menu
閉じる
  1. 赤ちゃん・幼児の頃からチェックしたい発達障害の種類と特徴
  2. 赤ちゃんの予防接種の前後でチェックしておきたいこと
  3. 赤ちゃんの鼻水の原因と対応は?黄色や透明だと病院受診?
  4. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  5. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  6. シャフリングベビーとは?特徴は?原因は発達障害?
  7. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  8. 新生児期~乳児期の赤ちゃんがかかりやすい病気と、病気の目印の症状まとめ…
  9. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  10. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
閉じる

乳児期の子育て

発達障害は誤解が多い!遺伝やしつけは関係ない!大人の発達障害もある!

赤ちゃん 発達障害 チェック 誤解

発達障害は誤解が多い

発達障害という言葉は社会に浸透してきましたが、発達障害について正しく理解している人はまだまだ多くはありません。

例えば、発達障害は自然に治るという誤解がある一方で、発達障害がある人は一生発達しないという誤解もあります。

また、発達障害の範囲や程度に関する誤解も多いものです。

このページでは、発達障害に関するよくある誤解を紹介しています。

発達障害に関する誤解

発達障害に関する誤解はたくさんありますが、代表的なものは次のとおりです。

  • 発達障害は親のしつけや子供の性格の問題である
  • 発達障害がある人は一生発達しない
  • 発達障害がある人の自主性を尊重すれば、自力で課題を克服する
  • 発達障害は、成長とともに症状が改善する
  • 軽度発達障害は「軽い」障害
  • 発達障害とは、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)の3つだけ

発達障害は親のしつけや子供の性格の問題である

これは、発達障害がある人やその家族にとってもっとも辛い誤解でしょう。

100%誤解です。

発達障害の原因は、特定されてはいませんが、生まれつき脳の一部の機能に障害があることだと考えられています。

つまり、本人の性格や親のしつけとはまったく関係がありません。

しかし、発達障害は、周りから障害があるかどうかが分かりにくい障害なので、何か問題を起こすと、「親のしつけがなっていない。」、「子供の性格が悪い。」などと、本人や親の問題だという誤解を受けやすいものです。

スポンサーリンク

発達障害がある人は一生発達しない

発達障害は、発達の仕方が周囲の人とは違う、発達の仕方にばらつきがある障害で、発達しないという障害ではありません。

また、周囲の人より苦手なところがある一方で、得意なところもたくさんあり、発達障害があるからといって周囲より遅れているというのも大きな誤解です。

さらに、特性にあった適切な指導教育を受けることにより、成長とともに抱えている課題を克服できます。

症状が重くてなくすことは難しくても、障害の特性と上手く付き合いながら、社会の中に溶け込んで生活していくスキルを身につけていくことは可能です。

発達障害がある人の自主性を尊重すれば、自力で課題を克服する

発達障害があるからといって、自分の課題を自力でまったく克服できないわけではありません。

しかし、自主性を尊重するだけで発達障害の課題が克服できる人はほとんどおらず、家庭内や学校における指導教育を受けても十分に克服できない人もたくさんいます。

発達障害の課題を克服するためには、発達障害を専門に扱う病院や機関を利用し、障害の特性に合った指導教育の方法を、家族、本人、病院などが一丸となって考えて実践することが欠かせません。

発達障害は、成長とともに症状が改善する

例えば、注意欠陥多動性障害(ADHD)がある人の中には、成長とともに多動性の症状が落ち着く人がいます。

しかし、症状の多くは自然と改善することはありませんし、成長するにつれて社会生活への影響も大きくなっていく傾向があります。

最近、いわゆる「大人の発達障害」が注目されています。

大人の発達障害は、大人になってから発達障害になったわけではなく、子供の頃は見過ごされていた発達障害が、社会生活への不適応等をきっかけに発見されたものです。

発達障害の根治法は発見されていませんが、幼少期から適切な療育を継続的に受けることで、発達障害の症状が社会生活に与える影響を最低限に抑えられるようになることがあります。

関連ページ

軽度発達障害は「軽い」障害

知的な遅れがない発達障害(アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)など)をまとめて、軽度発達障害と呼んでいた時期があります。

この「軽度」というのは、「知的障害がない」という意味です。

発達障害がある人は、知的な遅れがなくても、社会生活に支障が出るような障害を抱えていることが少なくないものですが、「軽度」という言葉が単純に「障害の程度が軽い」という意味だと捉えられて、誤解を招く結果となっていました。

そのため、現在では「軽度発達障害」という言葉は、使われなくなっています。

関連ページ

スポンサーリンク

発達障害とは、広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)の3つだけ

広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)は、いずれも多くの人が診断を受けている発達障害ですし、ニュースなどで読み上げられることもあるため、発達障害に詳しくなくても名前くらい知っているという人が相当数います。

しかし、発達障害は、広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)のみだけでなく、アスペルガー症候群や、レット症候群、特定不能の広汎性発達障害なども含む広い概念です。

関連ページ

ページ上部へ戻る