各関係機関と連携して支援ネットワークを作り、発達障害を抱える人を地域全体で支援する体制を整えています。

窓口でも電話でも相談できますし、相談をきっかけに、発達支援や就労支援など幅広い分野で支援を受けることができます。

ただし、地域によって支援内容の量や質が大きく異なるので、事前に児童相談所や市役所などで情報収集してから相談すると良いでしょう。

民間でも相談にのってくれるけれど

「発達障害 相談」とネット検索すると、上で紹介した機関以外にも、発達障害の相談や支援を行う民間の団体や会社がたくさん出てきます。

しかし、民間の団体や会社の相談や支援の質はピンキリで、利益を第一に考えているところも少なくないのが現状です。

実際、適切な対応や支援を受けられずトラブルになるケースが後を絶ちません。

そのため、まずは公的機関に相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

発達障害を相談するときのポイント

発達障害 相談 ポイント 赤ちゃん

発達障害を相談するときは、次の3点を整理しておくと、効率的に相談できます。

うまく説明できる自信がない場合は、メモしておいても良いでしょう。

  • 赤ちゃんや子供の症状
  • 日常生活で支障が出ていること
  • 赤ちゃんや子供の生活史

発達障害かどうかの見極めには、現在の症状だけでなく、生活史がとても重要です。

そのため、生まれてから相談するまでの様子について、できるだけ詳しく思い出しておきましょう。

生活史で押さえておきたいポイントは、次のとおりです。

  • 発達の遅れの有無
  • 対人関係(人見知りや後追い、まねの有無、親や他の赤ちゃんへの接し方など)
  • 好きだった遊び
  • こだわりの強さ(具体的なエピソード)
  • 言葉を話し始めた時期
ページ上部へ戻る