menu
閉じる
  1. 赤ちゃんの夜泣きはいつから(何ヶ月)いつまで?原因・理由と対処法は?
  2. 赤ちゃんが風邪!咳、鼻水、発熱、下痢症状への対応と病院受診の目安
  3. 赤ちゃんの後追いはいつから?酷いのはいつまで?後追いしないと自閉症?
  4. 赤ちゃんが頭や首を振るのはなぜ?激しい、上下、病気が原因の首振りとは?…
  5. ロタウィルス胃腸炎とは?症状、潜伏期間、治療法は?予防接種の効果は?
  6. 赤ちゃんのしもやけの原因は?手足やほっぺの症状と対処は?何科を受診する…
  7. ロタウィルスの予防接種の接種期間(時期)と料金は?赤ちゃんへの副反応は…
  8. 新生児黄疸の原因と数値は?症状はいつまで?治療法は?
  9. 意外と知らない予防接種ワクチンの副反応(副作用)、種類、接種方法
  10. 赤ちゃんの原始反射とは?種類と消失時期一覧は?新生児期にも見られる?
閉じる

乳児期の子育て

学習障害(LD)とは?乳児期の赤ちゃんに特徴的な兆候は?

赤ちゃん 乳児期 学習障害 兆候

学習障害(LD)とは

学習障害とは、全般的な知的発達に遅れはないものの、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論する能力のうち、特定のものの習得と使用が著しく困難な発達障害です。

注意欠陥多動性障害(ADHD)や高機能自閉症を伴う場合もあります。

関連ページ

主な学習障害

発達性ディスレクシア

発達性ディスレクシアとは、学習障害(LD)の一つです。

知的発達の遅れや視聴覚の障害がなく、十分な教育を受けているし、本人も努力しているにも関わらず、知的能力の発達に見合うだけの「読み」の能力の習得が困難な状態のことです。

関連ページ

ディスグラフィア

学習障害のうち、文字を「書く」ことに困難があるものをディスグラフィアといいます。

鏡字を書く、文字を書き写せない、作文が書けない、句読点が理解できないなどの症状があります。

ディスカリキュア

学習障害のうち、簡単な計算の暗算ができない、繰り上がりや繰り下がり、少数や分数が理解できない、数字や記号を理解できないといった症状がみられます。

学習障害(LD)の概念

学習障害には、LD(learning Disorders)と、LD(learning Disabilities)という2つの考え方があります。

LD(learning disorder)は、読み書きや算数の特異的な発達障害を指し、主に医学的な立場で使用されます。

LD(learning disabilities)は、聞く、話す、推論するなど学習におけるより広い能力の障害を含むものとして、主に教育的な立場で使用されます。

また、最近は、学習のアプローチが健常児とは異なるという観点から、LD(learning differences)という呼び方をする人も増えてきました。

学習障害がある人の数

学習障害(LD)がある人は100人に2人から3人くらいで、そのうちの多くは発達性ディスレクシア(知的発達に見合った読みの能力の習得が困難な学習障害)だと言われています。

発症率は、女性よりも男性の方が高くなっています。

学習障害(LD)の原因

中枢神経に何らかの機能障害があると考えられていますが、特定はされていません。

通常、学習上の特異的な困難さは学齢期に現れてくる場合が多いですが、学齢期を過ぎてから明らかになることもあります。

なお、視聴覚障害、知的障害、情緒障害といった障害、家庭、学校、地域社会といった環境的な要因が直接の原因になるものは、学習障害には当てはまりません。

学習障害(LD)の特徴的な症状

話す

  • 言葉に詰まることが多い
  • 筋道を立てて話せない
  • 正しい音を発音できない
  • 話の抑揚やトーンが不自然
  • 話の速度が不適切に早いもしくは遅い
  • 単語を羅列して話す

読む

  • 文字を一つ一つ拾って読む
  • 単語もしくは短く区切って読む
  • 指で押さえながら読む
  • 文字間や単語間が狭いと読み誤りが増え、行を取り違えることもある
  • 読めない文字を読み飛ばす
  • 音読みしかできない、あるいは訓読みしかできない
  • 活字を滑らかに読むことが難しく、速度も遅い

書く

  • 拗音「ょ」促音「っ」といった特殊音節を書き間違えたり抜かしたりする
  • 同じ音(「は」と「わ」、「へ」と「え」)を書き間違う
  • 形が似ている文字(「め」と「ぬ」、「あ」と「お」)を書き間違う
  • 文字の大きさがバラバラ、まっすぐ文章を書けない
  • 正しい書き順で書けない
  • 句読点を抜かす、正しく打てない
  • 日記や作文など長文を書けない

計算

  • 簡単な計算を暗算できない
  • 計算に時間がかかる
  • 繰り上がり、繰り下がり、分数、少数の意味が理解できない
  • 年齢相応の文章問題が理解できない
  • 複雑な問題を解くことができない

推論

  • 年齢相応の図形を描けない
  • 年齢相応の量の比較、量を表す単位が理解できない
  • 因果関係を理解するのが難しい
  • 計画や計画の変更が難しい
  • 考え方が飛躍しがちで、早とちりが多い

学習障害(LD)の診断

学習障害(LD)の診断には、大きく3つの段階があります。

1 知的機能の評価

知能検査によって知的機能を評価します。

使用される知能検査は、ウェクスラー式知能検査(WISC、WAIS)が一般的ですが、認知機能の偏りを調べるために、その他の検査も実施されることがあります。

2 学習到達度の確認

標準学力検査を実施し、学習到達度が本人の学年より2年以上かい離しているかどうかを調べます。

3 具体的な問題の確認

聞く、話す、読む、書く、計算する、推論する能力のうち、どこに問題があるかを調べます。

加えて、病院や専門機関において、これまでの生活史や既往歴、中枢神経系の資質的な疾患の有無、視聴覚の機能を確認することになります。

スポンサーリンク

乳児期の赤ちゃんに見られる学習障害(LD)の兆候

発達障害の特徴的な症状は、認知、言語、学習などの発達領域の問題として現れてくることが多く、領域の発達が未熟な乳児期にはなかなか見られないものです。

特に学習障害(LD)は、学校に入って本格的に学習を始めてから症状が顕著に見られるものなので、乳児期に学習障害かどうか判断することは困難です。

学習障害(LD)と診断された人の多くが乳児期にとっていた行動は、次のとおりです。

  • ひとり遊びしていて手がかからない
  • お座り、ハイハイ、二足歩行など運動面の発達が遅れる
  • 感覚過敏があり、抱っこされたり触られたりするのを嫌がる
  • かんしゃくを起こす
  • 興味をもつ対象が限定されている
  • まねをして言葉を話そうとしない
  • 視線を合わせない

ただし、これらの行動は、健全な発達の過程で一時的に見られることもありますし、発達障害以外の病気や障害が原因のこともあります。

まずは、小児科に相談しましょう。

スポンサーリンク

学習障害(LD)の赤ちゃんや子供への対応

現在のところ、学習障害(LD)を根本的に治療する方法は見つかっていません。

学習障害(LD)への対応は、教育場面における個別指導などを軸に、必要に応じて医学的な治療、行動療法や心理療法を組み合わせます。

義務教育では、特別支援学級に在籍して苦手な教科だけ個別指導を受けさせ、他の強化は普通学級で受けさせる対応をとる学校が増えています。

ページ上部へ戻る